FC2ブログ

鉄たまの外道なお話部屋   

地上滑走

三沢基地航空祭のオープニングフライトは悪天候のために地上滑走となってしまいました・・・。
朝方の濃霧が原因ですが、予定時刻には雲ひとつないバリ晴れになっていただけに残念・・・。

DSC_6997_00001.jpg

特にこの新鋭機であるF-35は春先の墜落事故もあり、オープニングフライトのみだったので残念・・・。
暫定部隊だったころの「雷神」のマークも302飛行隊である証の「オジロワシ」もありませんでした。
国の識別マークもロービジになったんで目立たないですね。

DSC_7011_00001.jpg

韓国からのお客様A-10 サンダーボルトⅡ イボイノシシとかブタと呼ばれて愛されていますね。
こちらも好きな機体でありながら飛行シーンはまだ撮った事が・・・。
濃霧がうらめしい・・・。

DSC_7031_00001.jpg

さらにさらに、EA-18G グラウラー
コイツも飛行写真は・・・泣きたくなってきた・・・。

DSC_7034_00001.jpg

滑走途中で羽根をたたんでくれるサービスも。
来年こそは撮ってみたいですが。
まあ、「日本も買えよ!」ってウリウリされているので、近い将来は空自機も誕生しそうですが。

DSC_7022_00001.jpg

そして三沢所属のWWのF-16。

千歳のF-15の起動飛行もキャンセルになってしまい、これが見られれば「イーグル」「ファルコン」「オスプレイ」を見て「はやぶさ」で帰宅なんて猛禽類シリーズ三昧だったのですけどね。

DSC_7251_00001.jpg

DSC_7262_00001.jpg

おまけに模擬スクランブル発進前に撮影したF-2。
上のは航空祭の為のスペシャルマーキング機です。派手すね。


その他の展示機もE-2D初公開もあり、豊富な機体数でした。
同行者は現役のYS-11見て(*´Д`)ハァハァしてました(笑)

スポンサーサイト



テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2019/09/22(日) 23:49:12|
  2. 航空自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇跡の瞬間

今年も三沢基地航空祭へ。
昨年は直前に北海道で大地震の上、当日は台風直撃だったので前日にキャンセル・・・。
今年はおときゅうの「東日本・北海道パス」で参戦しました。
八戸まで往復でも元は取れるキップですが、JR北海道線内も乗り放題なんでもったいないんで函館まで。
ラッキーピエロでハンバーガー食べて谷地頭温泉入って青函連絡船のチョロQ買って数時間の滞在で八戸に戻りました(笑)

航空祭当日は「晴れ」の予報でしたが、朝起きてみると濃霧・・・。
オープニングフライトの時間には青空となりましたが、準備ができずキャンセルに・・・。
さらに千歳からのF-15もミッションキャンセル・・・。とほほな幕開けになりました。

写欲も減退し、F-16のデモフライトはカメラ構えずにガッツリと目視する事に。
ただ、一枚も撮らないのも・・・と思っていたら超低空飛行でやってきたのでカメラを構えた時に奇跡は起こりました!

DSC_7185_00001_01.jpg

鮮やかなベイパーコーンが発生!しかもトリプル!!
もちろん会場からは大歓声でした。
今年からパイロットはプリモ大尉になり、他の航空祭でもそのクレイジーな飛びが話題になっていましたが、まさかこれほどとは。
ベイパーコーンは空母の脇を通過とか海岸線の低空飛行とか湿度の多い所で発生し、YOUTUBEなどで海外の映像は見た事ありますが、まさかリアルにしかも偶然シャッター押した時に見られるとは思いませんでした。
数時間前までの超濃霧で湿度が高かったのが幸いしたと思われます。

https://twitter.com/midnigft/status/1170669289881272320
勝手にリンク貼っちゃいますが、この方の撮影された動画の最後にトリプルベイパーコーンが。
大迫力です。音量最大で楽しんでみて下さい。

こういうの見るとまた来年も三沢へ行きたくなるなぁ・・・。



テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2019/09/13(金) 19:57:43|
  2. 航空機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

短いトンネル

7月に入ってからは仕事が忙しくてカメラを持つヒマがなく、6月の写真です。
百里のF-4もスペシャルマーキングが登場しており、行きたい気持ちはあるのですが・・・。

DSC_6934_00001.jpg

不動沢トンネル。只見線では短いトンネルですね。
一度は行ってみたかったのですが、他の方の写真を見るとあまり光線がよくない場所でもあり猫またぎでした。
スマホで知人に場所をクレクレ。便利な時代になりました。

結果、列車とお堂のどちらに露出合わせていいか迷ってしまい、中途半端な仕上がりに・・・。
晩秋とか早春とか木々に葉っぱがない頃の方がいいのかも知れません。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/25(日) 20:32:26|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初夏の只見線

6月下旬、クワガタ採集に合わせて只見線へ行ってきました。
7月以降は仕事が忙しくなって、しばらくは平日も土日もない感じになる事はわかっていたので。

DSC_6883_00001.jpg

この場所も何年ぶりくらいだろう・・・。
かつての様に一日中列車を追いかける訳ではなく、クワガタ採集を行う夜までの時間つぶしって感じでAM中心の撮影がここ数年は続いてます。

ちなみに只見線沿線は只見町や南魚沼市がライトトラップによる採集が禁止になっており、金山町も時間の問題ではないかな?とは思ってます。
そのため現在は山形県の某所まで行っており、AMに撮影済ませてPMは現地にって感じです。
只見町は自動販売機や街灯下にいるクワガタも捕まえると条例違反になるそうなのでご注意下さい。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/12(月) 21:04:37|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンライズ出雲の旅

出雲遠征の最後は「サンライズ出雲」乗車。

DSC_6614_00001.jpg

いつかは乗りたいと思っているうちに登場して早や20年・・・。
連日、大盛況の様ですが、たとえ満席でも赤字運行になってしまう事や、JR東海の線路を走る事などを考えると、この車両が老朽化した時には後継車両はおそらく出ないであろうかと・・・。
あと十数年後には定期夜行列車が消滅してしまうんでしょうね・・・。残念です。

DSC_6607_00001.jpg

直前には381系のそろい踏み。こちらもあと数年の命ってところでしょうか?
JR東海からは長野五輪でほとんどの車両がすでに引退している車両だし、よくここまで長生きしてくれたものだと。
好きな車両で、HOで5両編成を自作して大学の時に学園祭で快走させたのもいい思い出です。

DSC_6623_00001.jpg

いよいよ入線。心が躍ります。ここから12時間の長い様な短い様な旅の始まりです。
前述の381系といいこの285系といいJR西日本の特急はキレイですね。
古い車両も大事に使われているのを感じました。

DSC_0034.jpg

DSC_0030.jpg

車内も20年が経過したとは思えないほどとてもキレイでした。
個室なんでプライバシーが保てる面はいいのですが、昔のコンパートメントで知らない方と出会い、就寝まで色々と話しながら・・・ってのも。無いものねだり(笑)

DSC_6627_00001.jpg

LEDでなく字幕サボってのが唯一この電車の登場した年代を思わせてくれました。

かつて北斗星のソロに乗った時はケータイのiモードと買い込んだ雑誌くらいしか時間をつぶすモノがなく、ちょっとウンザリしましたが、今はタブレットでタイガースの試合中継を視聴。
試合が終わる頃には岡山へ到着し、サンライズ瀬戸との連結ショックを確認して爆睡。


DSC_0040.jpg

目覚めると、なんと列車は1時間遅れ・・・。
途中、沿線火災と先行の貨物列車が動物接触の影響とかで・・・。
まあ、個室だし小田原からしばらくは湘南貨物線を走り通勤客の乗ったローカルを次々と抜いて行くのを楽しんでいました。

遅延したせいなのか横浜停車時は反対側ホームからスマホで撮る人多数。見慣れない列車だったのですかね?
途中も通学中の小学生が唖然とした顔で立ち止まって見ていたり、幼稚園児が指さして必死にお母さんに教えている姿とか多数で楽しかったです。

DSC_0042.jpg

品川-東京では上りの「のぞみ」に抜かれる始末。
やっぱ新幹線は早い。

小田原発車時には放送で「通勤時間帯に入るので、東京到着はさらに遅延する見込みです」と言ってましたが、さほどの遅れもなく70分遅延で到着。
こちらとしては抑止食らってた時は爆睡してたんで、逆に70分多く楽しめました。

もう定期夜行寝台列車に乗車する機会はない思うのですが、最後にいい思い出となりました。









  1. 2019/08/03(土) 22:09:51|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

縁結びの神様

一畑電車に乗り「出雲大社」へ。

DSC_6509_00001.jpg

まずは入り口へ。
この鳥居から先は神様の住む場所なんで、ここでまず一礼なんですが、最近は年配の方でもルール知らない方多数なんですね・・・。
ガキの頃にどこのオッサンともわからない人に殴られながら教わったもんですが・・・(笑)
今じゃ警察沙汰になっちゃいますが、殴る方も愛情があったし、殴られる方もどこか喜んでる部分もあったし・・・昭和の時代が懐かしいです。

DSC_6518_00001.jpg

陛下がご即位されたばかりなんで境内もいつもと違う空気が漂ってました。

DSC_6514_00001.jpg

DSC_6516_00001.jpg

巨大なしめ縄を眺めつつ、2つほど大事なお願いを。
まずは愚息がめでたく嫁をもらう事になったので、二人の幸せを。
もう一つは自分の人生において新しい門出となる出来事があり、成功をお祈り。
「縁結びの神様」ですんで、愚息・自分ともにこれから色々な出来事や人々とのご縁があります様にと。
愚息には夫婦箸、自分はお守りを購入。

DSC_6521_00001.jpg

もう40年近く前になりますが、国鉄大社線に乗り訪問した時に比べると、かなり綺麗になった気がします。
記憶をたどって入った出雲そばの女将さんとしばしそんな話で談笑。
大社線の大社駅って一畑の駅よりももっと遠方にあったんですね。そんな記憶も無くなってました・・・。

DSC_6431_00001.jpg

京王元5000系である2100系も「縁結び電車」に改装されて参拝客を運んでいました。
車内は椅子のモケットがピンクになった程度でロングシートのまま・・・。ちとビミョーでした。



テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/21(日) 18:08:48|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

期待の新車

一畑電車では超久々となった新車導入。

DSC_6462_00001.jpg

JR西日本へ発注し、プロトタイプはJR四国の7000系と何やら複雑な車両です。

DSC_6483_00001.jpg

ネットでググると写真の元東急1000系で旧型車入替を行いたかったらしいですが、18m車体で1067mmの車両って今はほとんどなく、全国の中小私鉄から引き合いが多くて数編成導入後に断念したとか・・・。
元京王5000系は1375mmだったけど、同時期に営団3000系の大量廃車が発生したので運よく台車をいただいたという経緯もあります。

DSC_6381_00001.jpg

この7000系が好きな方には申し訳ないけれど、自分は全然好きになれず・・・。
出雲市で2100系と並んでいましたが、お互いパノラミックウインドウ、前面貫通扉と共通するデザインなものの・・・。う~ん・・・。

DSC_6493_00001.jpg

ともあれ中古車両を買って、故障と戦いながら大事に・・・ってよりも、新車を導入して運用した方がトータルコストはどうなのか?ってのが判明してしまった車両でもあります。
今後は他の中小私鉄も追随するのでしょうか?ちょっと不安・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/13(土) 17:50:44|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元京王5000 2扉改造車

151412.jpg

朝ラッシュ時に1本だけ走る「特急スーパーライナー」。
運よく2100系と5000系の元京王5000の4連でした。
でも、後ろの5000系は途中駅から客扱いをするみたいで、電鉄出雲市発車時はドア扱いをしていなかったみたいです。

151306.jpg

2100系の車内。
全て宍道湖側を向いた配列でした。もちろん写真左側に着席。
お隣はスーツ姿のサラリーマンで、こんな電車で通勤できるのをうらやましくも思いつつ・・・。

DSC_6552_00001.jpg

京王旧5000系のファンなら誰しもが夢見た2扉車が現実のものとなったのは驚きでした。
このスタイルで特急「高尾」「陣馬」や当初計画されていた相模原線の相模湖までが開通していたら、鼻からケチャップドバドバでしたね(笑)
やっと現代になって新5000系でクロスシートが実現されたのは何ともです・・・。でも4扉・・・。

このオレンジ帯のヤツはクーラーが6個のタイプですね。
元京王色から一畑色に塗り替えられた3扉オリジナルのが8個、5000系に魔改造されてしまったのが4個とコンプリートされているのもうれしいです。

8112聖桜5000
京王時代の写真を再掲載します。

個人的には「これでもか!」ってクーラーの並んだタイプが京王らしくていいですけど。

しかしこの電車、どんな色に塗り替えられても男前ですね。
全ての電車の長い歴史の中でも名車中の名車だと思います。
デザインのベースはおそらく国鉄153系低窓車。
それを私鉄なんでもっとおしゃれな顔に整形し、くすんだ色の電車ばかりだった時代に鮮やかなアイボリー、そして見た目にはちょっと細いかな?と思う赤帯が見事にハマったのだと思います。

いつまでも現役で走ってもらいたいな。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/07(日) 15:49:04|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元京王5000系 魔改造車

一畑電車には元京王5000系を投入時に、原形・原形を2扉車改造の他にクロスシート車に改造した5000系も投入されました。

DSC_6457_00001.jpg

あの名車京王5000系をここまでブサイクに改造してしまうとは・・・。悲しいです。
まるで「スペースコブラ」の主人公みたい。
この写真の車両は車内の再改造を受けた車両です。

180604.jpg

180636.jpg

観光客たちは乗車すると歓声を上げて大好評でしたが、いざ乗ってみると通路側の壁が邪魔をして反対側の景色は全く見えない・・・。
窓の配置も合っていないので、すいているのならば座る席を選んだ方がいいです。

DSC_6470_00001.jpg

北松江線は路線のほぼ半分近くの区間で宍道湖沿いを走る訳ですが、反対側に座ってしまうとその風光明媚な景色も・・・。
しかも出雲市から右側に乗ってくると途中から宍道湖がちらほら見え始め、これからという時に一畑口でスイッチバック。
愕然としてる人も。

DSC_6549_00001.jpg

こちらの車両はこの様に再改造されていますから、まだまだ現役で頑張ってくれそうですが、もう一方の5000系は初期のまま。
雲州平田の車庫で見かけましたが、退色しているし車内のクロスシートも古ぼけていたので長くはないのかな?と。
何せもう半世紀走っている車両ですからね。頑張ってほしいです。


話変わって今年最初のクワガタ採集へ行ってきました。

092457.jpg

見事にミヤマクワガタばかり・・・。オオクワガタはまたもボーズ・・・。





テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/30(日) 18:27:24|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

元京王5000系追っかけ旅へ

yoshida.jpg
です(笑)

京王旧5000系のファンとしては一度は行ってみたかった土地ですが、中々きっかけもなく・・・。
ただ今回、色々と行こうという事由が発生しまして。

出雲縁結び空港に到着後、すぐに観光案内所で「縁結びパーフェクトチケット」を購入。
3日間有効で一畑電車・一畑バス・松江市営バス・空港連絡バス等が乗り放題というすばらしい切符です。
滞在は2日間でしたが、十分に元が取れました!

空港連絡バスに乗り、電鉄出雲市へ着いたのが10時。
すでに朝のラッシュが終わり、新型7000系のゴールデンタイムとなっていました・・・。
仕方ないので松江しんじ湖温泉までロケハンかねて乗り鉄。
折り返しに乗って川跡まで来たら、大社線に元京王5000系の2100系が走ってました。
あわてて乗り換え。

DSC_6401_00001.jpg

有名撮影地でついに元5000系撮影!感激です。
しかも2扉に改造されていてカッコいい!
京王時代はこの分散型クーラー搭載車が人気だったのだけど、譲渡された私鉄でコイツがいるのはココだけではないかと。

この場所もどこなんだかわからなかったんで、乗りながらロケハン。
したらば高浜駅を出てすぐの所だったんですね・・・。
次の遥堪駅で下車して延々と20分くらい歩いてたどり着きました。

DSC_6413_00001.jpg

免許持ってない頃やレンタカー借りる金のない学生時代はこういう鉄が当たり前だった訳で、原点回帰。
ただ、寄る年波には勝てず、キツかったです。
2日間で10km以上は歩いたと思います。いい思い出となりました。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/24(月) 21:43:10|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター