FC2ブログ

鉄たまの外道なお話部屋   

輝く湖上

奥大井湖上駅のあるレインボーブリッジにて

200101奥大井湖上

冬のド逆光、水鏡っていう条件なんでこちらもドアンダーで。
前回、訪問した時はこの撮影場所の道は通行可で、井川線とほぼ同じレベルの所まで下りた場所に駐車場があったのですが、車両通行止になっていました・・・。
台風によって林道が崩壊?鉄が悪さ??
ちょっと車を停めづらくなっていました。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/18(土) 19:30:18|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大俯瞰

井川線ではかねてから行きたかった大俯瞰場所へ。

200101長島ダム俯瞰

長島ダムの完成により旧線が湖底に沈み、代わりにできたアプト区間がほぼ全区間俯瞰できる素晴らしい場所です。
ただ、当日はバリ晴れ。
井川線は晴れると終日にわたり光線がよくない場所が多いのですが、ココもそうでした・・・。
ならばアンダーで撮ってしまえ!と逆光をものともせず撮ってみました。
静かな山合いなので、列車がアプトいちしろ駅に入線する所から長島ダム駅までの間の踏切の警報機・EL連結・車掌の発車合図・そしてアプト区間を上がるELのブロアーなど全ての音がハッキリ聞こえたのも感動しました。

また行ってみたい?と聞かれると、足のすくむ場所だし、写真中央の樹木もあと数年でかなり邪魔になるしで・・・。
でも紅葉の季節とかに再訪はしてみたい気もします。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/10(金) 22:56:08|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

200101千頭

新年の一発目は蒸気機関車の写真で。
鉄とは縁遠くなってしまい、年に数回行けばいい方になってしまいましたが、長年世話になってきた趣味ですし、蒸機は最も愛すべき機関車なので、撮れる限りはこの習慣を続けたいと・・・。
昨日、大井川まで行ってきましたが、日章旗を掲げて颯爽と登場してくれたものの、客車は全車あいにくのトーマス仕様のウ〇コ色・・・。
しかも退色が進み、見事なウ〇コ色だし・・・。
写真には写ってませんが貴重なノーシルノーヘッダーの客車までこの色にしてしまったんですね。
でも鉄は金落とさないし、経営危機の会社が生き残る為にやってる事ですから文句は言えません。

200101接阻峡温泉

井川線も一番列車は日章旗付きでした。
実はこの列車を撮影した後に気が付いたのですが、なんと前輪タイヤのサイドウォールが傷ついており、パンク・・・。
元日でこんな山中で・・・。
どうやら昨年の台風で、幹線道路以外は落石だらけで、どこかで尖った石を踏んずけた模様です。
自動車保険会社経由でJAFに救助要請。
パンク修理材と空気入れは持っており、応急措置をしたところ、漏れが少なくなったので、途中で空気を入れつつなんとか千頭駅前まで生還。
こちらから静岡市内の「自動後退」まで約80kmレッカーにてドナドナの刑に処されました・・・。
5年目のスタッドレスで、今年の暮れには買い替えを予定していたタイヤだったのでまあ納得。
レッカー代は保険で全額出ましたし。

200101富士山

正月早々にこんな目に合い、今年はどうなる事やら・・・とナーバスになっていた帰り路。
なんと由比付近で見事な赤富士が慰めてくれました。
霊峰に合掌して、今年もいい年になる様に願をかけておきました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/02(木) 18:20:31|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いつもと違うアングル

百里基地航空祭のUPがこの時期になってしまいました・・・。
新しい職場の仕事に追われて、帰ってくると爆睡・・・の連日で・・・。まあ仕事自体は面白いんで何とかガマンできてますが。

最後のファントムのお披露目の前に行われたブルーインパルスの飛行です。
あいにくの曇り空で、第4区分との事・・・。
まあ、水平飛行だけの第5区分よりは何か少しはやってくれるだろうと、うっすらと期待。

DSC_9994_00001.jpg

低く垂れこめた雲が残念ではあるものの、いつもより高度がかなり低い。
こりゃ違ったアングルで撮れるなと色々とひねってみました。
水鏡狙ったんですがズームの短の方がこれで精一杯・・・。

DSC_9841_00001.jpg

低いんでガッツリ樹木も入れて撮れます。

DSC_9947_00001.jpg

DSC_9978_00001.jpg

今まで撮った事のない角度でブルーが撮れたのはいいですが、やはりバリ晴れの下で撮りたいですね・・・。


テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/28(土) 19:58:31|
  2. 航空自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらばRF-4

百里基地航空祭の最後はRF-4による偵察飛行。
世界的に見てもRF-4はF-4以上に超絶滅危惧種。
それ故に外国人のヲタもここ数年ちらほら見かけ始め、ラストとなる今回は結構な人数を見かけました。

DSC_0373_00001.jpg

開発国のアメリカもぶったまるほどの日本のテクノロジーを駆使した魔改造により今日まで生き延びてきたRF-4もいよいよラストです。
同時に我が国から有人による「偵察飛行隊」は消滅してしまう事になります。
衛星からの情報の進化やドローン等の無人偵察機の登場により、必要のない時代になってしまいました・・・。

DSC_0378_00001.jpg

コミックの「空母いぶき」でも最初に偵察に向かったRF-4が無抵抗のまま人民解放軍に撃墜されてしまいますし、もうそういう時代ではないのでしょう。
クソ映画とミリヲタからは悪評高い実写版はどういう展開なんでしょう?相手はナゾの国らしいし・・・。
レンタル開始されましたが、自分はこのまま観る事なく原作を大事にしたいと思います。

DSC_0391_00001.jpg

爺さん最後の機動飛行を精一杯頑張ってくれました。
着陸してパラシュートが出た時は何とも言えない気持ちに・・・。
ここのところ連発する地震で、最後の最後まで任務は忙しそうですが、事故なく無事にその時を迎えてほしいです。

それにしても今日は北が重大発表だとか。ICBM開発?
憲法改正等をはじめ一刻も早く体制を整える時だと思うのですが、国会じゃ毎日名簿があるだのないだの・・・。
確かにけしからん話ではあるものの、国会以外で徹底的に討議していただく方法はないものか・・・。



テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/08(日) 21:18:53|
  2. 航空自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファントム 最後の晴れ舞台

ものすごく久々にエントリーです。
ラグビーW杯ロスで何もする気がしなくなっていた所へ義父の具合が悪くなり・・・。
そうこうしているうちに今度はウチの親父が大ケガで入院・・・。
さらに昨日は一人息子の結婚式と色々なモノが重なり、カメラを持つ時間がありませんでした。
ラグビー協会からの写真のボラ依頼は引き続きあったので、そちらでカメラの虫干しだけはしときましたが・・・。

で、本日は百里基地航空祭。
いよいよF-4ならびにRF-4の「ファントム」が最後の航空祭となりました。
おそらく来年2月あたりまでには全機退役し、日本の自衛隊からはファントムはいなくなります。
って言うか世界的に見てもほぼ終焉の時を迎えてはおります。

車にマウンテンバイク積んで行き、山川門だの北門だの色々と移動しながら撮りました。

DSC_0143_00001.jpg

301飛行隊。
ここ百里からスタートした部隊なので、「筑波山のシロクのガマ」と「無事帰る」をモチーフにマフラーを巻いたカエルのマークです。
スペシャルマーキング機は大きなマフラーが描かれており、最後の舞台で誇らしげにひるがえしていました。

DSC_0259_00001.jpg

退役迫る機体ゆえに、ここ数年は無理をさせない飛行という感じでしたが、今日は最後の晴れ舞台だけに気合の飛行でした。

DSC_0293_00001.jpg

あと数か月で本当にファントム(まぼろし)になってしまうんですね・・・。
子供の頃から当たり前に飛んでいた戦闘機だけに、引退と言われてもピンと来ないものもあります。

子供が嫁をもらい、親としての義務も終わり?となった自分にとって、無事に役目を終えて引退していくファントムの姿には
自分自身を照らし合わせる感じで、感慨深いものがありました。

日本の平和を守ってくれてありがとう F-4ファントム。
さようなら。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/01(日) 19:01:18|
  2. 航空自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵 走る!

9月5日 いよいよ日本戦観戦の日がやってきました。
この日をどれだけ待ちわびた事か。
桜のジャージは自分の世代の経験者は「届かなかった夢」として選ばれた人間だけが着るものってタブーなユニだったのですが、今はそういう時代でもないし、発売日に購入して着用。
まあ、レプリカユニが発売されたのもここ十数年の話なんで、昔は欲しくても無かったのもありますが。

DSC_8015_00001.jpg

豊田スタジアムってラグビー・サッカーを観戦するには日本一のスタジアムだと思います。
スタンドの傾斜が急なんで、どこで観ても距離が近いし前の人の頭が邪魔にならないし。
日本戦のチケットをどれを購入するか悩む事なく豊田にしました。味スタ・日産・エコパは陸上競技場だし、観づらいのはレイソル戦で散々経験してきたので。
あとはロシアは確実に勝つし、アイルランド・スコットランドには残念な結果になる可能性があり、サモアなら拮抗した試合を観れるかな?というのもありました。
オールブラックスにもこのスタジアムでプレーしてもらいたかったですが、台風で中止は実に残念です。

DSC_7955_00001.jpg

DSC_7996_00001.jpg

DSC_8001_00001.jpg

試合前の練習見てるだけで観客のボルテージは最高潮!
自分もガンガン気持ち入ってきました。

DSC_8009_00001.jpg

練習を終えて戻る際にいつもの肩に手をあてての行進。
もうここら辺から興奮しすぎてあまり記憶が・・・(笑)

DSC_8026_00001.jpg

両国国家斉唱。
君が代を大声で歌ったのは小学生以来かと思います。それだけ気持ち入っちゃってました。
泣く気は無いのに自然と涙が流れるものですね。選手と同じ気持ちになれているのも幸せでした。
試合前にサモア国家の歌詞も配られたので、スタンドの皆様もこちらも歌ってました。まさにラグビーならではかと。

DSC_8062_00001.jpg

DSC_8055_00001.jpg

サモアのウォークライ「シヴァタウ」
片方のチームだけ高揚させてアンフェアなんてのも毎回話題になりますが、コレはコレで楽しみにしている人が多数だし、これだけ完全なホームゲームとなると、むしろ「上等だコノヤロー!」って気持ちになれました。

DSC_8078_00001.jpg

いよいよキックオフ。
戦いの始まりです。

泥の風と汗の煙
走るあなたが見える
その姿に希望を託し
僕らは思わず叫んでいた

日本代表応援ソングであるB'zの「兵、走る」の歌詞ですが、まさにその通り!
ここから80分は叫び続けてました。

DSC_8083_00001.jpg

DSC_8109_00001.jpg

もはやカメラ構える余裕もないんで、試合中はほとんどシャッター切る時間が・・・。

DSC_8115_00001.jpg

パワー自慢のサモアのFWを粉砕してのトライ!
シビれました!!

DSC_8142_00001.jpg

ボーナスポイントとなる4つ目のトライを後半ロスタイムに決めた瞬間に田中と堀江の両ベテランが抱擁。
タッチに出してノーサイドにせず、スクラムを選択してくれたサモアにも感謝!

試合終了と同時にスタジアムに大音量で流れた「兵、走る」に鳥肌立ちっぱなし!
名曲ですね。世界水泳の「ultra soui」みたいに今後のW杯でも使ってほしいですが。

DSC_8194_00001.jpg

DSC_8205_00001.jpg

最後は日本代表とサモア代表が一緒に場内一周。
「ノーサイド」の精神は素晴らしいと思います。
この時は「馬と鹿」が会場に流れてました。今回は世界陸上と重なったために放映権を取りに行かなかったと噂されるTBSですが、事前に放映されたドラマ「ノーサイド・ゲーム」が盛り上がりに一役買ってくれたのは間違いないです。

さて、明日はいよいよ決戦のスコットランド戦。
相手は色々と難癖つけてきていますが、まあ試合を盛り上げるための演出と思ってます。
ジョセフHCやリーチ主将も応戦しているし、明日が待ちきれません。
必ずやスコットランドを撃破してくれると信じています。






  1. 2019/10/12(土) 17:10:10|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感動の地へ

いよいよラグビーワールドカップが開催されました。
経験者としてマイナースポーツと言われ続けつも、生きていてよかった瞬間がやってきました。

とりあえずJリーグで陸上競技場で観るのがいかにつまらないかは実感していたので、専用球技場のみをチョイス。
釜石・熊谷(2試合)・豊田をゲットしました。
釜石は陸上競技場であってもどうしても行かねばならない地でありましたが。

DSC_0158.jpg

駅前到着。
釜石製鉄所見るだけで涙・涙です。
ラグビーを始めた頃に新日鉄釜石のV7が始まり、一発で釜石のファンに。
V7の決勝戦のほとんどは国立競技場でフライ(大漁)旗を掲げた日焼けした漁師のオッサン達にまぎれて応援していました。

DSC_0164(2).jpg

公式グッズでなく、なるべく地元グッズを購入する事に。
「そばっちラガーボール」。
「そばっち」というわんこそばをモチーフにした地元ゆるキャラですが、そいつがヘッドキャップかぶってます(笑)
ほぼ実物大のボールの大きさでモフモフ感たまらん商品です。
あとは「RUGBY 釜石」のグッズをそこそこ購入。土産の海産物と合わせると結構お金落としました。
諭吉さんが二人ほど家出しました(笑)

DSC_7873_00001.jpg

釜石鵜住居ラグビー場へ到着。
表から見ると仮設スタンドなんで見世物小屋みたいです。
中には「まだ震災を売り物にして・・・負の遺産でこれからどうすんだ」みたいな心無い意見もありましたが、W杯開催後はこの仮設スタンドを取り払い身の丈に合ったスタジアムになります。
仮設スタンドのベンチも旧国立競技場の払い下げとかを再利用しているし、十分に理解できるスタジアムだと思うのですが・・・。

この場所には震災前には小学校と中学校があったんですよね。
津波にのまれてしまった悲しい場所・・・「あなたも逃げて」の碑は涙無しには・・・。
本当に感慨深いです。

DSC_7880_00001.jpg

DSC_7883_00001.jpg

中に入るとほとんどが仮設と思わせない立派なスタジアム。
地元の方々の心意気が伝わってきます。

実は入場券を8枚ほどゲット。
ところが最初行くって言っていたヤツらが仕事の関係で・・・になり途方に暮れていたところ、仙台在住の雪レ仲間の「ベガブラム」さんが快く引き取っていただきました。
「ベガ」さん、自分が叶わなかった花園に出場しているラガーです。
久々の再開で懐かしかったですが、お互いほぼ鉄からは引退してしまった事に苦笑い・・・。

DSC_7894_00001.jpg

試合前にはブルーインパルスがフェニックス隊形で航過飛行。
会場からは歓声と拍手喝采でしたが、まあとにかく高い遠い・・・・。
航空祭と違って理解者ばかりでないんで、いつもの高度で飛ぶとサヨったヤツらが「威嚇飛行」だの「恐怖を感じた」だの言いだすから仕方ないのかも知れません。

DSC_7907_00001.jpg

秋篠宮親王ご夫妻観戦の下、開会セレモニーが始まりました。

DSC_7911_00001.jpg

DSC_7914_00001.jpg

DSC_7916_00001.jpg

フィジーのウォークライ「シビ」が始まり、会場は熱狂のるつぼと化していよいよキックオフ。

DSC_7926_00001.jpg

あの釜石でワールドカップ開催が現実のものになるとは・・・。
地元の方々もこの日を待ちわびた事でしょう。

試合後、スタジアムを後にしてシャトルバス乗り場へ向かう人々の中に一際高い外人が!
よく見たらスコット・ファーディじゃん!
震災時、釜石シーウェイブスに在籍し、本国からの帰国要請を断り、チームメイトの為に復旧作業に汗水を流しただけでなく
自分が釜石の為に何かをしなければと練習に励み、なんと2015年のイングランド大会でオーストラリア代表に選出されて
釜石の人々の希望の星になったレジェンドです!
地元のボランティアもファーディをみかけると、みんなにこやかに手を振っていたのが印象的でした。
何からかにまで感動だらけだった釜石、本当に行ってよかったです。

ワールドカップ終了後に開催した12会場を本拠地としたプロリーグの構想がありますが、実現された時には再び釜石を訪れたいと思います。
「そばっち」グッズもっと買いたいし(笑)


  1. 2019/10/02(水) 18:57:23|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地上滑走

三沢基地航空祭のオープニングフライトは悪天候のために地上滑走となってしまいました・・・。
朝方の濃霧が原因ですが、予定時刻には雲ひとつないバリ晴れになっていただけに残念・・・。

DSC_6997_00001.jpg

特にこの新鋭機であるF-35は春先の墜落事故もあり、オープニングフライトのみだったので残念・・・。
暫定部隊だったころの「雷神」のマークも302飛行隊である証の「オジロワシ」もありませんでした。
国の識別マークもロービジになったんで目立たないですね。

DSC_7011_00001.jpg

韓国からのお客様A-10 サンダーボルトⅡ イボイノシシとかブタと呼ばれて愛されていますね。
こちらも好きな機体でありながら飛行シーンはまだ撮った事が・・・。
濃霧がうらめしい・・・。

DSC_7031_00001.jpg

さらにさらに、EA-18G グラウラー
コイツも飛行写真は・・・泣きたくなってきた・・・。

DSC_7034_00001.jpg

滑走途中で羽根をたたんでくれるサービスも。
来年こそは撮ってみたいですが。
まあ、「日本も買えよ!」ってウリウリされているので、近い将来は空自機も誕生しそうですが。

DSC_7022_00001.jpg

そして三沢所属のWWのF-16。

千歳のF-15の起動飛行もキャンセルになってしまい、これが見られれば「イーグル」「ファルコン」「オスプレイ」を見て「はやぶさ」で帰宅なんて猛禽類シリーズ三昧だったのですけどね。

DSC_7251_00001.jpg

DSC_7262_00001.jpg

おまけに模擬スクランブル発進前に撮影したF-2。
上のは航空祭の為のスペシャルマーキング機です。派手すね。


その他の展示機もE-2D初公開もあり、豊富な機体数でした。
同行者は現役のYS-11見て(*´Д`)ハァハァしてました(笑)

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2019/09/22(日) 23:49:12|
  2. 航空自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奇跡の瞬間

今年も三沢基地航空祭へ。
昨年は直前に北海道で大地震の上、当日は台風直撃だったので前日にキャンセル・・・。
今年はおときゅうの「東日本・北海道パス」で参戦しました。
八戸まで往復でも元は取れるキップですが、JR北海道線内も乗り放題なんでもったいないんで函館まで。
ラッキーピエロでハンバーガー食べて谷地頭温泉入って青函連絡船のチョロQ買って数時間の滞在で八戸に戻りました(笑)

航空祭当日は「晴れ」の予報でしたが、朝起きてみると濃霧・・・。
オープニングフライトの時間には青空となりましたが、準備ができずキャンセルに・・・。
さらに千歳からのF-15もミッションキャンセル・・・。とほほな幕開けになりました。

写欲も減退し、F-16のデモフライトはカメラ構えずにガッツリと目視する事に。
ただ、一枚も撮らないのも・・・と思っていたら超低空飛行でやってきたのでカメラを構えた時に奇跡は起こりました!

DSC_7185_00001_01.jpg

鮮やかなベイパーコーンが発生!しかもトリプル!!
もちろん会場からは大歓声でした。
今年からパイロットはプリモ大尉になり、他の航空祭でもそのクレイジーな飛びが話題になっていましたが、まさかこれほどとは。
ベイパーコーンは空母の脇を通過とか海岸線の低空飛行とか湿度の多い所で発生し、YOUTUBEなどで海外の映像は見た事ありますが、まさかリアルにしかも偶然シャッター押した時に見られるとは思いませんでした。
数時間前までの超濃霧で湿度が高かったのが幸いしたと思われます。

https://twitter.com/midnigft/status/1170669289881272320
勝手にリンク貼っちゃいますが、この方の撮影された動画の最後にトリプルベイパーコーンが。
大迫力です。音量最大で楽しんでみて下さい。

こういうの見るとまた来年も三沢へ行きたくなるなぁ・・・。



テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2019/09/13(金) 19:57:43|
  2. 航空機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター