FC2ブログ

鉄たまの外道なお話部屋   

佇む

今日は花粉症の症状がひどく、自宅で寝込んでいました。
全身ダルい上に数日前から下痢も続き・・・。
毎年、かかり始めは一週間くらいはこの状況なんで、しばらくはガマンかと。

コミミズクの残りをUPします。

DSC_4236_00001.jpg

DSC_4207_00001.jpg

フクロウは棒につかまって佇む姿が一番似合っている気がします。
実際は360度グルグルと首を回し、獲物をロックオンしている状況ではあるのですが。

花粉が大量に飛び始めたって事は、彼らとお別れの時期が迫ってきているという事ですね。
来冬は少し早めに撮影開始しようかと思います。


スポンサーサイト



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/21(日) 18:33:52|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日もコミミズク

今日もコミミズクの撮影に。
一昨日11日はバリ晴れだったものの、強風が吹き荒れていたのでパス。
風が強いと飛ばないと聞いていたので。飛んだのかな?

DSC_4276_00001.jpg

15時になったので自宅を出発。
家を出た時はほぼ無風だったんですが、現地に着くと結構風が吹いていました。
ダメかな?と思っていたら、日没寸前に風が止み、同時に飛んできてくれました。

DSC_4277_00001.jpg

DSC_4287_00001.jpg

猛禽類の飛ぶ姿ってカッコいいし、何より美しいですね。

DSC_4314_00001_01.jpg

最後はカメラ目線で佇んでくれました。
暗くなってきたし、満足できたんで撤収。
家から車で15分程度の場所に癒しを発見しました。また行こうかな?


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/13(土) 18:31:10|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コミミズク

コロナ禍で休みは自宅で地縛霊の日々です・・・。
まあ近場でソーシャルディスタンスがガッツリ取れるとこなら少しは出かけてもいいかな?と
近所までコミミズクの撮影に出かけました。

チャリでも行けるのですが、寒いんで横着して車で行く事に。
マスクしてチャリも苦しいかな?とも思ったし。

DSC_4092_00001.jpg


近くの水田が棲息地というのは数年前から知ってはいたものの、毎年この季節は道東へ行ってゲップ出るほど鳥類の
撮影を行っている事もあり、「いつかは・・・」のままでした。

DSC_4111_00001.jpg

普段から「また今度でいいや」ってのに次は無い!って言い聞かせているものの、歳とると体が思う様に動いてくれず・・・。
野生動物なんだから、いついなくなるかもわからないんですけどね。
今年は毎年行っていた北海道へは行けませんからよいチャンスと思いました。

DSC_4113_00001.jpg

いざ撮影してみると、コレがなかなか!
ちょっと病みつきになりそうです。

DSC_4140_00001.jpg

首が360度回転する生き物だけに目線は常に並行なんですね。

DSC_4141_00001.jpg

近いだけに休みの日は天気がよければかなり通えそうですが、飽きっぽい性格なんで、気合入れずに毎年ほどほどに撮るべきか
色々考えてます。





テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/05(金) 18:47:18|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タヌキ

172650.jpg

タヌキの置き物がほしくて何年も前から探してはいるのですが、中々気に入ったタヌキや金額面が合わず・・・。
で、年末に近所のホームセンター行ったら在庫処分で格安2000円で売っていたので、とりあえずコイツを買う事に。

これがご縁となったのかはわかりませんが、真冬の北海道でタヌキに遭遇しました。

DSC_1086_00001.jpg

今年の超暖冬は1月の道東でもこのありさまでした・・・。
いつもなら雪の斜面を上がっていけるはずなんですが、雪はないし落ち葉は滑るしで撮影場所にたどり着けず休憩していたら突然目の前に。
ドングリをバリバリと食ってました。
別にタヌキは自宅の周りにもいるし、見慣れてはいるのですが、カメラに収めたのは初めて。
しかも北海道にもいるんですね。

DSC_8503.jpg


で、今度は仕事中に車を走らせていたらば松戸の矢切の渡しの付近で遭遇。
運転席の窓からスマホで撮影しました。

置き物が我が家に来てから連続です(笑)
こちらは冬毛から夏毛に生え変わる途中なのか、なんとも不気味な姿。

コイツら人里で共生できるのか、自然界と人間界の境界が狭いみたいですね。
おそらく10m程度なのではないかと。

そういえばタヌキって日本固有?
外国人には珍しいらしく、タヌキを見る為に来日する人もいるみたいな話をネットで見た事があります。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/01(日) 18:18:04|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バトル

今年も氷上のバトルに。

DSC_1319_00001.jpg

エサを確保したオオワシを追ってオジロワシがスクランブル飛行。

DSC_1320_00001.jpg

撮ってきた写真をよく見てみると、同種同士のバトルが多いみたいなんですが、こちらはオジロワシとオオワシでした。

DSC_1328_00001.jpg

なんとかロックオンされない様にヒラリヒラリとかわすのは戦闘機のバトルと一緒ですね。

DSC_1334_00001.jpg

攻撃態勢に入るオオワシとオジロワシ。
戦闘機の様に飛び道具はないですから、背後からロックオンしてキック攻撃。

DSC_1429_00001.jpg

キックがヒットするとたまらず掴んでいた魚を落としてしまいます。
それを奪おうとする戦いもし烈です。

DSC_1346_00001.jpg

見事なライダーキック!

DSC_1352_00001.jpg

こちらはスタンプ!!

DSC_1371_00001.jpg

漁師さんが売り物にならない雑魚をバラまいて行った後は、しばらくはこの凄絶な戦いが続きます。

DSC_1373_00001.jpg

生きる事の厳しさを毎回訪問する度に教えてもらえる場所です。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/23(日) 17:58:59|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛の巣

今年もエゾフクロウの「愛の巣」へちょっとだけ寄ってみました。

DSC_0568_00001.jpg


フクロウは縁起物なんで、先日益子へ行って焼き物も買ってきました。

172627.jpg

コイツに同封されていた解説書?を見ると

福 籠
・知恵袋で学問の神様。
・不苦労と書き苦労知らず。
・長寿な鳥で不老長寿で長生きである。
・首が360度回ることから商売繁盛につながる。
・夜行性なので夜の番人である。

との事です。
やたらと縁起のいい生き物の様で(笑)
早速、下の穴から買ってきた宝くじを入れておきました。当たるかな?

DSC_0575_00001.jpg

鳥類って夫婦仲の良い種類が多いですね。
ただ、代表格の「オシドリ」って実は♂はとんでもない浮気者だそうですが・・・。

DSC_0585_00001.jpg

DSC_0589_00001.jpg

昨年は寒かったせいか、とにかく動かなくてデコイではないか?と思えるくらいでしたが、今年は暖冬で陽当たりもよかったので、そこそこ色々と撮る事ができました。

そういえば、フクロウの陶器を買いに行った同行者は実際にフクロウを飼っていて、もう少しリアルなヤツを購入したのですが、家に帰って見せたところ、いきなり威嚇のポーズで敵決定だったそうです(笑)
アホウドリでしたっけ?デコイを沢山置いたら安心して繁殖した様な話を聞いた事があるし、カカシが鳥除けになるから静止物でも敵と認識するんですね。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/15(土) 18:44:25|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

侵入者

シマフクロウのエサ場に何やらモゾモゾ動くアヤシイ物体が・・・。
潜水して川面がモッコリするので?と思っていたらば。

DSC_0813_00001.jpg

ニホンカワウソは絶滅してしまっているし、イタチ?
知床という極寒の地に生息してる??とググってみましたが出てこない・・・。
で、聞いてみたところ「ミンク」との事です。
毛皮で一儲けと思っていた農家が諦めたものが逃げ出して野生化したとの事。
何たらギンギツネってのも同じみたいで、北海道で頑張って生きているみたいです。
本人たちには罪はないものの、外来種の問題は困ったものですね・・・。

シマフクロウもコイツがずっと粘っているので、樹の上から警戒してじっと見つめていたため
記録的な長時間滞在になったみたいです。

自然の世界は厳しいです。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/07(金) 22:05:59|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もシマフクロウ

今年もシマフクロウの撮影に行ってきました。
昨年は一晩ねばってやってきたのは明け方の4:30頃からの数分間・・・。
完全燃焼とは言い切れず、リベンジする事に。

DSC_0878_00001.jpg

願いが通じたのか、今年は19:30には早くも飛来!
そして21:30くらいまでいてくれた後、3:20から4:30頃まで。さらに4:45から6:30までと計3回。
しかもいずれも長期滞在してくれました。
こんなに長くいてくれたのは非常に珍しいそうで、宿の親父さんもビックリしてました。
まあ色々と条件が重なった結果ですが。

DSC_0880_00001.jpg

世界最大のフクロウ。凛々しいですね。
今回は撮影者はわずか4名でしたが、うち2名が外国人でした。
よく調べて北海道の僻地まで一人でくるものかと・・・。自分は自信がないです。

DSC_0830_00001.jpg

捕食の瞬間もバッチリ撮れました。

DSC_0893_00001.jpg

DSC_0956_00001.jpg

DSC_0959_00001.jpg

池の方は凍っており、獲物が見えづらいらしくバタバタとしてました。

DSC_1005_00001.jpg

この日は強風が吹き荒れて途中からは横殴りの吹雪・・・。
おそらく昼間の撮影だとホワイトアウトで撮れなかったと思います。
獲物を探してたたずむ姿もカッコいい。ガッチャマンのデブもこんなポーズとる事がありましたね。

DSC_1056_00001.jpg

ダンナが中々エサを運んでこないので、心配になったのか?お腹すいてガマンできなくなったのか?
明け方は途中から奥様も登場。

これだけ撮れたんで、知床訪問は今回でしばらくお休みにしようと思います。
昨年は繁殖に失敗したとの事で、来年こそは新しい家族が増える事を祈ります。

しかし、知床の自然はゴイスー!



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/02/01(土) 19:05:14|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雄飛

「雄飛」。本当は雄鳥がその名のごとく雄々しく飛ぶ事を意味するのですが、ニワカもんの自分には雌雄の区別はまだ・・・。

DSC_3441m.jpg

DSC_3446m.jpg

でも、この飛ぶ姿を見ていると自然とそう言いたくなってしまいます。
まずはオジロワシ。

DSC_3495m.jpg

続いてオオワシ。

DSC_4454m.jpg

DSC_4455m.jpg

そしてタンチョウ。
道東は大型鳥類の宝庫ですね。シマフクロウも世界最大級のフクロウだし。
自分の様な初心者にもそれなりにファインダーにキャッチできるし、カッコいいし。
しばらくは通ってみたいものですが、来年以降ははてさてどうなる事やら・・・。
ルール守らないインバウンドな奴らも年々増えているし・・・。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/12(火) 18:35:23|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽園?地獄??

エサの争奪戦が始まろうとしていました。

DSC_3421_00001.jpg

漁師が氷下魚などの漁をして、売り物にならないキズモノや雑魚をここいらに毎日破棄していきます。
いわゆる「0円食堂」ってヤツです(笑)

DSC_3397_00001.jpg

観光用に餌付けしている訳ではないので、不漁だったり廃棄物が少ない日もあるそうで。
いずれにせよ少ないエサを確保する為にゴング!

DSC_3408_00001.jpg

左下のオジロワシが確保できた様で、独り占めできる場所を探してテイクオフ。
すると強奪組が次々と追いかけて行きます。

DSC_3394_00001.jpg

去年の流氷上のツアー船の時はエサも潤沢にあり、それほどケンカする事もなくみんなのんびりとその場で食べていたのですが、これが本来の生き抜く為の戦いなんでしょうね。
撮っているこちらも興奮しました。

DSC_3387_00001.jpg

DSC_3384_00001.jpg

DSC_3377_00001.jpg

乱舞するのはオジロワシ・オオワシだけでなくトンビやカラスまで。
絶滅危惧種の彼らですが、順調に生息数を伸ばしているのでしょうか?
ただ、以前にTVでやっていましたが、風力発電の風車に激突して死んでしまうのもかなりの数にのぼるそうです。
冷凍保存されている彼らの亡骸が映された時は、その数の多さに唖然としました・・・。

何とか共存・共栄できるといいのですが。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/03(日) 20:46:54|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター