鉄たまの外道なお話部屋   

湿原を走る

天気の悪い日は「鉄」、よい日は「タンチョウ」と決めていったので、天気の悪い初日は花咲線へ。
厚岸-糸魚沢ならば釧路からさほどの距離でもないので、吹雪かれてもなんとか帰れるかな?と。

20170218220858f5b.jpg

今にもドッサリと降りだしそうな鉛色の重い空の下、ゆっくりとやってきました。

201702182208599b0.jpg

逆向きは昨年と同じ場所で。少し角度を変えてみました。
昨年はルパンのラッピング車だったんですが、今年はセーフ!

どちらの場所も昨年より登りづらく、乳酸出まくりでしたが、なんとか撮影。
終了と同時にまともに前も見えないくらい降り始めたんで、早々に立ち去りました。

花咲線も支援を求めたJRに対し、道庁の塩対応でどうやら廃止の方向で進んでしまいそうですが、
日本地図の骨格になる様な路線は赤字に関係なく何とか維持できないものかと・・・。
でも、国道沿いには高速の釧路-厚岸間を一日も早く開通させる様に陳情したみたいな看板もあり、
地域の人々は鉄道よりも車を選んでいる様で・・・。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/18(土) 22:19:34|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道東の赤熊

夜明けのタンチョウを撮影した後は、斜光線となる昼過ぎまでヒマなので、一度鶴居村を離れて海岸沿いに。
家で留守番しているカミさんのご機嫌取りに毛ガニとタラバを購入に出かけたついでに、ちょっとだけ鉄も。
天気もよく、無風でもあったので、また去年と同じ丘に登りました。

201702121023061cf.jpg

ほぼ逆光で、列車が真っ黒になってしまったのは致し方ないですが、台風被害で長期不通だったこの区間に赤熊が戻ってきたのでお祝いも兼ねて。
タンチョウ撮影の合間に貨物のスジがあるっても何かの縁だし。

昨年はもうちょっと釧路よりで撮影してますので、残念ながら最東端の赤熊撮影ではありません。
貨物列車という形では過去に花咲線の厚岸-糸魚沢でDD51の貨物を撮影しているので、そちらが最東端かな?
次は釧網本線の塘路-茅沼でも貨物を撮影しているし。

来年のタンチョウ撮影の合間にはこの赤熊をどこで撮るかな?
望遠クネクネ区間は昼間なんで、ガスがかかって無理だし・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/12(日) 10:30:05|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宗谷本線 存続か?廃止か?

第三者委員会JR北海道再生推進会議は、利用者の少ない路線の廃止を含めた見直しを促しており、JR北海道も同意という記事が出ました。
これによると輸送人員が500人未満の路線は廃止の方向で協議が進められてしまいそうです。

その中には宗谷本線の名寄-稚内や花咲線も含まれており、ここの線路が剝がされてしまうと、地図上でも鉄道が輸送の骨格とは言えなくなり、数字でキッカリ500人未満は知らん・・・ってのもどうか?が争点にはなるのでしょうけど・・・。

2016102222332884c.jpg

ただ、現在建設中の国道40号線 音威子府バイパスが数年のうちに開通の見込みがたってきましたから、唯一の難所である音威子府-天塩中川間がトンネルで一気に抜ける様になります。
かたや宗谷本線は天塩川沿いをクネクネと走り続ける訳で、スピード勝負にすらなりません。
ローカルは1両で空気を運んでいるし、特急も都市間連絡の高速バスで代替がきくほどの乗車人員ではないかと・・・。

ここ数年、ラッセル撮影でお世話になってきた宗谷本線ですが、ラッセル引退どころか路線の存続が危うくなってしまいました。
時代と言えば時代なんですが・・・。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/22(土) 22:46:19|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

運休続く根室本線

8月に3度の台風被害に見舞われた北海道。
幹線である根室本線もまだまだ復旧までに時間がかかりそうです。

2016101020131359a.jpg

赤字に苦しむJR北海道には大打撃だったのはもちろんですが、他の路線の存続にも影響がありそうな気配です。

20161010201314227.jpg

冬期の車両や設備の維持管理が他の各社と比較してもかなり大変でその上赤字ですから仕方なくはあるのですが。

20161010201316c5a.jpg

今回の災害は今後の路線維持放棄の好都合な理由になってしまった気もします。
ともかくそれなりに稼ぎの見込める根室本線は一日も早く復旧してもらいたいものです。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/10(月) 20:20:10|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

憧れの場所

今回、道東を選んだ理由はタンチョウの撮影以外に、花咲線の名撮影地である落石へ行くこと。
この撮影地、30年も前から一度は行ってみたい場所でした。
しかも行くなら真冬と決めており、当時はこんな辺境のローカル線でも列車を利用して徒歩鉄だったので、撮りたいと思いつつも「吹雪かれたりでもしたら・・・」と自信がありませんでした・・・。
その後、家庭持ちとなり経済的な事情もあり、もう行く事はないかな?と諦めていた場所でもありました。

160124別当賀-落石b

3月改正で本数が激減するので、ダイヤによっては真冬の日没時の写真が撮れなくなる可能性もある事。
路線の存続もいつまであるやら不安な状態になってきたので、今回思い切って行く事に。
天候が悪い様ならば3日間とも行く予定でしたが、幸い初日に夕陽に輝く列車が撮れたんで、タンチョウの撮影に専念する事ができました。
地平線の彼方まで人家が見当たらないという風景は、日本の鉄道では中々お目にかかれないと思います。
吹き付ける風は冷たく、列車待ちは辛いものでしたが、行ってよかったです。

とりあえず現時点で自分が撮りたいと思う撮影地がこれで無くなりました。
日に日に鉄に対する気持ちが薄れつつあります・・・。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/06(日) 20:14:33|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湿原の中を

3月改正でJR北海道はキハ40系の老朽化を原因に「車両のやりくりがつかない」として、ローカル線の大減便を行うと発表しました。
花咲線もただでさえ本数が少ないのに、さらに4割減とか・・・。
まともに撮れなくなりそうなので、今のうちに・・・というのが出撃理由です。

201602282224499b2.jpg

湿原の中を突っ走るこの区間。実に30数年ぶりの再訪です。
もっとも当時は駅から延々と徒歩鉄・・・。このお立ち台へたどり着くのは無理でした。

かきめし

途中で購入した、当時と変わらない(はず・・・)厚岸駅の駅弁「かきめし」。
甘いごはんが何とも言えませんでした!絶品ですね。
でも、厚岸の駅前は当時と比較するとずいぶんと廃れてしまっていたなぁ・・・。

201602282224508f7.jpg

2本目にやってきたのは「ルパン三世号」。
只見線のラッピング車もそうですが、何も本数少ない路線で・・・と思いましたが、浜中が作者モンキーパンチの故郷らしいですね。
まあいたしかたない(笑)

やはり想像した通り、両列車とも閑古鳥・・・。
東端には根室という大きな街がありますが、残念ながらバス輸送でも十分な感じもしました。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/28(日) 22:34:01|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨレヨレ線路

先日の新聞でJR北海道の各路線は札幌圏ですら赤字とか・・・。
過疎化とモータリゼーションに歯止めがかからないのが第一の原因でしょうが、冬季の保線の費用もバカにならないのでしょうね。

20160221200406152.jpg

これほどまでにヨレヨレの線路って久々に見た気がします。
地方ローカル私鉄より酷いというか、インドネシアで見たナローの線路並みというか・・・。
寒暖の差でこんなになってしまうのでしょうか?

沿線道路は整備が進み、ガンガンと車が飛ばして走っているのを見ると、もはや鉄道の存在意義は無い様にも思えます。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/21(日) 20:10:11|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

久々の釧網本線

釧路湿原の朝は実に幻想的な景色でした。

201602131851164f9.jpg

それもそのはず、朝日が上がってもごらんの気温・・・。
こんなに条件いいなら鶴居村へ行って川霧立ち込める 寝ぐらにいるタンチョウを撮りに行くべきだったか?と思うも後の祭り。

20160213185117191.jpg

先日、こんな気温の中「安心して下さい」なんてやらかした地元出身のお笑い芸人もいた様ですが・・・(笑)
とにかく寒かった。

さて、30数年ぶりに訪れた釧網本線。
懐かしの場所へ行こうと車を停めて向かったものの、さっぱり思い出せない・・・・。
開けた場所へ上がってみると線路は見えず・・・。別の場所かと思い、さまよって歩いたら車停めた先の道路へ逆戻り・・・。
その時、気がついたのですが、スマホのマップ見ながら歩けばいいじゃん!と(笑) 時代は変わりました。
それでも場所が見つからない・・・。誰も足跡をつけていない雪原を歩き回る事一時間、列車の時刻も迫ってきたのであきらめました・・・。
てな感じでテキトーに見つけて撮った写真です。

20160213185906635.jpg

行きたかった場所はおそらく樹木が伸びきってしまったんでしょうね。
この場所も数年後には撮影できなくなりそうでした。

しかし歩きまわりすぎて疲れた・・・。一日バリ晴れの予報だから無理しましたが、吹雪かれたらアウトでした。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/13(土) 19:03:24|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終焉

とうとう「北斗星」が消えてしまいました。
ゾンビ車体を新幹線開業まで・・と無理して使ってきた感は否めないんで、まあ潮時ではあるかと。

150130植苗

北海道側のラストショットは今年の1月に渡道した時でした。
青函連絡船の廃止される前にコンパートメント車はすでに「ゆうづる」で使用されていたので、初乗車からもう30年近く経過したと言う事で月日の短さを感じます。
東日本・北海道それぞれのタイプを全部とはいきませんでしたが、コンパートメント・ソロ・デュエット・ツインデラックス・ロイヤルと一応全ての種類は乗車する事ができました。

辛かったのはC62ニセコを一人で撮影に行った時に乗ったソロ。
退屈で退屈で、21時を過ぎた仙台あたりで寝てしまいました・・・。やっぱみんなで乗ってナンボかと。
コンパートメントの喫煙車もキツかった・・・。煙の蔓延で下車した函館までほとんど寝れませんでした。

楽しかったのは6人で行った旅行。
上野入線と同時にロビーカーに陣取り、酒盛りした時かな?(笑)

150131宇宙軒-H

時同じくして復活した「C62ニセコ」の撮影には大変世話になった列車でもあります。
一番乗った時期でもあったかな?

残るは「はまなす」か。すでにチケット争奪が起きつつあるみたいですね。
1月に乗っておいてよかった。

♪何枚写真を撮ってみても~ 大事だったモノは残せない

「オタクと言われようとこの場に身を置きたかった」なんて最期を見届けに出かけちゃう知り合いも過去にいましたが、自分は静かに見送る事にします。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/30(日) 12:01:14|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

赤熊街道 2

室蘭本線はブルトレや281・283系、183系、そしてDFと北海道のスターが勢揃いする路線であり、しかも間髪いれずに次々とやってくるので楽しい路線でもあります。

20150227215311d6a.jpg

東室蘭から苫小牧までのひたすら直線でつまらない電化区間と違い、非電化区間はどこで撮っても絵になりそうな場所が多いし。

20150227215309d13.jpg

噴火湾に沿って走る胆振地区は海バックの撮影場所も多いですね。


2015022721531313a.jpg

よく見ると造られた時期の違いなのでしょうか?
赤いスカートとグレーのスカートがいるんですね。
赤の方が迫力がある感じもします。

201502272153087c3.jpg

しばらくは撮りに行く事もないだろうけど、機会があればもう一度訪れたい路線でした。



  1. 2015/02/27(金) 21:59:45|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター