鉄たまの外道なお話部屋   

ゴイサギ

10年以上前に撮影して、名前がわからずじまいだった鳥がいます。
色々と調べていたら「ゴイサギ」というヤツみたいです。

DSC_0030.jpg

なんともな色合いとかボディの感じなんで、「コイツ在来種?」と思っていたら、ちゃんと在来種でした・・・。
2006年に廃止直前の鹿島鉄道を撮りに行った際、列車待ちの間に遭遇しました。

名前をちゃんと調べなきゃなぁ・・・と思っているうちに写真の中に埋もれてしまい、今日ダラダラと過去の写真を見ていたら発見。
もう少し野鳥やら植物やら勉強しないといけないですね・・・。


スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/06/10(日) 18:27:45|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道東の野生動物

なんだか週イチでUPしてたら4月も半分・・・。
まだ湿原号やら他の写真もあるけど、ここで一区切りします。

DSC_7347_00001.jpg

エゾシカ。
何十年も前から「トドワラ」の風景が気になっており、一度は行ってみたいと思っていたのですが、冬季はスノーシュー履いて歩かないとダメな様で断念・・・。
とりあえず野付半島の端までは行くことに。
幸いにも「ナラワラ」はちょっとだけ撮影できました。UPはまたの機会に。
ちなみに背後に写る島は北方領土です。

DSC_7351_00001.jpg

DSC_7353_00001.jpg

これだけカメラ目線でガッツリ撮れたのは初めてでした。
今回はいい歳こいてナゾの「シカーッ」って雄叫びあげるハゲ親父もいなかったので、じっくりと撮影できました(笑)

てかコイツら最近は多すぎ・・・。
特に日没時は車のライトに反応するのか、道路の真ん中で一枚目みたいなポーズでどこうともしません・・・。
夜間は直前横断。これで激突する車もかなりの数らしく、レンタカー借りる時に「シカと衝突しても警察呼んで下さいね」とここ数年は必ず注意される様になりました。


DSC_8098_00001.jpg

クロヅル
鹿児島の出水には飛来しますが、釧路にはなんと32年ぶりだそうです。
飛来したのは一羽だけらしく、いればすぐにわかるものの、毎日現れる訳でもないと宿泊先のTVで地元ニュースで聞き、何とか撮りたいとは思っていたので出会えてラッキーでした。

DSC_8104_00001.jpg

とはいえ、エサをついばみに現れると多勢に無勢・・・。タンチョウに取り囲まれて攻撃される中、必死の食事。
体格もご覧の通り小さいので、かわいそうでした。
来年は無事に仲間とはぐれる事なく、越冬地へ行ってもらいたいです。

来年は「シマフクロウ」も撮ってみたいけど、こいつがかなりの難易度で・・・。
でも撮れれば道東には思い残す事はないかな?

で、道東の野生動物?といえば「アンドレザ・ジャイアントパンダ」。
息子の「ラジャ・パンダ」がアブドーラ小林に誘拐されたものの、無事救出した様で。
プロレスとはいえ、こういうネタって騒ぐ人いるから大丈夫かな?(笑)
しかし、ラジャ・パンダってわかる人にはかなりウケる名前をつけたもんすね。





テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/15(日) 19:25:53|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

DANCE! DANCE! DANCE!

タンチョウのダンス。
求愛なのかどうかまではわかりませんが、今年もそこかしこで。

DSC_8205_00001.jpg

DSC_8203_00001.jpg

タンチョウ撮影も3年目になるとだんだんとコツが掴めてきたせいか、そこそこの数で撮影できました。
これでバリ晴れならば文句なしなんですが、冬の北海道へ行って連日それを望むのは贅沢かと・・・。

DSC_8152_00001.jpg

DSC_8151_00001.jpg

DSC_8134_00001.jpg

DSC_8132_00001.jpg

DSC_8130_00001.jpg

DSC_8128_00001.jpg

DSC_8127_00001.jpg

ダンス・ダンス・ダンスおどりたい
夜が明けるまで おどりつづけて
おしえておくれよ ステップ!

撮り続けている間、清志郎の名曲「ステップ」が脳内ヘビロテでした。
自分も何十年も前にウチのカミさん、こんな事して口説いたんかな・・・?(汗)
まあ、誰かを好きになるってのは悪い事でもないし、理屈じゃないし、生物の本能だし。
自分の気持ちを素直に伝えて受け取ってもらえるのは素敵な事だと思います。

ガンバレ!タンチョウ♂(笑)
ただしチョイスは慎重に・・・・。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/07(土) 19:21:28|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年もタンチョウ

今年もタンチョウを撮影に釧路湿原へ。
今回は最終日一日のみでしたが、天気にも恵まれまずまずでした。

朝5時にホテルを出て、寝ぐらの撮影場所へ向かうと、すでに超満員・・・。
よく見ると観光バス2台が横付け・・・。
超望遠での撮影なんで、何とか人の間から撮らせてもらおうと思いきや、日本語しゃべれない方々ばかり・・・。
やっと日本語話している撮影者を見つけて聞いてみると、3時に到着した時にはすでに中華な方々で一杯だったとか・・・。
この日は比較的暖かくて-15℃くらいでしたが、撮影場所は橋の上なんで体感温度はそれ以上なはず。お疲れ様です。

DSC_7481_00001.jpg

考えてみればちょうど春節の時期でした。
それにしても中華な皆様はカメラも三脚も超高価なのばかり。で、なぜか皆様ピカピカの機材。
こちらに来てから免税店で爆買いでもしたのでしょうか?
カメラの水平が取れていなかったり、三脚が傾いていたり、中には撮り方がわからずガイドの人呼んで設定してもらっていたりで・・・。

DSC_7614_00001.jpg

このくらい明るくなってきた頃には皆様飽きてしまった様で、隣のカメラ覗き込んだり、カメラそっちのけでおしゃべりに行ってしまったり・・・。
やたらと平然とカメラの前を横切るし、こちらの三脚ガンガン蹴るし・・・。
ホテルの朝食の時間なのでしょうか?7時頃には全員撤収していきましたが、レンズキャップやら三脚ケースやら忘れて行く人もちらほらいて、日本語わかるガイドさんに渡しておきましたが・・・(苦笑)

DSC_7922_00001.jpg

いよいよエサ場へテイクオフの時間にはガラガラになり、ゆっくりと撮影できました。

先日、柏でサッカー観戦した時に回りの席の人と話した時も「長崎とか観光兼ねてアウェー観戦なら家族もよろこぶと思うのだか、どこ行ってもヤツラの大群がいるんでなぁ・・・」なんて話も。

只見線なんかはインバウンド需要をメインに復旧させる様ですが、その分失ってしまうモノも沢山あるかと思います。
石垣島はそれがイヤで世界遺産登録を島の住民のほとんどが反対しているとか。
ま、観光地はしばらくどこへ行ってもウンザリする日が続くんでしょうね・・・。




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/01(日) 21:45:29|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知床にて -オジロワシ-

オジロワシ。
百里基地に所属する302飛行隊の尾翼は「オジロワシ」のマークです。
元々、千歳基地発祥の部隊なんで、北海道を象徴するオジロワシが選ばれたと聞きます。

DSC_6968_00001.jpg

オオワシと比較して体が小さいオジロワシが採用されたのは、オオワシは北海道以外にも生息するからなのでしょうか?
まあコヤツの方が面構えは精悍ではありますが。

DSC_7047_00001.jpg

こうやって見ても体格差は歴然。エサの奪い合いになるとちょいと勝ち目がなさそうです。
てか、このオジロは幼鳥かな?ちょっと小さすぎる気もするし、優しい顔だし。

F-4ファントムがオジロワシで、F-15がイーグルですから、力関係や大きさ比較も似ているというか・・・。
ただ302部隊ですが、三沢に配備されるF-35の部隊となる予定です。あの機体にオジロワシは描かれるのでしょうか?

DSC_6844_00001.jpg

DSC_7040_00001.jpg

DSC_7009_00001.jpg

やはりオジロワシの方が顔つきはファイターですね。カッコいい。

DSC_6931_00001.jpg

DSC_6918_00001.jpg

本当に国後島は目の前。
撮影する楽しみと同じくらいに悔しさがつきまといました・・・。


さて・・・。
今回の羅臼での楽しみがもう一つ。
「熊の湯」に行ってみる事でした。
こんな時期でも24時間入れるそうなんで。

熊の湯2

入口にたどりついたのは深夜1時頃。
車の外気温計では-15℃でした・・・。
橋を渡って暗闇の中にある温泉へ。

熊の湯1

当然だれもいませんでした・・・(笑)
裸になるとなまら寒い!ブルブルと震えが止まらないので、とりあえずかけ湯で洗うとこ洗って入浴。
激熱温泉と聞いていましたが、すんなりと入浴。
???と思ったら、写真の冷却用のホースが入り込んだままでした。
「温度調整後は元の場所に」って書いてあったのですが、先人が忘れて帰った様で・・・。

見事な硫黄泉でした。
次の日は体からまあ何とも言えないニオイが・・・(笑)
この先にも温泉はありますが、とりあえず自己記録では最東端の温泉更新です。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/10(土) 21:30:07|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

知床にて -オオワシ-

今年もまたマイレージ消化の旅へ。
完璧な「陸マイラー」ですが、意外と年一回分くらいのマイルは貯まります(笑)

今回は昨年の道東の旅から帰宅した時にはすでに決めていた「オオワシ」「オジロワシ」の撮影。
明け方に羅臼へ行かねばならず、釧路から夜中の走行となりましたが、幸い好天で路面状況もよく、車中での仮眠も無事できました。

DSC_6554_00001.jpg

DSC_6557_00001.jpg

夜が明けると流氷の上にはオオワシの姿が!
昨年、茨城県の涸沼に数回行っても会う事のできなかったオオワシとこんなに簡単に出会えるなんて!

DSC_6594_00001.jpg

DSC_6592_00001.jpg

イケメンですね日本で生息するワシの中でも最大のオオワシ。まさに鳥類の頂点に立つ王者の顔です。

DSC_6604_00001.jpg

国後島をバックに次々と集まるオオワシたち。

DSC_6628_00001.jpg

DSC_6636_00001.jpg

知床に朝がやってきました。

DSC_6696_00001.jpg

DSC_6755_00001.jpg

こんなにも近くて遠い我が国固有の領土である国後島。
撮影しながらも複雑な思いが・・・。この流氷のどこかに勝手に敷かれた国境があるはずで、やるせない気持ちです。
ロシアは石ころ一つ還す気もないでしょうが、ずっと言い続けて行かなければならないのでしょうね。
少なくとも自分の世代では解決できなかった問題なんで、残念です・・・。

DSC_6892_00001.jpg

DSC_7028_00001.jpg

DSC_7054_00001.jpg

DSC_7069_00001.jpg

DSC_7151_00001.jpg

DSC_7164_00001.jpg

夜が明けるとだんだんと活動的になってきました。

DSC_7310_00001.jpg

DSC_7311_00001.jpg

水面での捕食の瞬間も狙ってみましたが、中々コレが難しい・・・。
回数重ねて慣れないとダメですね・・・。

DSC_7317_00001.jpg

知床半島をバックに飛ぶオオワシ。
自分の想像していた以上の世界がそこにはありました。
一度、撮れればいいと思って行ったはずなんですが、もっと上手く撮ってみたいし、なんか来年もチャレンジしてみたくなってきました。
さて、どうするかなぁ・・・。お金もないし、年齢的に体力もないし・・・。
運がよかっただけで、今週末みたいな爆弾低気圧をくらう季節でもあるし・・・。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/04(日) 16:33:05|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

涸沼で野鳥観察

アグレッサーが飛んだ日、1stと2ndの合間を利用してお隣涸沼へ。
お目当ては飛来している「オオワシ」。

ですが、いるのは1羽のみ・・・。中々、都合よくは自分の前には出てきてくれませんでした・・・。
撮影者の皆様はほぼ100%地元のお年寄りたち。一日中根気よく粘らないとダメみたいですね・・・。
待ってる間も上空が百里基地へのアプローチのルートなんで、次々とファイターが飛んでくるんで、そちらに気を取られちゃうし・・・(汗)
自分の様なハンパもんは、生息数の多い北海道へ行って撮ってくるしかないのでしょう・・・。

DSC_8285.jpg

白鳥・トンビ・カモなんかはかなりの数が楽しませてくれたのですが、小さな鳥も気になりました。

DSC_8286.jpg

ネットで調べてみたら、どうやら「タヒバリ」って鳥みたいです。
間違っていたらごめんなさい。

DSC_8292.jpg

DSC_8293.jpg

たっぷりと愛想をふるまってくれました。
野鳥撮影も気合入れれば面白いかも知れませんね。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/01(月) 18:35:14|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SNOW MONKEY 3

最後に色々なポーズ。

DSC_7272.jpg
しんみりと語りかけている様な感じ。

DSC_7283.jpg
イケメンなサル(笑)
ま、人と違ってハゲだのチビだのデブだのメガネだの・・・ってのはいないですから、そこそこ凛々しければイケメンに見えるのかな?

DSC_7314_20170409201417562.jpg
温泉の中は浅い所もあるみたいです。

DSC_7366.jpg
おなじみの毛づくろい。

DSC_7387.jpg
オッサンくさい座り方のサル。

DSC_7404.jpg

DSC_7399.jpg
セクシーポーズのサル。

とにかく人に慣れていて、平気で足元を歩いていくのでたまげます。
長年、ルールを徹底してきて、サルと人間のすみわけができているそうです。
外国人が大量に増えてどう対応しているのかと思いきや、ちゃんと外国語が話せる警備員が常駐していて、ルールを破ろうとした人をものすごい剣幕で怒っていました。
奥日光みたいに傍若無人なサルと化してしまうと、もうどうにもならないですからね・・・。

また何年かしたら再訪してみようと思います。
それまで歩き通せる体力が残っていればですが・・・。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/09(日) 20:30:07|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SNOW MONKEY 2

沢山の子ザル、親子ザルがいたので、ほほえましい姿を撮影。

DSC_7240.jpg

体毛がまだキレイでフカフカしてる感じの子ザル。


DSC_7196.jpg

母ザルに寄り添う子ザル。


DSC_7306.jpg

こちらは親子で入浴。子ザルを見つめる母ザルがなんとも言えないですね。


DSC_7328.jpg

ちゃんと座って頭を出せるって事は浅い場所があるのでしょうか?


DSC_7346.jpg

独り寂しく入浴していた子ザルも。心なしかなんか寂しげにも見えます。


DSC_7374.jpg

母ザルの後をついて橋を渡る姿もキュート。


DSC_7377.jpg

物思いにふける子ザル。こんなに小さくても色々考えているんでしょうね。


DSC_7382.jpg

子ザルを襲おうとしたサルに果敢に挑む母ザル。人間もサルも「母は強し!」ですな。
見守る子ザルは双子なのかな?心配そうに見つめてますね。
怒るとネコみたいに体毛が逆立つんですね。

こんな風景見ていたら、我が家の息子が小さかった頃を思い出しました・・・。
人もサルもこうやって命を繋いで行くんですね。先日のお彼岸の墓参りでも思い出して、ご先祖にも感謝してきました。
こうなったらさっさと嫁もらって孫の顔見せてもらいたいもんですが・・・。もうちょっとかかりそうではあります。




テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/01(土) 23:10:30|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SNOW MONKEY

冬の長野へ行った本来の目的は「スノーモンキー」こと地獄谷野猿公苑のサルの撮影。
雪レを追いかけていた頃から気になっていたのですが、まぁあの頃は・・・って訳で、無事に解脱できた今行く事に。

DSC_7251.jpg

天気もよかったし夕方の方が人も少なくて斜光線でいいかな?と思って昼間は飯山線へ行きましたが、どうやら温泉に陽が当たる事はない感じでした・・・。
午後3時を過ぎても沢山の外国人で観覧できる場所は埋めつくされていました。

DSC_7163.jpg

慣れたもので結構カメラ目線してくれます。
フラッシュ焚くなって書いてあるのに、平気な人も結構いましたが、彼らも平気な感じでしたね。
ただ、動物ですから態度が急変する事もあるので、約束事はちゃんと守ってもらいたいです。
タンチョウ撮影の時も超望遠+大型フラッシュでドヤ顔で撮影していたオッサンがいましたが、自分さえよければ・・・ってのも困りもんです。

DSC_7191.jpg

温泉にずっと浸かっているサルと周りにいるサルでは顔の赤みが違う気がしました。
人間と一緒で温まると赤くなるんでしょうか?元々赤いくせに(笑)

DSC_7170.jpg

浴槽のフチでじっとこちらを見つめる姿もキュートですね。

DSC_7320.jpg

どこかのオッサンみたいなヤツも(笑)

癒されることこの上ない場所でありました。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/26(日) 12:25:39|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター