FC2ブログ

鉄たまの外道なお話部屋   

兵 走る!

9月5日 いよいよ日本戦観戦の日がやってきました。
この日をどれだけ待ちわびた事か。
桜のジャージは自分の世代の経験者は「届かなかった夢」として選ばれた人間だけが着るものってタブーなユニだったのですが、今はそういう時代でもないし、発売日に購入して着用。
まあ、レプリカユニが発売されたのもここ十数年の話なんで、昔は欲しくても無かったのもありますが。

DSC_8015_00001.jpg

豊田スタジアムってラグビー・サッカーを観戦するには日本一のスタジアムだと思います。
スタンドの傾斜が急なんで、どこで観ても距離が近いし前の人の頭が邪魔にならないし。
日本戦のチケットをどれを購入するか悩む事なく豊田にしました。味スタ・日産・エコパは陸上競技場だし、観づらいのはレイソル戦で散々経験してきたので。
あとはロシアは確実に勝つし、アイルランド・スコットランドには残念な結果になる可能性があり、サモアなら拮抗した試合を観れるかな?というのもありました。
オールブラックスにもこのスタジアムでプレーしてもらいたかったですが、台風で中止は実に残念です。

DSC_7955_00001.jpg

DSC_7996_00001.jpg

DSC_8001_00001.jpg

試合前の練習見てるだけで観客のボルテージは最高潮!
自分もガンガン気持ち入ってきました。

DSC_8009_00001.jpg

練習を終えて戻る際にいつもの肩に手をあてての行進。
もうここら辺から興奮しすぎてあまり記憶が・・・(笑)

DSC_8026_00001.jpg

両国国家斉唱。
君が代を大声で歌ったのは小学生以来かと思います。それだけ気持ち入っちゃってました。
泣く気は無いのに自然と涙が流れるものですね。選手と同じ気持ちになれているのも幸せでした。
試合前にサモア国家の歌詞も配られたので、スタンドの皆様もこちらも歌ってました。まさにラグビーならではかと。

DSC_8062_00001.jpg

DSC_8055_00001.jpg

サモアのウォークライ「シヴァタウ」
片方のチームだけ高揚させてアンフェアなんてのも毎回話題になりますが、コレはコレで楽しみにしている人が多数だし、これだけ完全なホームゲームとなると、むしろ「上等だコノヤロー!」って気持ちになれました。

DSC_8078_00001.jpg

いよいよキックオフ。
戦いの始まりです。

泥の風と汗の煙
走るあなたが見える
その姿に希望を託し
僕らは思わず叫んでいた

日本代表応援ソングであるB'zの「兵、走る」の歌詞ですが、まさにその通り!
ここから80分は叫び続けてました。

DSC_8083_00001.jpg

DSC_8109_00001.jpg

もはやカメラ構える余裕もないんで、試合中はほとんどシャッター切る時間が・・・。

DSC_8115_00001.jpg

パワー自慢のサモアのFWを粉砕してのトライ!
シビれました!!

DSC_8142_00001.jpg

ボーナスポイントとなる4つ目のトライを後半ロスタイムに決めた瞬間に田中と堀江の両ベテランが抱擁。
タッチに出してノーサイドにせず、スクラムを選択してくれたサモアにも感謝!

試合終了と同時にスタジアムに大音量で流れた「兵、走る」に鳥肌立ちっぱなし!
名曲ですね。世界水泳の「ultra soui」みたいに今後のW杯でも使ってほしいですが。

DSC_8194_00001.jpg

DSC_8205_1909.jpg


最後は日本代表とサモア代表が一緒に場内一周。
「ノーサイド」の精神は素晴らしいと思います。
この時は「馬と鹿」が会場に流れてました。今回は世界陸上と重なったために放映権を取りに行かなかったと噂されるTBSですが、事前に放映されたドラマ「ノーサイド・ゲーム」が盛り上がりに一役買ってくれたのは間違いないです。

さて、明日はいよいよ決戦のスコットランド戦。
相手は色々と難癖つけてきていますが、まあ試合を盛り上げるための演出と思ってます。
ジョセフHCやリーチ主将も応戦しているし、明日が待ちきれません。
必ずやスコットランドを撃破してくれると信じています。






スポンサーサイト



  1. 2019/10/12(土) 17:10:10|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感動の地へ

いよいよラグビーワールドカップが開催されました。
経験者としてマイナースポーツと言われ続けつも、生きていてよかった瞬間がやってきました。

とりあえずJリーグで陸上競技場で観るのがいかにつまらないかは実感していたので、専用球技場のみをチョイス。
釜石・熊谷(2試合)・豊田をゲットしました。
釜石は陸上競技場であってもどうしても行かねばならない地でありましたが。

DSC_0158.jpg

駅前到着。
釜石製鉄所見るだけで涙・涙です。
ラグビーを始めた頃に新日鉄釜石のV7が始まり、一発で釜石のファンに。
V7の決勝戦のほとんどは国立競技場でフライ(大漁)旗を掲げた日焼けした漁師のオッサン達にまぎれて応援していました。

DSC_0164(2).jpg

公式グッズでなく、なるべく地元グッズを購入する事に。
「そばっちラガーボール」。
「そばっち」というわんこそばをモチーフにした地元ゆるキャラですが、そいつがヘッドキャップかぶってます(笑)
ほぼ実物大のボールの大きさでモフモフ感たまらん商品です。
あとは「RUGBY 釜石」のグッズをそこそこ購入。土産の海産物と合わせると結構お金落としました。
諭吉さんが二人ほど家出しました(笑)

DSC_7873_00001.jpg

釜石鵜住居ラグビー場へ到着。
表から見ると仮設スタンドなんで見世物小屋みたいです。
中には「まだ震災を売り物にして・・・負の遺産でこれからどうすんだ」みたいな心無い意見もありましたが、W杯開催後はこの仮設スタンドを取り払い身の丈に合ったスタジアムになります。
仮設スタンドのベンチも旧国立競技場の払い下げとかを再利用しているし、十分に理解できるスタジアムだと思うのですが・・・。

この場所には震災前には小学校と中学校があったんですよね。
津波にのまれてしまった悲しい場所・・・「あなたも逃げて」の碑は涙無しには・・・。
本当に感慨深いです。

DSC_7880_00001.jpg

DSC_7883_00001.jpg

中に入るとほとんどが仮設と思わせない立派なスタジアム。
地元の方々の心意気が伝わってきます。

実は入場券を8枚ほどゲット。
ところが最初行くって言っていたヤツらが仕事の関係で・・・になり途方に暮れていたところ、仙台在住の雪レ仲間の「ベガブラム」さんが快く引き取っていただきました。
「ベガ」さん、自分が叶わなかった花園に出場しているラガーです。
久々の再開で懐かしかったですが、お互いほぼ鉄からは引退してしまった事に苦笑い・・・。

DSC_7894_00001.jpg

試合前にはブルーインパルスがフェニックス隊形で航過飛行。
会場からは歓声と拍手喝采でしたが、まあとにかく高い遠い・・・・。
航空祭と違って理解者ばかりでないんで、いつもの高度で飛ぶとサヨったヤツらが「威嚇飛行」だの「恐怖を感じた」だの言いだすから仕方ないのかも知れません。

DSC_7907_00001.jpg

秋篠宮親王ご夫妻観戦の下、開会セレモニーが始まりました。

DSC_7911_00001.jpg

DSC_7914_00001.jpg

DSC_7916_00001.jpg

フィジーのウォークライ「シビ」が始まり、会場は熱狂のるつぼと化していよいよキックオフ。

DSC_7926_00001.jpg

あの釜石でワールドカップ開催が現実のものになるとは・・・。
地元の方々もこの日を待ちわびた事でしょう。

試合後、スタジアムを後にしてシャトルバス乗り場へ向かう人々の中に一際高い外人が!
よく見たらスコット・ファーディじゃん!
震災時、釜石シーウェイブスに在籍し、本国からの帰国要請を断り、チームメイトの為に復旧作業に汗水を流しただけでなく
自分が釜石の為に何かをしなければと練習に励み、なんと2015年のイングランド大会でオーストラリア代表に選出されて
釜石の人々の希望の星になったレジェンドです!
地元のボランティアもファーディをみかけると、みんなにこやかに手を振っていたのが印象的でした。
何からかにまで感動だらけだった釜石、本当に行ってよかったです。

ワールドカップ終了後に開催した12会場を本拠地としたプロリーグの構想がありますが、実現された時には再び釜石を訪れたいと思います。
「そばっち」グッズもっと買いたいし(笑)


  1. 2019/10/02(水) 18:57:23|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TOP LEAGUE 2017-2018

ラグビートップリーグ 2017-2018シーズンも無事終了しました。
来年のW杯に向けて変則日程で試合が組まれた影響で、レッドカンファレンスで6勝もあげたNTTドコモがなんと入れ替え戦に回り、あげくの果て降格・・・と後味悪い結果も残しましたが・・・。
まあ、ルールはルールなんで仕方ない部分はありますが、降格となるとクラブもファンも納得できてないでしょうね。

さて、今回も千葉での2試合に写真撮影のお手伝いでお邪魔させていただきました。
10月15日に柏の葉で行われたNEC vs クボタ  
我孫子と船橋のチーム同士の千葉ダービーです。

DSC_3152-1.jpg

DSC_3104-1.jpg

日本代表のSH茂野とSO田村という司令塔がチームを離れ、大幅な戦力ダウン?となったNECですが、28-27と競り勝って維持を見せました。
自分がお気に入りの滝沢選手も大活躍でした。スタンドにはアフロのヅラかぶった滝沢軍団もいつもの様に声援を送っていました。

12月24日にフクダ電子アリーナで行われたクリスマス決戦もクボタ vs NTTコムの千葉ダービー。
NTTコムは市川二俣から浦安に建設される新練習場へ移りますが、千葉県内の移動。

DSC_5303-1.jpg

日本代表の立川と南アフリカ代表のヤンチースとのマッチアップも見ごたえ十分でした。

DSC_5380-1.jpg

日本代表入りを狙うブリッツもいつも通り大ハッスル。
このレベルの選手が代表に入れないのだから、南アフリカという国はやはりラグビージャイアント。
そんな相手に前回のW杯ではジャイアントキリングをかましたんですから、来年は自国開催でもありますし、期待は高まるばかりです。

DSC_5388-1.jpg

日本代表FWの要、レレイマフィそして金もソツのない試合運び。

いよいよ明日からW杯の会員先行抽選販売開始。
来年のチケットを今から・・・ってのも、事情が変わって当たっても行けなかったりしそうでコワイですが、とりあえず数試合申し込んでみます。

あ、あとラグビーをよく知らない人や、サッカーファンの妬みで「国の代表選手に外国人がいてインチキ」なんてよく言われますが、あのNZオールブラックスだって外国人はいますよ。
W杯出場チームで外国人がいないチームなんて一つも存在していません。そういう平等なルールです。
しかも日本代表の選手はほとんど全員が日本国籍取得していますし、全員で「君が代」唄います。唄えます(笑)
「僕は日本人だ・・・」なんて嘘くさく強調しまくる人なんかと違って、大事な仲間たちだと思います。

さて、来週はいよいよスーパーラグビーのサンウルブズの開幕戦です。
今年のメンバーは日本代表で固められており、どれだけ勝利を上げられるのか楽しみです。
ちょいと秩父宮まで応援に行ってきます。


  1. 2018/02/18(日) 21:51:26|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズン閉幕

ラグビーのトップリーグの最終戦を観戦に秩父宮へ行ってきました。
クボタvsNTTコムの地元千葉同士の戦いとパナソニックvs東芝戦です。
順位も決定し、消化試合となってしまった為、モチベーションを保つのが難しいのか、各チームとも凡ミスの連発でしたが・・・。
でも、観客の多さにビックリ!このままラグビー人気が続いてほしいものです。
これで来週からの日本選手権で今シーズンは全て終了ですね。

今シーズンも協会のお手伝いでカメラマンをやらせていただきました。
試合前のイベントから記者会見まで全てを撮らねばならず、一日仕事なんですが、大好きなラグビーだし、何より自分も経験者なんで恩返し。
昨年、一度引退させていただきましたが、色々な事情で復活となりました。
とりあえず何枚か掲載許可をもらったんで。


161015-2.jpg

161015-1.jpg

柏の葉で行われたNECvsサントリー戦。
日本代表選手が複数名選出チーム同士の戦いでしたが、全勝で優勝を飾ったサントリーが一枚も二枚も上手でした。
ただし、後半は田村選手の個人技が光ったNECが追い上げを見せましたが・・・。



161217-2.jpg

161217-1.jpg

そしてフクアリで行われたクボタvsコカ・コーラ戦。
どちらも代表選手はいるものの、チームの成績が芳しくない同士の戦いでした。
オフシーズンに色々と修正してほしいですね。
その前にコカ・コーラは残留の為の入れ替え戦に挑まなければなりませんが・・・。


161105-1.jpg

最後に自分のイチ推し選手のアナマキ・レレイマフィ選手です。
アルゼンチン戦でも闘志あふれるプレーを見せてくれましたが、昨日はテーピングだらけの痛々しい姿でした。
オフのない状態で年間通して戦う訳ですから、選手たちも体をメンテナンスする時間がないのが気がかりではあります。

やっぱ格闘技は面白いです。
観るだけでなく、自分でやればもっと面白いですが。
そういえば、4日の東京ドームのオカダカズチカvsケニー・オメガ戦はものすごい試合でしたね。
プロレス観戦歴40年を超える自分の中でもベストバウトではないか?と思えるほどでした。
最近、プロレスを観なくなった会社の同僚たちもこの試合を観て再び熱いモノがこみあげてきたそうです。
今年はプロレス観戦も増えそうな予感です(笑)



  1. 2017/01/15(日) 18:45:37|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

筑波サーキットへ

筑波サーキットで行われるイベントの招待券を貰ったので、たまにはモータースポーツ。

DSC_5018.jpg

DSC_5055.jpg

ドリフトのレースはヘアピンにて。
超ハの字(笑)

DSC_5463.jpg

FDに32RにAE86。
リアルな「頭文字D」の世界。
サーキットだとハチロクは辛そうでしたね。

DSC_5339.jpg

一番感激したのはケンメリGT-Rが現役でサーキット走っていた事。
オーナーも維持管理が大変そうです。
ライバルのセリカLBやらハコスカGT-Rやらも勢ぞろいで、自分が一番クルマが好きだった時代を思い出しました。
もちろん免許なんかまだ取れない歳でしたから、1/24プラモ揃えて満足してました。

DSC_5350.jpg

ピッカピカのL20エンジン。これはZのエンジンです。

DSC_5741.jpg

フェラーリ軍団も爆音轟かせていました。

そして一番のメインイベントは小林可夢偉選手がスーパーフォーミュラーを駆り、コースレコードにアタック!

DSC_5657.jpg

DSC_5658.jpg

DSC_5630.jpg

DSC_5560.jpg

見事コースレコードを塗り替えました!

で、一番自分が萌え~となったのは・・・。

DSC_5100_2016122422120182e.jpg

このモデルのお姉さんだったっりして・・・(笑)
係の人に「車ばかり撮ってないで、ウチのコも」って言われて撮りましたが、さすがはプロ。
ちゃんとこちらにカメラ目線向けてくれました。どもです。

普段、音速超えの超爆音のファイターを見慣れているので、スピードも音量も今イチな感じでしたが、
モータースポーツも機会があればまた。

筑波は近くていいや。



  1. 2016/12/24(土) 22:19:28|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感動をありがとう!

ラグビー日本代表がやってくれました!
W杯3勝も見事ですが、何と言っても「ラグビー・ジャイアント」の南アフリカに快勝!
「奇跡」「ジャイアント・キリング」という事が全く起こらないと言われる競技での快挙!
真夜中に一人で泣くわ叫ぶわしてました・・・(汗)

20151018212059191.jpg

ラグビー経験者・関係者・ファン・・・それぞれの積年の悔しさを一気に晴らしてくれる1か月でした。

選手たちもあっと言う間にヒーローになりましたね。
結構、楽勝で確保できていたチケットも入手困難になるんだろうなぁ・・・・。

HCのエディーさんには感謝!感謝!です。
レイソルのネルシーニョ監督もそうだったけど、スポーツは正しい指導者がいてナンボですね。

20151018212100b17.jpg

日本の活躍によって4年後は「ティア1」のみが優遇を受ける日程の見直しがあるといいけど。

そして日本代表で自分がMVPをあげるとしたら「トンプソン・ルーク」選手。
日本人に帰化してくれただけでなく「日本のプライドがある」と言いきり、3度の大会で頑張ってくれました。

201510182121019cd.jpg

彼の献身的なプレーなしでは今回の快挙は語れないでしょう。
凱旋帰国後に代表引退をほのめかしていましたが、4年後は母国日本での開催。まだまだ頑張ってもらいたいです。

偶然ですが、お手伝いでやっていたゲームの撮影も正式なカメラマン氏が見つかったので、今年からはお役御免。
ゴール裏で写真撮っていると試合そのものを楽しんで観る事ができなかったので、スタンドでゆっくりと観戦する事にします。

五郎丸のいるヤマハの試合以外は満員になる様な事はないと思うのですが・・・・。

感動をありがとう! 日本代表!!
今までのテストマッチというと、若手やサブ中心とかナメた顔ぶれだった強豪国も、今後はフルメンバーで臨んでくれると思います。




  1. 2015/10/18(日) 21:42:26|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青森のうまいもん

今回の青森旅行では美味いものをたらふく食ってきました。

DSC_7837.jpg

新青森駅ではミニねぶたがお迎え。


八戸の夜。

DSC_7822.jpg

海産物=北海道なんてイメージが強いですが、魚の好きな自分はこの八戸や富山あたりの方が魅力的です。
マグロ大トロ、サバ、ノドグロ、ヒラメ等々、新鮮な刺身が山盛りでした。
八戸はサバが有名ですが、実はヒラメやカレイの宝庫。
市場で驚くくらい安い値段で、珍しい種類のカレイも沢山並んでます。
「サメガレイ」なんて買って帰りたかったのですが、荷物になるので断念・・・。
宅急便なんかで金かけて送ったら、こっちで買った方が楽だし(笑)
仲間の一人は巨大な発砲スチロールをかついで根性で新幹線に乗ってました。
自宅が東京駅から至近距離で、奥様のお迎えの車もありとの事なんで、うらやましい限り。

DSC_7821.jpg

「生ほや」
鮮度が第一の食べ物なんで、関東で出てくるのは自分は臭くてダメです・・・。
本場青森や三陸でもお店選ばないと苦味や臭みが・・・。
新鮮な口の中いっぱいに広がる海藻の香りがなんともいえないです。

これらは地酒の「M」でいただきました。
青森の酒は「D」「H」なんかが超有名ですが、自分的には平凡なお酒に感じます。
この夜も「D」を飲んでみましたが、「M」の方が繊細な味でした。
もちろん個人的な意見です。嗜好品ですから感じる味は人それぞれです。



DSC_7829.jpg

「A5十和田和牛」
驚くほどの安い値段で食べられるというので、事前に予約。
店のご主人がちゃんと現物の肉と証明書を持ってきてくれました。

DSC_7827.jpg

ご主人が目の前で下してくれた本ワサビでステーキを堪能しました。
こちらは赤ワインをフルボトルで1本もらって。

お勘定の時間になり、とんでもない値段?とビクビクしましたが、とんでもなく安い値段でした(笑)
千葉や東京にこのお店があれば通っちゃうのに。


DSC_7831.jpg

翌日は三沢で「バラ焼き」。
バラ焼きは十和田がB級グルメで全国で有名にしましたが、本来はこのお店が元祖です。
前日の昼にフツーの食堂でフツーのバラ焼きを食べてみて比較しましたが、やはりこちらの方が格段にウマい!
オマケで付くキャベツのキムチがまたなんとも。

てな訳で仲間で食い倒れてきました。
だんだん歳取って量的に食べられなくなるし、成人病は悪化するし、ヘタすりゃ入れ歯で味もロクにわからなくなるしなんで、今のうちに美味いもんを「合言葉」に仲間で年一回楽しみにしていた旅行も今年は終了。
来年はどこへ行こうかな?全員が健康で再び顔を合わせられますように(笑)



  1. 2015/07/26(日) 23:07:25|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

遠い世界

エディー・ジャパンになってから破竹の連勝のラグビー日本代表。
昨日はマオリ・オールブラックスを迎えて挑んだものの・・・・惨殺されました・・・。
マオリ族出身者のみでチームを組んでいる為、テストマッチ認定にはならず何とかそちらの連勝記録は続く形にはなってますが・・・。
来年9月に開催されるW杯ではベスト8を狙っていますが、まだまだ越えなければならない壁は高そうです。

さて、今年もまたお手伝いでトップリーグの撮影を行いました。
NECグリーンロケッツの地元である柏の葉に強敵パナソニック・ワイルドナイツを迎えての一戦だったのですが、不調の続くNECはなすすべもなく敗戦となりました。

DSC_6519.jpg

DSC_6575.jpg

日本代表の山田選手の大活躍が見られました。

DSC_6420.jpg

NECも強豪相手に頑張りは見せたのですが、この試合の敗戦によりBグループで残留をかけた戦いに挑む事になりました。
かつての名門チームだけに何とか踏みとどまってもらいたいものです。
でも、昨日のマオリ戦で開始早々に田村がぶっ壊されて・・・。
かなり悪意のあるプレーにも見えたのですが、これが世界のラグビーなんでしょう。
軽傷である事を祈るばかりです。
  1. 2014/11/02(日) 22:02:23|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スクラム釜石

数年ほど前からラグビー協会のお手伝いをしており、「HP用に写真使うよ!」って条件でグラウンド内で写真撮らせてもらってます。
大砲にフラッグ機を持ったプロの方々の中で情けないカメラとレンズでビブスつけて撮るのは劣等感感じまくりですが、プロの試合や選手をグラウンドレベルで観れるって感激が上回り。
今まではトップリーグの試合だけでしたが、今回は下部カテゴリーの「トップイースト」。
なんと「釜石シーウェイブス」の試合だというので、こちらからお願いする形で(笑)

実は自分は「新日鉄釜石」の大ファンでした。特に松尾・洞口の大ファン!

201210271853444cb.jpg

V5の時はこんな記念本まで出て迷わず購入!今も自分のお宝です!
そんなチームもV8を逃し、森・松尾などの主力が次々と引退、会社の業績も悪化して下部へ降格し、いつしか世の中から忘れさられる存在に・・・・。
2001年に市民球団「釜石シーウェイブス」となった後もこれと言った成績を上げられない状況が続きましたが、数年前からトップリーグ昇格の夢を持っていい様なチームになってきていました。
そんなこれからと言う時に釜石を襲った大地震と大津波・・・。

2012102719023750d.jpg
会場で売ってました。1000円なり

今シーズンからは「スクラム釜石」の名の下に被災地の復興支援活動が始まりました。
その象徴となっていくのが「シーウェイブス」であり、この日は新ユニフォームで初の試合という事もあり、とにかく試合が観たくて千葉県八千代市にあるIBMのグラウンドへと向かいました。

20121027190747d12.jpg

なんと関東でのアウェーというのに多くの釜石サポでスタンドが埋めつくされてました。
伝統の「フライ(福来)旗 (大漁旗の事です。三陸ではこう呼ぶそうです。)」も健在でした!
かつては毎年1月15日の国立競技場のバックスタンドで、地元から大挙やってきた日焼けした顔にねじりハチマキ、ドカジャン姿の漁師さん達に沢山振られていたものです。

DSC_6637_20121027193508.jpg

DSC_6727.jpg

「北の鉄人」と言われた時代を思い起こさせる赤のジャージに白パンツ。やっぱ釜石はこの色が似合うなあ。

201210271914336a9.jpg

試合は途中までは大接戦でしたが、見事釜石がIBMを振り切って勝利!
トップリーグに国立に早く帰ってきてほしいです。

頑張れ釜石シーウェイブス!



テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/27(土) 19:21:13|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の航海へ・・・

お台場の「船の科学館」に展示されていた青函連絡船「羊蹄丸」が四国で解体の為、曳航される事になりました。
色々な掲示板では大騒ぎ。皆様どこで撮影するか情報交換が活発になってました。
「房総からは逆光になる」との意見が多かったですが、冬期に何回か撮影に行った事があるのですが、昼間は極端な逆光ではなかった記憶があった事、運がよければ富士山が見える事もありどうするか悩んでいました。

「蝦夷富士」と呼ばれる「羊蹄山」から名前をもらった船ですから、何とか富士山との2ショットが撮れないものかと・・・・。

前日夜遅くまで悩んだのですが、「前日までまとまった量の降雨」「当日は気温が低い」「風が強い」と富士山が出る条件はそこそこ揃っていたので一か八かギャンブルに出ました。
まあ、逆光でも富士山が見えなくても渡道の際に散々世話になった連絡船の最期を見送るだけでも・・・と思い。

20120330224245cdf.jpg

到着時の10時にはバリ晴れなものの富士山はまったく見えず・・・。
しかし、羊蹄丸がアクアラインを通過したあたりから急速にその姿をハッキリと見せてくれる様になりました!
ですが逆に海面の日差しが無くなり、東京方面から真っ黒な雲が近づいてきて小雨までパラつきはじめる始末。

微妙な光線状態ながらかろうじて富士山バックが撮影できました。

またひとつ昭和の想い出が消えて行ってしまうのは寂しい限りです。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/30(金) 22:48:14|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター