鉄たまの外道なお話部屋   

柏1-3清水

また誘惑に負けてオリオンビール買ってしまったのが原因ではないのでしょうけど・・・・。負けました・・・。
完敗です。審判に・・・・。
まあ負ける時のジャッジなんてこんなもんでしょう。
でも前半の30分できわどいと言えばきわどいすが、「赤紙はないよ~!」って思ったのも確かで。
ジャッジ的には正しかったかもしれないけど、これで試合そのものが終わってしまいましたから。

今回は敵のMFにも地元出身の知り合いと言えば知り合いの選手もおり、なんか見ていてもしっくりしないものがあり・・・・。

試合終了後にはいつもの呑み屋で反省会でしたが、帰る時に店長からこっそりと「さっき山根選手がお忍びで家族で来てくれたのだけど、満席なのと店の中サポだらけなんで謝って帰っていただいた」と聞き・・・・。
惜しかったっす!

ああ、これから一ヶ月も試合がないのか・・・。
今日も試合前にはコアサポ達が「みゃ長・ブート・キャンプ」で盛り上がってました。
みゃ長もスキンヘッドなのでタンクトップのオヤジが真ん中で踊っているのを見て隣のヤツラが「本物が来ている!!」って大騒ぎしていたのには大笑い。
おそらく試合に勝っていれば終了後に選手にも躍らせてみんなで「ビクトリー!!」って叫ぶつもりだったんだろなぁ・・・・。
これも来月までお預けです。
その前に話題がすたれてないといいのだけど・・・。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/30(土) 21:25:00|
  2. 太陽王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

霧にけむる二橋

昨日、ふうらいぼさんの所にトラバしてみたのですが、うまくできません・・・・。
今度誰かにやり方ちゃんと教わらねば!

さて、昨日我が家に「飛露喜 純米吟醸 山田錦 生詰」がやってまいりました!!
いつもの坂下の酒屋さんは「先着順で発売したけど、店開ける前から大行列だったよ」との事。
という訳で若松の酒屋さんのHPを覗いて見ると「23日締め切りで抽選。24本のみ」と出ている。
ダメ元で応募してみたらば何と当たってしまいました!!
早速、呑んでみると、冬に発売される「特別純米 無濾過 生原酒」に比べてガツっとくる味でした。
「フルーティなんて味の酒はダメだ!!」っていう日本酒ずきの方って結構いますが、こういう人にも勧められる酒ですね。
カミさんには「ただでさえ冷蔵庫の中が酒だらけなのに、また一升瓶入れるの???」と顔のパーツ全部△にして激怒されましたが、聞かないフリ、聞かないフリ・・・・。
毎日、最初の一杯だけでちびちびとやろうと思います。

 20070630100823.jpg


写真ですが、川霧の様に見えますけど残念ながらただの霧です。
直前まで全体に漂ってましたから・・・。
今回は川霧には嫌われてしまった様です・・・。

ところで「フルーティな酒」が好きな方へ。
坂下の曙酒造の「亀の尾」っていいですよ。
激甘のお酒で呑み口がとてもいいです。
食前酒とか焼き肉なんかにとても合うかも?

さてと、そろそろ日立台へ行ってきます。
こないだはオリオンビール呑んだら負けてしまったので、今日は銘柄変えます!
ララ柏! ララ柏!!
俺達の誇り! おお柏レイソル~!!!


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/30(土) 10:17:13|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二重窓

ふうらいぼさんの所で北海道の二重窓のお話があったので、ちょいと。
この装備は初めて北海道を訪れた者にとって萌え萌えでしたね。
意味もないのに上げたり下げたりしてたものです。

電車やDCはまだ密閉性が高かったので、上げておく事が多かったですが、すきま風の多い旧客は閉めておく事が多かったです。
パウダースノーですから夜行列車に乗った時などは夜中寒くて目を覚ますと外側の窓と内側の窓の間に雪が積もっていたりしました。
外側の窓の内側はびっしりと氷が張り付いて外の景色が全く見えない状況になってしまうので、夜明け近くになるとガマンして内側の窓を上げておいたものです。

電車やDCのそれとは違い、旧客の内側の窓って昔の板だった頃の日よけ部分を利用していたのではないかな?と自分は思ってました。
内地向けの旧客に乗っても同じ位置に溝がありましたからね。


20070629204139.jpg


ふうらいぼさんの所に合わせて711系の懐かしい写真でも。
84年2月。旧札幌駅にて撮影したものです。
711系がまだまだ現役で走ってくれているのはとてもウレシイです。
急行「かむい」なんてのは好きな愛称でした。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/29(金) 20:44:36|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の三重連 -大井川鉄道-

本当に暑くなってきましたね。
今日なんかウンザリする湿度と暑さでした・・・。
夏本番はまだまだこれからですが、夏がニガ手な自分はもうグッタリしてます・・・。

10年くらい前までは夏の暑さなんかものともせずに、蒸機追いかけてました。
今と違って、蒸機も夏でも煙吐いてくれましたからね。

20070628211732.jpg


写真は1989年7月23日
C11+C12+C56による3重連です。
まさか大井川鉄道でこんなイベントが行われるなんて当時としては驚き以外のなにものでもありませんでした。
この頃は「追っかけ」なんてのは頭になく、気に入った場所に早朝行って何時間も待つのが当たり前の頃だったので、終点間近の崎平の鉄橋まで行ってしまいました。
待つ間とても暑かったです。
中にはBVDのブリーフいっちょになってバケペン持って川渡っているのまで現れる始末・・・。

とても感激の一日だったのですが、この日大挙して押しかけた鉄が茶畑に無断で入り込んで踏み倒したり、地元の人に罵声を浴びせたり、あの狭い道路を爆走したりして、この日から地元の方との関係が非常に険悪になってしまった事が残念ですね・・・。
追っかけ鉄が顰蹙買う様になったのはこの頃からですね。

この後、大井川で三重連が行われたのは2001年。
再び心を開いてくれるまで12年もかかってしまった事になります。
昨年の「DD53ばん物事件」以来、磐西沿線の住民も鉄に対して非常に冷たくなってしまった様ですし、そろそろどこかでみんなで真剣に考えなければならない問題です。

来月の只見蒸機も無事終了してくれるといいのですが・・・。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/28(木) 21:33:49|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

記憶力

中川集落の稲もすくすくと育っている様です。
ここの米を一度食べてみたいなぁ。

20070626193944.jpg


この428Dを撮る前に「おふくろ」で昼食。
今回は鉄ではなく「クワガタ採集」がメインで出かけたので、クワ採りの相棒親子と同行でした。
昨年、一度だけおふくろへ連れて行ったのですが、マスターが相棒の小僧見て「おっ!歯を矯正し始めたのかい?去年は違ったよね?」と一言。
ママさんは「ウチの畑にカブトムシの幼虫沢山いるから採りに行こう!」って忙しいのに連れていってくれました。
昨年、虫採りに来たというのをしっかりと覚えていただいていた様です。
驚くべき記憶力にビックリ!
人の顔を一度で覚えるのは商売人の基本中の基本とはよく聞きますが、ここまでスゴいとは・・・。
相棒親子も大満足で「おふくろ」を後にしました。

そういえば、小樽の市場のオヤジも数年に一回しか行かないのに自分の事完璧に覚えていたなぁ・・・。
商売ってえのはこうでなければダメなんでしょうね。
つ~事で、自分には商才は全くないというのがわかった次第であります・・・。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/26(火) 19:50:37|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

樹木の伸びは早いです

先週の金曜日の「スポーツ呆痴」によると柏レイソル 東京Ⅴからディエゴ獲得への記事が!
飛ばし記事かもしんないすが、関連会社が書いているんだから信憑性のある話かな?と思うといてもたっても・・・。
ディエゴ売った金で三浦アツ獲得!となれば話のつじつまも合うし。

20070625222855.jpg


2年ほど前に高圧線の張替え工事の関係かな?
いきなり誕生した三橋の新撮影地ですが、訪れてみたら早くも樹木が育ちつつありました。
だんだんとキツいフレームしか撮れなくなってきてます。
国道側の超定番もあと数年後には撮影不可能になってしまうだろうし・・・。
撮影禁止のスノーシェッド上に登る鉄多数になるんでしょうね。
県道側からシェッドの上を見ると とんでもない状態なんですけどね。
小さな落石や雪崩くらっても只見川直行になりそうです・・・・。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/25(月) 22:33:50|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

初夏の一橋

422Dから気合入れて一橋俯瞰へ。
本当は423D・424Dまで寝ている予定だったのですが、仮眠を取った「三島宿」は夜明けに到着してみるとなんと建物入り口の屋根の下にテントが数張り・・・。
関東ナンバーの初老の集団だったのですが、夜明けと同時に大声で話し出したおかげでたたき起こされました。
他にも仮眠を取っている車もいたのですが、迷惑な話です。
特にご婦人方のおしゃべりのうるさい事!!!

まあ、おかげで422Dから撮れたからなぁ・・・。

20070624182330.jpg


撮影場所へ登ってみると先客がいたのでご挨拶。
「おはようございます」
「・・・・・」
「川霧出ているかと思って登ってきたけどダメすね」
「・・・・・・・・・」
何話かけてもシカトです。
なんか怪訝な顔されるし・・・。
先ほどの騒音軍団と同じくらいの年齢の方でしたが、自分はこの世代がどうも苦手です・・・。
蒸機イベントの時に多い世代ですが、挨拶をしても無視される事が多いですし、マナー違反が多いのもこの世代すね。

がむしゃらに仕事一筋に生きてきた世代で世間ずれしているのかな?
思えば、DQNな若者って親がこの世代な訳で、なんか納得してしまったりして・・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/24(日) 18:30:30|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

DE連結 -C62ニセコ-

今日のニュースを見ていたら修学旅行で男子生徒と「どの女子が好きか?」って話した教師が処分を受けたとか・・・。
詳しい状況はわからないですけど、フツーに冗談で話したのなら別にいいのではないかと・・・・。
自分なんかウチの小僧にいつも聞いてるし。
本当に言葉選ばないととんでもない事になる世の中になってきましたね。


20070622195650.jpg


写真は小樽築港で夜間回送用にDEを連結するシーンです。
「夜タノ」はできたものの、お顔はいつもクラの中なので、整備が終わりちょっとだけ動かし、すぐにDEが連結されるこの数秒間のみがお顔を撮れる時間でした。
欲を言えばキリがないですが、一度でいいから前からしっかりした写真を撮ってみたかったです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/22(金) 20:01:55|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あじさい咲く駅  -小湊鉄道-

今回の久留里線・小湊鉄道の鉄では、踏切や勾配票などの「鉄道小物」を入れてみようと思いました。
今までそういった物を意識して入れて撮った事がなかったもので。

20070621212917.jpg


反対側の廃ホーム上にあじさいが咲いているものの、どうにもうまくまとめられなかった事もあり、ひねったつもりだったのですが、やっぱヘンな写真すね・・・。 orz

ところでこの月崎駅までは久留里駅から山越えをしてきたのですが、途中に作りかけ?放置??のゴルフ場開発地らしき場所がありました。
それでなくても小湊鉄道沿線はうんざりするほどのゴルフ場の乱立。
「山が泣いている」って表現が実にハマッてしまう悲惨な光景です。

自分はゴルフもスキーもやりません。
全くやった事がない訳ではないし、興味がない訳でもありません。
それらの趣味をもつ方々にも何ら不満はありません。
過疎地に人を呼び、金を落としてもらう為に必要とされて作られたのだし。
ただ、大自然を満喫しながらなんてコピーは使われるとちょっと・・・・。
こんなすばらしい大自然の山々をざっくりと切って人工物こさえておいてそれはないかな?と思ったりもします。

小湊鉄道沿線へ出かけるといつもそんな事を思ったりもします・・・。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/21(木) 21:40:25|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柏0-1鹿島

あと10秒頑張れたら・・・・・。
失点と同時の敗戦は実にショックでした。
今季日立台で初黒星&リーグ戦初失点です・・・・。

今回はなんと「酒の師匠」を招いての御前試合だっただけに、もうちょっと別の展開になってほしかったのですが・・・。
フランサが徹底したマークを受けながらも少しずつ「マジック」が出始めた矢先の退場・・・。
前半40分からは何ともツライ展開になってしまいました・・・。

あと2試合終われば一ヶ月の休戦。
ノブリンの地獄の合宿が待っています。
そこで何とか立て直してもらいたいです。
まだまだこれからっす!!



テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/20(水) 21:18:57|
  2. 太陽王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

栗の花をかすめて -小湊鉄道-

会津では桐の花、藤の花が咲き乱れていたというのに結局行く事ができませんでした。
こちらで「初夏の花」というと紫陽花とか栗ですかね?
栗の花はまあ・・何と言うか「あのニオイ」にも似ている訳で、男性には萎え萎えのニオイでもあります。
ただし、そのニオイは伝説となった某氏の「ジャスミンの香り」よりもキョーレツなので、姿は見えずとも存在がわかるほどですね。

20070619192155.jpg


車体が栗の花をかすめていく。
地方私鉄ならではの光景ではないかと・・・。
JRだとローカルでもそれなりに剪定されてますからね。
窓開けてると花が入ってきそうですね。
触ったりしたらニオイが・・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/19(火) 19:24:24|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

鉄橋を渡る  -久留里線-

昨年の秋に来た時は久留里から先の山間部を攻めたので、今回は木更津-久留里間で撮る事に。
ただ、この区間は米坂線の米沢-今泉みたいに水田の中をのんびり走るだけで景色に変化がないんですよね。
ウデのある方ならそれなりに処理して素晴らしい作品を作り上げる事ができるのでしょうけど、残念ながら自分にはそれが出来ない・・・。

久留里線は小櫃川に沿う様に走る訳ですが、この小櫃川流域は「ヒラタクワガタ」の産地でもあります。
昼行性で川沿いのヤナギの木を好む虫なので、そちらのウォッチングも兼ねて鉄橋で撮る事にしました。

20070618202823.jpg


やはりJR沿線だと民鉄と比較して民家や沿線道路の車の数も比較できないほど多く、のんびり感は薄れますが、それでも写真に収めてみると中々まったりしているもんですね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/18(月) 20:30:40|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏空がやってきた -久留里線-

昨日の阪神の快勝?に気分よくして本日は房総へ。
久留里・小湊・いすみと半島内陸部の鉄道狙いで出かけました。
どこへ行くか決めて行かなかったのですが、結局は久留里線と小湊鉄道を撮影してきました。
いすみ鉄道も「行かねば」と思うのですが・・・・。
レールバスが大嫌いという自分の心にはウソはつけず・・・。
もうじき廃止にむけての協議も入りますから、葬式鉄が湧き出す前に行かないともうチャンスは無くなってしまうんですけどね。

梅雨入り前というのに、空はすっかり真夏の景色になってました。

20070617221920.jpg


夕刻、道路は上り方面は上も下も大渋滞の情報も入ったので、時間稼ぎに長柄町の「アウトレットモール」へ寄り道してみました。
2年くらい前にオープン。当初は沿線道路が数Kmにおよぶ大渋滞となるほどの盛況ぶりでしたので、少し落ち着いたかな?と思い。
高速出口からもそこそこ距離があり、これといった観光施設もない場所でどれだけの集客があるのかも興味がありました。
「房総ローカル線の未来」も少なからず答えがあるのかな?とも思ったし。
が・・・・・。 唖然・・・・。
広大な駐車場はガラガラ。お客もほとんどいない・・・・。
なんと、半分近くが空き店舗。
入店している店舗も他のアウトレットで見られる様な店はなし。
「1000円ショップ」とか「ラジコンサーキット場」なんかしか・・・。
ガラガラのアウトレット内を子供向けの豆汽車が走ってましたが、油切れなのか「キーキー」音立てているし・・・。

おそらく来年あたりには閉鎖→廃墟と化しそうです。
房総山間部の未来は・・・・・・・・・。

やっぱいすみ鉄道早めに行っておくかな??


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/17(日) 22:30:25|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ロッテ7-11阪神

降雨確率が一時は60%だったのが、あれよあれよと好転して超バリ晴れ。
連敗で迎えたロッテ戦だけに「雨で中止でも」なんて気持ちもあったのですが・・・。
中止ならば等々力に行ってレイソル応援しようかと思ってたし。

不安な気持ちが的中、HRでしか点が取れない・・・。

20070617220039.jpg
初回 林先制HR

先発の福原も2死走者なしから失点を繰り返し、気がつけば8回を終わって2-7。
「泣き面に蜂」で京葉線が事故で運転見合わせ、帰りは幕張本郷を利用する旨の放送も・・・。つーか、もうじき終わりだからとでも思っていたんですかね?ウグイス嬢さん!!
「帰れないなら5点取り返すだけ」なんて冗談こいていたらば。
あれよあれよと大逆転!!!!!
いや~。スポーツというのは最後までわからんもんですね。

20070617220452.jpg
最後は球児!

何はともあれ、先日アニキにわざとぶつけた藤田にもきっちり借りを返したし、おまけでYFK全て粉砕っていうのはたまらんかったです。
序盤やられにやられ、カウント2.9で跳ね返し、起死回生の延髄切りで形勢逆転!!っていう猪木の試合以上の出来栄えでしたね。

20070617220722.jpg


いや~!勝った!!勝った!!
今年は最下位でもいいので、時々こういう試合してくれれば納得する事にします。


テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/16(土) 21:55:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白煙のC62 -C62ニセコ-

昨日に続き、ヒグマのお話をもうちと・・・。
北海道で鉄していた時に知り合った地元のゾッキーの家に遊びに行った時の事ですが、「近くに面白い看板あんだよ。連れてってやる」って案内されたのがこの看板。

20070615204514.jpg


なんかやたらに迫力ある看板でした。
おみやげ用の「クマ注ステッカー」なんか比べ物にならないくらいの逸品ですね!
おそらく本当にクマの恐ろしさを知っている人が書いたんだろなぁ。
オーラ漂う看板でした。はい。


さて、本題。
今回の只見蒸機はあいにくの雨模様だった様です。
しかし、蒸機に関してはあながちついてないとも言えないんですよね。
雨により白煙となって、叙情的な風景を強調してくれる訳で・・・。
実際、自分自身が過去最高と思えるショットも台風直撃の時だったし。
重油ぶち込みで黒煙また黒煙だったC62ニセコですが、やはり雨の日は違った風景を見せてくれました。

20070615205111.jpg


写真は小樽まであとわずかの場所です。
勾配も大した事がないので、普段はさほどケムも期待できない場所かと思います。
んなものだから、雨の日の最後の一発はここで決める事が多かったですね。
真っ白のキレイな煙で申し分ないのですが、せっかくの旧客が写らないのはちょっと残念。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/15(金) 20:54:21|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めてヒグマを見た場所  -C62ニセコ-

北斗星で渡道→長万部から山線に乗り、ロケハンして目を付けていた場所です。
途中で倶知安からニセコへ走行区間が延長になり、みんなこの区間の新規開拓に燃えていた頃です。

20070614215333.jpg


この撮影場所へ向かう為、線路脇の犬走りを歩いていたところ線路上に黒い毛皮を着たワ○ンゴさん鉄らしき影が。
「こんちは~!」って声かけたらびっくりして写真左側の山へ走って行ってしまいました。
「???」と思っていたら右側からざわざわと数名の人の話声が。
猟銃持ったおじさん達が数名現れました。
「今、線路の上にクマいたべ?」って言われて初めて先ほどの物体がクマであった事に気がつきました!
「あぶねえから気をつけなよ」といいながらクマが逃げ去った方向へ行ってしまいましたが、あぶないって言われたってどうすりゃいいのか・・・。
写欲には勝てず、結局ここで撮りましたが、鉄は自分一人。
構えている間にも後ろにクマがいるのでは?と思い、意味も無く360度くるくる回ってました。

今、冷静に考えればこんな場所を一人占めしてシロクニ撮れたなんて夢みたいな話でしたね。


しかし阪神・・・・・・。もうどうすりゃいいのさ・・・・。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/14(木) 22:00:50|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

日本一返り咲き? -国鉄高森線-

高千穂鉄道が台風による被害で廃止はまぬがれない状況になってますね。
日本一の高さの高千穂橋梁の区間だけは観光鉄道として残存させようという動きもある様ですが、どうなんでしょうね・・・。
もしここが廃止になったら第二位が繰り上がる訳で、んじゃそれは何処?って事になりますが、南阿蘇鉄道(旧国鉄高森線)の「第一白川橋梁」がそうです。
元々、高千穂橋梁が出来るまで日本一の高さだっただけに、返り咲きになりますね。

20070612205653.jpg


当時は立野の駅から10分かからない程度のお気軽場所だったのですが、ネットでググってみると現在はこの場所にたどりつけない様です。
樹木が伸びてしまったのでしょうか?
この時はこの列車が立野に着き、折り返し高森行になったので、撮影後にあわてて立野駅に戻った記憶があります。

「ただ乗り潰すだけでなく、必ずどこかで撮り鉄する」という原則をこの時は少なくとも守っていた様です。
こんなに無駄に時間使ってよく国鉄全線完乗できたものだと今さら感心。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/12(火) 21:03:32|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

砂丘を行く鉄道 -香椎線-

今日、通勤帰りの車の中でFMを聞いていたら、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」が流れました。
この曲ってものすごく思い出があるので、感激しながら聞いてしまいました。

中学の修学旅行の時なのですが、3日間お世話になったバスガイドさんが超新人。
まだ実務についたばかりとの事でした。
そんな状態ですから、中坊相手のガイドは場慣れの意味もあったのでしょうね。
そのガイドさん。最終日にもうじき京都駅に着くといった時に急にベソかきはじめてしまいました。
「3日間、つたないガイドで申し訳なかった・・・。おわびに唄を歌ってみなさんとお別れしたい」って歌ってくれたのがこの曲でした。
男子はともかく女子はみんなもらい泣き。でも野郎も涙こらえているの沢山いたなぁ・・・。
最後の最後でとてつもない思い出をいただきました。
それから30年もの月日が流れましたが、この曲聞く度にいまでもあの時の事が鮮明に蘇ってきます。
若い頃、両親が「懐メロ」聞いてしんみりしてましたが、自分もそういう齢になっちまったんですね・・・。

という事で「C62ニセコ」はお休み。
昔の写真でも語る事にします。

20070611223448.jpg


香椎線の「海の中道」付近です。
砂丘というよりは「砂州」なのですが、当時は「砂丘の列車」として有名な撮影地でした。
夏に行った写真なので、さほど砂がありませんが、北風の入り込む冬はこの数倍の砂で線路が埋まり、悩みのタネだったそうです。
今では立派な防風林と壁ができてこの様な風景は無くなってしまったそうですが・・・。

それにつけてもこの当時のDCってエンジンの吸気口に防砂フィルターとかかましていたのですかね?


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/11(月) 22:41:10|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

C62と鉄橋  -C62ニセコ-

阪神は今日もなんとか勝ちました。
ホントになんとかって感じが続くので見ていても疲れるばかりですね。
それはさておき「交流戦」。飽きました。
来年からは12試合でいいです。もう。
ホームゲームは隔年で持ち回りって事で。
どうせなら「半島」のチームと交流戦とかの方が燃えるというか・・・。

20070610193739.jpg


「C62ニセコ」の走行区間であった小樽⇔ニセコ間って意外と様になる鉄橋が少なかった気がします。
ぽつぽつとはあるのですが、いずれも煙が期待できない様な所が多かったですね。
運行末期になるとお立ち台も撮り尽くした感があり、そういう他人が撮ってない様な場所を探す様になりました。
写真の鉄橋は最後の最後で見つけた場所です。
確か自分が最後に撮った「C62ニセコ」かと思います。
反逆光の非情に苦しい場所でした。
左側に「ハエたたき」も残ってたのですが、うまく撮れなかったし。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/10(日) 19:44:57|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鉄のいない場所 -C62ニセコ-

今日は色々な球技をTV観戦の一日でしたが・・・・。
レイソル:負けなくてよかった・・・。
阪神:何も言う事ないっす・・・・。
さらにJAPANラグビー。もう・・・ね。何と言うか・・・。
試合になったのは前半25分まで。後は相手チームが縦横無尽。
こんな同じ展開をもう30年近くも見続けている訳で。
体力も体格も技術もこの30年で格段に上がりはしましたが、それ以上に強豪国は強くなる一方です。
今度のW杯も見る前から想像がつきそうです。

20070609215905.jpg


大爆煙&爆走で楽しませてくれた「C62ニセコ」。
実際は客車5両なんて「へのかっぱ」で、お立ち台以外は急勾配でも写真の通りでした。
この場所、国道沿いでメロンを売っていたオヤジさんが「この先行くと列車が今にも止まりそうなくらいの急坂があるんだよ。俺が若い頃はいつもそこで飛び降りて家まで帰っていた。だって駅からだとすごい距離あるからね」って教えてくれました。
その言葉を信じる事に。しかし、飛び降りて帰るって・・・。
本当にかなり苦しそうに上がってきましたが、ケムはというと大した事がない。
煙を期待するにはそれなりの鉄の数がいなければダメでしたね。

そんなオヤジさんも翌年訪れてみると他界されたとの事。
フェリーで行ったので、おみやげにリンゴとジャガイモを数箱購入して帰りましたが、大洗港で再び車に乗ると車内はリンゴの香りでいっぱい。
そのニオイがせつなさを誘いましたね・・・。  


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/09(土) 22:11:27|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜も興奮 -C62ニセコ-

復活当初は存在した小樽築港のターンテーブルもラウンドハウスも消滅・・・。
残念でたまりませんでしたが、そのかわり深夜に苗穂まで回送で方転という状況が発生しました。
その為、DEに連結するまでの間に整備を行わねばならなくなった為、なんと夜の撮影も可能になりました。

昼間はとんでもない人出の割には夜は比較的静かで20人くらいの鉄がいるだけ。
知らなかったのか翌日の場所取りでポイントに車ごと停泊していたのかはナゾですが、とにかく鉄は少なかったです。

20070608200307.jpg


今では夜間撮影は「バルブ」って言いますが、オヤジ世代は「夜タノ」って言ってましたね。
どういう意味だかわからず使ってましたが、「夜も楽しい」って意味かな?
たしかに築港は夜も楽しかったっす!!

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/08(金) 20:05:34|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

倶知安まであとわずか -C62ニセコ-

ここんとこ鉄といったら「ゆいレール」しか撮ってなくて完全にネタ切れなので再び「C62ニセコ」の思い出でも語る事にします。
つーか、一度思い出したら止まらない部分もありまして・・・。
開けてはいけない封印していた心の扉開けてしまいました。

「HM付とかハコが12系だとか文句言う人多いけど保存蒸機って割り切って考えればなんて事ない」って常日ごろ思う様にしていたし、「ばん物」だって回数も重ねました。
でもね・・・。
やっぱ自分の心ごまかしていただけなんですよね。
オリエント急行の車掌ダニエルが来日した時、「何で日本は機関車だけが保存対象なんだ?客車に価値はないのか?」とガッカリしたそうですが正にその通り!

こんなにも完璧なものを見せつけられてしまった人々は自分と同じ様に心のどこかにわだかまりを残したまま撮影しているのでは?

当時は「蒸機は絶対にモノクロ」と決めてほとんどカラーで撮ってませんでした。
画面に訴えてくるものが断然違うと思っていたし、今でもそう思います。

でも、今はデジでカラーオンリー・・・・。
やっぱあの時の情熱は戻ってきてないのかな?と思います。
今年は休車状態のF100復活させてモノクロも撮ろうかな?


20070607204623.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/07(木) 20:43:10|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天然記念物の宝庫 ヤンバル -沖縄本島-

沖縄滞在2日目は団体行動から開放され、フリーに。
レンタカー借りて本島北部のヤンバル地方を目指しました。

今回の足となったのは「ダイハツタント」

20070607194605.jpg


林道攻めをしたり、狭い海沿いの道を探検したりに便利だし、ガソリン代・高速代も安いしもってこいの車でした。
36時間借りて8000円というのもリーズナブルでした。
今はこんな車でもHDDナビ&ETC付です!!
前の客がHDDに残していったCDもたっぷり。便利になりましたね。

はやる心を抑えつつ、ヤンバルへ到着。
早速、リュウキュウノコギリorリュウキュウヒラタ狙いでみかん畑に許可を取って突入!
が・・・・・。何もいない・・・・・・。 orz
樹液も出てませんでした。
農家の方からも「まだ早いね。あと一ヶ月だね」と言われる始末。
「この時期はクワガタよりハブの方が多いよ」ってコワい話も。

ならば材割でリュウキュウコクワかルイスツノヒョウタンを探しましたが、材自体がやたらフカフカか硬いかの両極端なものばかりで割っても割っても姿は見えず・・・・。
でも、材の下からイボイモリ発見!!デカい!!

あせりながらも次々と林道アタックしていたらば下の写真の様な看板発見!!

20070607195408.jpg


そうです!
ヤンバルは天然記念物のヤンバルテナガコガネの産地なんですよね。
近年になって発見された日本最大のカブトムシというか甲虫です。
ヤンバルクイナも発見されてまだ20年程度ですし、ヤンバルの森は奥が深そうです。

続いて下の様な看板も発見。

20070607195946.jpg


う~ん・・・。
こうなったら「ヤンバルクイナもぜひ見たい」と思っていたらばいきなり目の前に現れました。
驚いてあっというまに森の中に逃げて行ってしまいましたが、とてもキレイな鳥でした。

ハァハァ状態になってきたものの、腹も減ったので一旦人里へ。
「ソーキそばはなるべく田舎で食べた方が肉がデカいよ」って聞いていた通り、本当にデカかったです。

20070607200237.jpg


腹も一杯になりパイナップル畑でひと寝入りしていたら、だんだんと空が真っ暗に・・・。

20070607200441.jpg


一度機嫌が悪くなった空は二度と回復する事がなく、深夜まで雷を伴った大雨に・・・。
メインの灯下採集を諦めて泣く泣く宿に戻りましたが、満足の一日でした。
その他にも巨大陸カニ・陸ヤドカリも見れたし、生き物ずきな自分にとってこんな幸せな一日はありませんでしたね。

ところで・・・。
ヤンバルクイナですが、本島の都会で飼われたネコを捨てる人が後を絶たず、激減の一途だそうです。
北部の一番幅の狭い所を横断するR331の北側がずっとフェンスで囲われていたので「???」と思っていたのですが、これは「万里の長城作戦」といって捨て猫やマングースがこれ以上北上しない為のものと帰ってきてから知りました。
なんとかあのキレイな鳥が生き残ってくれる事を祈るばかりです。

  1. 2007/06/06(水) 20:12:42|
  2. ちょいと気になった風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

県都を走る -ゆいレール-

沖縄県はゆいレール以外は鉄道まったく無しです。
今度いつ行けるかもわからないので、ぜひゆいレールはカメラに収めておきたかったのですが、最終日以外はチャンスがないと思ってました。
ただ、予報が初日が曇り、2日目曇りのち雨・3日目曇り時々雨と撮るならかろうじて初日なので、記念に撮れる程度だと思ってました。
しかし、予報はいい方にはずれて3日ともバリ晴れ。
しかも初日お昼に到着して向かった昼食の場所の前はゆいレールが走っているではありませんか!!
しかもしかも川沿いを走る「お立ち台」の真ん前!!
オリオンビールで飯ごと流しこんでさっさと撮影に出かけました。

20070604204609.jpg

20070604204626.jpg


初日の夜には一区間ながらお試し乗車もできて言う事無しでした!!

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/04(月) 20:48:19|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最北端辺戸岬にて -沖縄本島-

20070604203638.jpg

20070604203659.jpg

20070604203720.jpg

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/04(月) 20:38:13|
  2. ちょいと気になった風景
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

日本最南端の鉄道 -ゆいレール-

1日から本日3日まで、沖縄へ行ってまいりました。
いわゆる「社内旅行」ってヤツです。
初日だけ団体行動で2・3日目はフリーなので、十分に堪能させてもらってきました。

そんな合間に一応ですが「日本最南端」の鉄道を撮ってきました。
10分感覚で同じ車両ばかり来るので、すぐにそれなりの枚数が撮れるのがいいですね。
初日の昼食に立ち寄った場所が壺川駅前。
昼飯をさっさとすまし、バスの発車時間までに数本撮り、最終日の今日は空港で2本ほど鉄してきました。

20070603203522.jpg


被写体自体は悪くないのだけど、なんか鉄分が足りなかったというか・・・。
2本のレールがある場所がやっぱりいいですね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/03(日) 20:36:37|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大宜味村の海 -沖縄本島-

20070603202702.jpg

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/03(日) 20:27:31|
  2. ちょいと気になった風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター