鉄たまの外道なお話部屋   

最北のキハ22

昨日UPした写真で想い出したのが、北海道の貨物列車は当時から車掌車無し。
今の「おてもやん」よりは情緒あるテールサインを最後尾の貨車の片側にぶら下げてました。
それはそれでよくもあったのですが、やはり車掌車見慣れてますからなんかカッコ悪い。
まさかそれが全国標準になっちゃうとは思いもしませんでしたが・・・・・。

20090131083140.jpg

抜海-南稚内を行く「自分が撮影した中では日本最北のキハ22」。
駅鉄は稚内で撮ってますが、走行はこれが最北かな?
晴れていれば左側に利尻岳がドーンとかまえているのですが、ご覧の通りの天気・・・。
下の道から道なき道をラッセル&直登していたら警笛が聞こえてあわてて撮った写真です。
ケーブルと電柱がなんとも鬱陶しいですが、海バックが優先って事で。
ひょっとしたら日本海も自分が撮った写真では最北かな?
礼文島も行ってるのでそちらで撮ったのとどちらが北なんだろ???

それにしても全く鉄に行く気が・・・。
こんなカビが生えた写真ばかりUPしてないで新しい写真もUPしたいのですが、気力が無いです・・・。
雪レってこれほどまでに自分の心の支えだったのかと・・・。
とりあえずどこかへ出かけてくるかな。って窓の外見たら雨・・・・(泣)


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/31(土) 08:39:26|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さいはての貨物列車

明日は全国的に雨・・・・・・・。
もうENRの大活躍でただでさえ雪レの出番が無いのに・・・・。
週末も家で地蔵確定かな???
宗谷本線にでも気軽に行ければいいのですが、ヒマはなんとか作る(休み取れるかな?)としても金が無い。
「天下無敵の無一文」ではありますが、無敵なだけで金が無い・・・。

宗谷本線と言えば自分にとって思い出深い路線でもあります。
大好きだった興浜北線へ毎年導いてもらった路線。
三浦綾子先生作の「塩狩峠」に感銘を受けて訪れた路線。
何よりその塩狩駅でカミさんと運命の出会いを演出してくれた路線。
自分の人生においても頭の上がらない路線でもあります。
風の「北国列車」の舞台も南稚内駅と自分的には信じて疑わないし・・・。
HOゲージで「急行 宗谷」用のキハ400でしたっけ?アレまで自作しちゃいました。

そしてその宗谷本線で絶対一度訪れてみたかったのが真冬の「抜海-南稚内」。
仲間からは「凍死確実だな」と心配されましたが、行ってしまいました。
「急行 利尻」で夜明けの南稚内へ到着。
たどりついてみたものの、雪景色で利尻岳は全く見えない・・・。つーか視界不良・・・。
とりあえず、丘の上までラッセルして直登してみました。

20090130195733.jpg

日本とは思えない景色に感動していたら、ほどなく下りの貨物列車が通過。
あいにくケツ撃ちですが、これが自分にとって最初で最後の日本最北の貨物列車の写真です。
牽引機はDD51ではなく、DE10だかDE15でした。

いつかもう一度この地に立とう!と思いつつ、結局行ってません・・・。
自分にとって果てしなく遠い地です。






テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/30(金) 20:02:13|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

激闘終えて・・・

鉄に全く出撃していないので「今日はどの写真を・・」って発掘する毎日・・・。
雪レ走らないかなぁ・・・。
ネタものとかの話聞いても心が動かない日々です。本当に寂しい日々・・・。
こうなったら夜中走っている線区でも、暗くて撮れなくてもその姿だけでも!なんて悶々としはじめてます。

20090129201616.jpg

DE15が会津若松から激闘を終えて只見へ到着。
この晩だけで40cmも積もる大雪の夜でした。
到着したのもつかの間、1番線を小出からやってくるDD15に開けてやるのと、2番線の除雪作業。
こんなに雪まみれなのに休むヒマもありません・・・。ご苦労様。

棒とか標識が車体をさえぎっちゃった写真って個人的には「失敗」と思っており、この写真もお蔵入りさせるつもりでしたが、写真発掘していてあまりに雪まみれなんでUPする事にしました。
DE15のこんな姿ももう見る事ができないのでしょうか?

この日はこの後、只見線は大雪の為、一番列車から全線で不通に。
「ラッセルも若松まで帰れる見通しがない」と駅員さんに言われて撮影中止してとりあえず川口へ。
川口で確認したところ、11時すぎにやっと只見を発車できるとの事でした。
ところが川口で再び立ち往生・・・・。
DE15が頑張りに頑張った07年の大晦日でした。
ちなみに道路も除雪業者が休みなのか、大雪で追いつかないのかR252は只見→川口全区間未除雪・・・。
道路片側だけについた轍を踏みしめ、対向車がくるとお互いラッセル。
「おふくろ」に寄ったら休みだったのですが、雑煮とおにぎりご馳走してもらえました。
「帰れなくなる前にさっさと帰りなさい」と忠告を受け、まだお昼だというのに奥会津を後にしました。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/29(木) 20:32:05|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キ100快走!

キ100撮影初日は時々雪の降る鉛色の空、翌日は快晴と2つの条件で撮れました。
初日撮った時はまさか翌日も来るとは思わず、「せっかく会えたのにこの天気」とちょいと残念な気分でもありましたが、結果的にはよかったです。
鉛色の空は雪国の象徴でもあるし。

20090128184934.jpg

雪原の中を快走するキ100+デキ。
サイドビューも両方ともカッコいいですね。後ろに重機が写ってしまったのが残念だけど・・・。
スカスカのスポーク車輪がキ100は機関車でなく貨車というのもハッキリわかります。

それぞれもうアラ70(笑)。いつまで元気な姿を見せてくれるでしょうか?

  1. 2009/01/28(水) 18:52:38|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キ100がやってきた!

NHK「こんなステキにっぽんが」「雪の鉄路を走り続けて ~北海道 旭川・北見~」、スゴイ番組でした。
製作者が鉄オタ向けに作ったとしか思えない快心の一撃でしたね。

舞台は石北貨物のPPですが、いきなり案内人の石井正則に「北辺の機関車たち」の常紋越えの写真を持たせて北旭川の詰所を訪れさせるという、やらせとわかりつつも唸らせる演出。
だいたい「北辺の~」写真集ってとんでもないプレミアついちゃって入手困難だってえのにこんな芸人が持ってる訳ないし・・・。
ともあれ製作者のヤル気が早くも伝わってきましたね。
蒸機の写真持ってDLに乗りに行くってえのもなんか無理はあるけど、そんなの無視。

本務機「12開けたら空転するわ~11にするわ~」
補機「了解!こちらは8ノッチです」
本務機「もうちっと押してね」
なんて会話が臨場感たっぷり!空転しまくりのシーンではこちらまで力んじゃいました(笑)

現代版「ある機関助士」といってもいいくらいの名作。永久保存しま~す!!
この番組、絶対鉄オタ泣かそうと思って作ったとしか・・・・。


20090127201151.jpg

弘南鉄道キ100
昨年、初めて出会う事ができました。
強風で抑止をくらいまくり、大館に到着したのが12時・・・。
秋田内陸撮りに行こうと思ってましたが、この時間からじゃ日没も近いし、大鰐で停まっているだけでもいいから今日はキ100でも撮ろうと向かったところ・・・。
なんとデキがパンタを上げているではないですか!!んで見ているうちにスルスルとホームへ。
スジもわからないけど出るのは間違いなさそう!とあわてて車を発進させました。
とはいえどこで撮ったらいいのかわからない・・・。
色々探していたら踏切の音が!
考えてるヒマなどない!って雪原へ足を踏み入れたらズボッと頭だけ残して沈みました・・・。
カメラもレンズも雪だらけ・・・。あわてて水滴ふき取って身動き取れないまま撮影しました。

キ100ファーストショットの思い出です。
もう一回行ってみたいなぁ。


  1. 2009/01/27(火) 20:18:18|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒲生岳にお別れ?

我が家で所有している2台のうち、一号機がどうにも不調です。
平成5年式、15万kmオーバーなんで、まあいたしかたないんですが・・・。

♪オイラのポンコツ とうとうイカレちまった
 そりゃあヒドイ乗り方した事もあった
 だけどそんな時でもお前はしっかり・・・
 どうしたんだヘイヘイベイベー!

なんて唄の文句言ってる場合じゃないすが、今回の修理は30万円くらいかかると言われ、いよいよ引退しそうです。
本日、候補の試乗車が来ましたが、新しい車はいいですね~。何より運転しやすい。
さっき家のまわりをちょいと乗ってきましたが、FF車ってものすごく進化したなぁ~。
以前乗っていたEP71はタイトコーナーは力ずくでステア切ったもんすが・・・。ま、パワステついてなかったのもあるけど。
現在所有は2台ともミッドシップ4WD。コーナーだと前輪がグリップ、後輪がぐいぐい押してくるってヘビーな感触なんだけど、今のFFって実に軽快ですね。
この車に決めちゃおうかなぁ・・・。


只見線のDE15も昨年から不調に不調・・・・。
なんとかごまかして使ってきたと聞きました。
この写真撮った時も若松側はフランジャが機能していなかったみたいです・・・。

20090126201616.jpg

一仕事終えた朝、「東洋のマッターホルン」こと蒲生岳を眺めて若松に帰るなんて当たり前の光景も今年は見る事ができません。
少なくとも郡山で留守番している方は永遠のお別れになっちゃったかもしれないですね。


*本日、NHK教育で14:30から放映された「石北貨物」のドキュメント。
  いい出来ですね~!鉄オタも涙もんです。
  わざわざ雪景色の季節を選んでるのがニクいっす!!永久保存版っす!
  ハイビジョンで録画できた人がうらやましい・・・・。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/26(月) 20:20:05|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

一期一会「カレー味」

小牛田所属のDCが「カレー味」こと修学旅行色に塗り替えられて、デビュー戦は昨年2月の只見線「雪まつり号」。
そんなに長くは使わないとは聞いてましたが、小牛田に新型の「みのり」が配備。
押し出される様に昨年12月23日の運用をもって離脱。
多分、郡山で重機のディナーになっちゃったのではないかな?と思います。

20090125091747.jpg

もともとオリジナルが肌色の地に赤色のラインなんで、光線具合によっては区別がつかないこの塗装。
リバイバルカラーは光沢のある水性ペイントでごらんの通り塗られているのでまだいいのですが、現役時代のはフツーの油性ペンキの上、黄色と橙ですから退色が早く、ススで汚れてしまうとよくわからなくなってました。
この色だけの編成ならまだしも、上野に顔を出す時は「おが」「奥久慈」とかの定期列車に使用され、一般塗装の間にポツンと一両とか挟まっていただけなんで、写真撮っていても通過時に「ん?」って気がつく程度でした。
もう少し特徴のある塗り分けにしてもらいたかったなぁ。

結局、このリバイバルカラー撮れたのって只見でのデビュー戦の時だけ・・・。
一期一会となってしまいました。



ところで・・・。
昨日、デジカメのメモリやら何やら購入にアキバに行ったら偶然この店見つけました!

20090125092417.jpg

いつもメモリ買ってるお店のすぐ先でした。
萌え系が好きな会津の巨匠に教えたところ、すでに行った事あるとか・・・・。 m(_ _)m


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/25(日) 09:25:57|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

さよなら「カレー味」

いよいよ今年も恒例の「只見雪まつり」が迫ってきました。
今年の臨時列車は「こがね」が担当との事。
07年は「よねしろ」色、08年は「カレー味」こと「修学旅行色」が走りました。

この「カレー味」。今回のは色を塗り替えただけですが、ホンモノは補助椅子がついていたりと在来車とはちょっと違った内装の車両もありました。

20090124112002.jpg

昨年末に運用離脱、今頃は郡山で重機のエサになってしまっている事でしょう・・・。 (-人-)ナムナム…。


20090124112354.jpg

おまけで本当の修学旅行型の写真貼っておきます。
補助椅子出して座ってみたりしましたが、今イチ座り心地が・・・。
ヨソのBOXになってしまった友達同士が話しするのに利用してたのかな?
この椅子で全行程はちょっと・・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/24(土) 11:26:48|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

闇夜の白魔と闘う

只見線のラッセル。
若松口も小出口もいきなり走らなくなっちゃいました・・・・。
双方ともまだ配備はされてますから一縷の望みはあるとは思いますが・・・。

20090123194548.jpg

写真は昨年2月のもの。
会津川口の上井草橋で一発目を撮ったあと追いかけて大塩へ。
本名のスノーシェッドを抜けたあたりから雪は本降りに。
国道や人家から離れている大塩駅までたどりつけるか心配でしたが、こちらの車もラッセルしながらなんとか。

真っ暗な闇の中からDE15はゆっくりと姿をあらわしました。
この日は「只見雪まつり」の日。
まつりを楽しみに遅めの帰省をする方も結構いるとか。
会津若松からも臨時列車が出て、豪雪の郷はにぎやかになります。
降雪くらいで楽しみにしている人々の為にも列車を運休させる訳にはいかない!!
吹きつける白い悪魔と闘ってDE15は必死に二本のレールを守りました。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/23(金) 19:53:54|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポケットの中の相棒

ここ一ヶ月、本格的な鉄を全くしていない・・・。
当然、新しくUPできる写真もありません。どこかへ行かなきゃだな・・・。

昨年の今頃に購入したS510。
超コンパクトでズーム・VR機能付なんで重宝してます。
ふいに外出た時に限って「カメラ持っていれば・・・。」ってシーンが多くないですか?
ケータイのカメラで撮ってもうまく写らない事が多いし・・・・。

そんな訳でコンデジ購入に至りました。
今では近所へ買い物行くにもポケットの中に必ずあります。
電池も長持ちするし、1GBくらいのメモリー入れておけば腐るほど撮れるし。

20090122203301.jpg

いきなり出して撮っても相手に緊張感を与えないので、自然な表情で撮れるのもいいですね。
小さいと構えられているって恐怖感も少ないみたいです。
ポケットの中に突っ込みっぱなしなんで、ボディは早くも擦り傷だらけですが、それだけ楽しめているって事かな?

写真は年末に友人から「ハッスルのタダ券余っているけど行く?」って誘われて有明に行った時のものです。
この時はSDカード入れてくるの忘れちゃったのですが、内蔵メモリーもついているので大量に取らなければ大丈夫!
小さいながら頼りになる相棒です。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/22(木) 20:38:28|
  2. ○○な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寂しい冬

ENR-1000の登場により、JR東日本各地の除雪機関車が活動を停止してしまいました・・・。
年末に試運転へ出かけた時に乗務員の方から「とんでもなく雪降らないかぎりもう走らないよ」って言われてましたが、まさか本当とは・・・。
飯山線と大糸南線でかろうじてちびろくが走行してくれた様です。
噂だとENRの不調が原因とか・・・。
ただ、実戦を積んでいけばおのずとトラブルは減って行くでしょうね。
ENRでの作業は外部発注。
アクシデントの為に、保線用員を必要とする国鉄型除雪機関車をいつまで残しておくやら・・・。
雪どけの季節には各地で悲報があいつぐ事がない事を祈っています。

20090121214207.jpg

大糸南線用のちびろくDD16303。
除雪機関車の中では車齢が比較的若いですから、西日本が引き受けてくれて大糸北線で余生をすごしてくれたりしたら最高なんですが・・・・。

20090121214447.jpg

弘南のキ100&EDも超高齢・・・。
コイツに交代なんてのもないでしょうね。
キ100もハイモに世代交代なんてのならぜひお願いしたいなぁと一人妄想・・・。





テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/21(水) 21:48:32|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18きっぷの旅-さらば会津

満腹どころか腹が破裂しそうな状態で「かくだい食堂」を後に。
もちろんズボンのベルトとボタンは完全開放っす!!

20090120200835.jpg

会津若松の巨匠と涙のお別れをする頃には吹雪模様。
手を振る巨匠に一礼して電車へ乗り込みました。
今度の電車は4両編成だけど、これも満員・・・・。
車内外の温度差で窓は曇っていて景色も見えないので寝るか?と思ったけど満腹すぎて寝れない・・・。

やがて郡山に到着。
ここからは東北本線で南下するか水郡線に乗るかの選択肢がありました。
まずは東北本線の黒磯行をのぞいて見ると、またも2両・・・。
しかも超満員!しかもしかもロングシートの701系。
あきらめて次の電車待つ人の列もできているし、水郡線で帰る事にしました。

その間、駅構内を散策。
郡山工場へ入場中のデコイチに「もう一度手を合わせておくべ」とホーム先端に行ったら、今年は「お呼びでない」状態になっているラッセルが・・・。おそらく只見線若松口用のかと。

20090120201448.jpg

もうこのまま最期を迎えてしまうのかな・・・?
しんみりしながら東北本線のホームに来ると次発の黒磯行が入線してきました。
だけんど、また701系の2両・・・・・・。 orz

701.jpg

18きっぷなんて単に安く移動する為のきっぷとでも思わないとこんなの乗ってられないすね・・・。
そして水郡線ホームへ行くとこちらもE130型DCが入線してきました。
こちらも18きっぱーらしき人々でいっぱい・・・。
みんな一眼レフでバシバシ写真撮ってるので、仲間には加わらない事に。
なんか地元の人々は不思議そうにこの集団見つめてるし・・・・。
乗り鉄で重い一眼レフ持参ってのはスゴいすね。自分はコンデジのニコンS510っす。

20090120202021.jpg

ここで秘密兵器登場!!
「走ルンです」の椅子は硬いので、スポーツ観戦用の携帯座布団持参しました!!
おかげで快適までとは言わないですが、なんとかケツの痛みを抑えられたと思います。
ホントこの椅子勘弁してほしいす!プラスチックに座っているみたいな心地。
背ずりの上半分なんかまんまプラだし!!

20090120202307.jpg

阿武隈山地を縦断する区間に入ると再び雪景色。
数年前に撮影にきた磐城石川駅もご覧の通りでした。

車内は18きっぱーで満員。着座している80%くらいの人が水戸まで通しの乗客でした。
この時期は地元客にも迷惑かけちゃいますね~。ごめんなさい。

20090120202535.jpg

常陸大子あたりから車内はダレた空気蔓延・・・。
タメ息をつく人、「ケツ痛て~」なんていいながら立ち上がって伸びをする人。
座布団のありがたみをつくづく感じずには・・・。

やっとの思いで水戸へ到着。
上野行はまだ時間あるので、勝田まで行って始発に乗る事に。
ホーム脇の電留線にはジョイフルトレインの「ゆう」が。
コレってまともに撮った事ないけど、中々カッコいいですね。今度撮ろうっと!!

20090120202929.jpg

いい加減ダレてきたので、最後はグリーン奮発しました。
でも「18きっぷ」はサッカー見に行くとか撮影に行くとか目的地があって安く行く為にガマンして乗るのならともかく、「乗り鉄」を楽しむ為とかにはもう使いたくないですね。
楽しい列車なんてJR東日本・東海には無い気がします。
短編成・ロングシート。硬い椅子だけどそれすら座れない・・・・。もう散々・・・・。

20年前の様に、ローカルは旧型客車の長距離鈍行が走っていて、特急退避なんかのバカ停の時も静寂につつまれてとかの旅情は全くないですね。
バカ停なんかもその先に貨物取り扱い駅があると先行の貨物列車優先。
貨物列車が入れ替え終了するまで手前のなんにもない駅で30分停車なんていくらでもあったし。
貨物も客車も無くなり、無機質な電車やディーゼルカーしか乗れなくなったし。

「乗り鉄」を楽しむのは「大人の休日倶楽部」入れてからにします。

ところで・・・・。
猪苗代を出てから帰宅して寝るまで、呑まず食わずでした・・・・。
幸い、体重には変化ありませんでした(笑)




テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/20(火) 20:43:16|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

18きっぷの旅-地獄めぐり??

田島へ到着すると接続の会津鉄道のDCはなんとAT-500(野口親子号)の単行。
AT-500って事はトイレ無しじゃん!!なんでAT-550を使わないのか・・・。

しかもAMEX運休の影響で電車も混んでたのに・・・。
なんてぼやきながら急いで乗り込んだら、6050からの客はほとんどが改札に吸い込まれて乗ってこない・・・。
ほぼ満席で立ち客無しの状態で発車しました。

20090119201331.jpg

イヤな予感がしたので、田島到着寸前にトイレに行っておいたのですが、会津下郷あたりで早くも下半身がうずうず・・・。まだ若松まで1時間もあるのに(汗)
気をまぎらわす為に車窓でも楽しむ事に。

20090119201555.jpg

いつも撮り鉄している「大川第三橋梁」も車窓から見るとこんな感じなんですね。
ここからは新線区間。「山さ行がねが」で旧線区間を探検してますね。

つーか、どんどん緊急事態に!!
悶絶している間に「芦の牧温泉駅」へ到着。
車内はネコ車掌の「バス」の話題がそこかしこから聞こえてきました。
が・・・・。わたしゃ苦悶で気絶寸前。
窓の外にはビンゴで「あいづっこ宣言」の看板があるし。
三、がまんをします
はいはいわかりましたがな!

20090119202000.jpg

でもさ、コレって「会津什の掟」のパクリやん!!
ここいらからは本当に記憶ないっす!!観光列車にトイレ無しは反則だって!

20090119202329.jpg

下半身もぞもぞして青い顔しているオッサンを乗せた列車は無事?若松へ。
運休だったAMEXも午後の便は無事復活してました。
なんて余裕で写真撮ってる場合じゃなくトイレ直行!!
したらば同じ思いの人が多かったらしくトイレ満員だし・・・・(泣)
並んでたら後ろからきたお兄さんが「大きい方は空いてますよね!ね!」って必死の形相で聞くんで「ええ」と答えたら、扉も閉めずに放水してました。

地獄を味わったと思ったら今度は別の地獄。
接続の郡山行はなんと2両で超満員!!

719.jpg

磐越西線の列車で立ったのって初めてでした。
発車時刻にはぎゅうぎゅう詰め・・・。連休最終日で都会へ帰る人が多く、デカいトランクが通路に沢山置いてあるし・・・。
自分は猪苗代までだったのでまだマシですが、郡山まで通しで乗る人がほとんどだったので大変だった事でしょう。
猪苗代でも乗車する人の列ができてましたから。
でもこの後「あいづライナー」が走る日だったから、各駅でもっと案内してあげてもよかった気も・・・。

猪苗代で会津若松の巨匠と合流。
お目当てのお店へ急行しました。駅前食堂の「かくだい食堂」です。

20090119203215.jpg

会津で一番うまいソースカツ丼を食わせる店として知る人ぞ知るお店です。
のれんも年代ものですね。何十年使ってんだろ?
巨匠はココの常連さん。店に入ったとたん世間話に。
「デコイチは走らねえのかい?」っておばちゃんに聞かれ「壊れちゃったよ・・・」って教えたらガッカリしてました。

20090119203521.jpg

「んで、兄ちゃん何食うだ?」と聞かれ、迷わず「ソースカツ丼!!」
盛りが多いのと、さきほどの電車の混み具合、トイレ問題とかが頭をよぎりビールは頼まない事に。
結果的にはコレがよかったかも?
調理場からカツ丼が出来上がってきたけど、なんか別の丼も乗ってる!
お店のおやっさんから「みそ汁がわりに飲んでいけ!」っておまけに出してくれたのは、な・南斗水鳥拳!!

20090119203853.jpg

チャーシュー麺のおまけ付・・・。
さすがは巨匠!と言いたいところですが、カツ丼だけでも普通の店の大盛りくらいあんのに・・・。
好意で出されたものを残す訳にもいかず、「あいづライナー」乗車を断念してもう一本遅らせて一時間ほどかけて、最後はお茶で流し込んで完食しました・・・・・。
いや~ほんとに地獄続き・・・・。

だが「本当の地獄はここからだ!」ってベジータかよ!
と言う事でそろそろお時間なんで、以下次号!!

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/19(月) 20:46:00|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

18きっぷの旅-夢の湯にて

夢の湯に到着し早速入浴。
ホームページに割引券があり、印刷していったので100円引きの400円でした。

20090118094052.jpg

朝から冷え込んでおり、温度差がありすぎて何回撮影してもこのありさま・・・。
(ΟдΟ∥)!!
浴室に入ってドア閉めて撮ればよかったのでは? ・・・・・・・・・・・・。orz

温度は43℃。湯の花の咲く透明なお湯です。
只見線沿線の激アツでにごりまくり、入ったとたん全身がピリピリするお湯もあるなど、いかにも「キクーッ」って温泉とは違い、実にやさしい温泉です。
ぬるめのお湯が好きな自分にはちょうどいい温度。
時間かけてまったりと入れます。
この日も40分ほど。他に人もいなかったので、浴槽の縁の洗い場に寝転がって溢れてくるお湯を床暖房がわりに休憩したりしてました。極楽!極楽!!

20090118094735.jpg

風呂をあがった後は休憩室でゴロリ。
行きに「AMEXは会津鉄道のダイヤ乱れで運休」という情報を仕入れていたので、11:20発の田島行までのんびりする事にしました。

20090118094931.jpg
「温泉心得」ふむふむ・・・。

まったりゴロゴロとして早めに駅へ行く事に。これで400円は安い!!
道すがらヘンな看板発見!!

20090118095147.jpg

「世界の~」に商品が続いてますから何でも揃ってるって事ですね。
南会津の山奥にこんなワールドワイドなお店があるとは・・・。
今度、車で来た時に探索してみよっと!!
ん?「みちのく店」って事は日本中いやさ世界中にお店あんのかな?

会津高原尾瀬口駅のロータリー前のお店で「旅の友」を購入!

20090118095415.jpg

地元、中荒井にある「開当男山酒造」の「純米 男山」。
「起きあがり小法師付」でした。この小法師、2年前にTVで「白虎隊」が放映されてから中々の売れ行きだとか。

「旅の友」は地元からも一本もってきてました。

20090118100019.jpg

「純米 聖泉」。千葉県君津市のお酒らしいです。
まだ呑んだ事ないんですが、急遽コレをエサに会津若松の友人を呼び出す事に!(笑)
ウチの近くのスーパーで売ってたんで、自分用は帰ってから買う事にしました。

20090118100236.jpg

さっそく開封!改札までの間、待合室でちびちびやる事に。
甘いお酒でした。個人的には甘いお酒は好きなんですが、ちょっと甘すぎかな??

10分ほどで改札開始!田島行の6050が滑り込んできました。「普通」って表示だから野岩・会津線内の列車ですかね?

20090118100537.jpg

先行のAMEXが運休なんで車内はカオス状態か?と思いきや意外と空いてる・・・・。
3連休の最終日だし、会津方面へ行く人はあまりいなかったのでしょう。
すれ違う列車はみなほぼ満席でしたから。

20090118100720.jpg

列車は会津田島までの雪原を快走!!
ちびちびと呑むにはいい景色でした。ただ、駅に着くたび「駅名票」を撮る為にお兄さんが走り回るので、それがちょいとうっとうしかったですけどね(笑)
ジャンルは違えど同じ趣味の人ですから、まあしょうがないかな?と・・・・。

という訳で「以下次号!」





テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/18(日) 10:12:04|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

18きっぷの旅-会津へ!

昨晩、スカパーで「ダカール・ラリー」の速報見たら・・・・。
「カルロス・サインツが谷底へ転落!無念のリタイヤ」って・・・・・・・・(泣)
TVに映し出されたサインツ先生の口からは「我々が最初に落ちなければみんな同じ運命だっただろう・・・。」ってしぼり出すのがやっと・・・。
無念の表情が痛々しかったです。年齢的なものあるし、来年がんばれ!とは言えないし。


浅草を回送扱いみたいな乗車率で発車した快速は次の北千住で大量に乗車。
ボックスが全て埋まる感じになりました。
ここからしばらくは複々線区間。内側の緩行線を走る電車を追い越しながら快走します。
春日部では降りた分だけ乗ってくるという感じ。
春日部駅もいい感じですね~!!昔の国鉄主要駅のムードがまんまんでした。
鉄道事業よりも駅ビル開発に気合入れているJR各社と違い、駅前は開けているのに駅舎の貧相な事・・・・。
元々、JRも民鉄からこの手法を教わったはずなんですが、東武は手付かずの感じですね・・・。

20090117094509.jpg

列車は朝日を浴びながら快調に北関東平野を走ります。
途中駅で地元の人が乗り降りするのも昔の客車列車みたいでイイッ!!
後ろのボックスでは栃木なまりのおばちゃん達の会話がはずみ、思わず聞き入ってしまいました。
残念ながらこの電車、椅子が豪華なんで昔の客車みたいに背ずりごしに反対側の人の動きとか喋る声が伝導してきたりしなかったですが・・・。

「下今市」で前2両の「日光行」とお別れ。新藤原では後ろ2両切り離し。
こんなのもたまらないですね。
3時間も乗車したのですが、全く飽きないって言うか楽しくて楽しくて。

鬼怒川温泉ではスキーやボード持った若者が大量に下車。
浅草からでも片道1500円で行けちゃうスキー場って若者には魅力でしょうね。
身軽になった列車は新藤原から野岩鉄道へ。
構内には立派なハイモが鎮座してました。

20090117094858.jpg

新藤原あたりからは急激に雪の量が増えてきました。
東武電車に乗って雪景色ってえのも慣れないせいかちょっと違和感がありましたが(笑)
東京を出て一本の列車で雪国へ行けるって本当に素晴らしいです。
かつての「急行佐渡」「急行ばんだい」を想い出しますね。
平成の世に定期列車でコレが味わえるっていうのも貴重な列車な気がします。
6050も車齢が気になりはじめましたが、「もう1mすら走れません・・・」ってな感じまで車両を遣う東武さんだから、もうちょっと頑張ってくれるかと・・・。

20090117095610.jpg

列車は「会津高原尾瀬口」駅へ。
こちらで途中下車。この旅の最初の目的地へ。
この駅で下車するのは国鉄時代に「会津滝の原」と名乗っていた時以来です。
あの時は駅前に何もなかったけど、今は立派なバスターミナルが出来てます。

20090117100101.jpg

雪に埋もれるターンテーブル。
国鉄会津線時代のものですね。
JRならば清算事業団がさっさと片付けてしまいますが・・・・。
会津若松にもターンテーブルがあるし、蒸機復活?と行きたい所ですが、会津鉄道は途中にダム建設の為、長大トンネルに切り替えられた別線があり、難しいでしょうね・・・。

20090117100348.jpg

駅を降りててくてくと国道へ。
その先に見えてきたのが目的地。

20090117100443.jpg

「夢の湯」。
只見線撮影後に立ち寄る事の多い温泉です。
いつもは車なので、鉄道利用で来るのは初めて。
「源泉かけ流し」をよほどアピールしたいのか、各看板はおろか建物内の廊下・浴室いたる所に。(笑)
到着したのが9:40。本当は10からですが、お願いしたら快く入れてもらえました。

さて、極楽にひたるかな?
以下次号。







テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/17(土) 10:09:44|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

18きっぷの旅-旅立ちの朝

年末に天皇杯を見に静岡のエコパへ。
色々やりくりしている間に、ちょうど5名で5回分使いきれるはずが1枚余ってしまい・・・・。

泣く泣く旅に出る事にしました。
なにせ首都圏脱出するには「走ルンです」の硬いロングシートは避けられない・・・。
運良くクロスシートに座れたところで4ドアじゃ旅の風情も無いって言うか・・・。

で、夜明け前にたどり着いたのがこの駅。

20090116202013.jpg


散々考えたあげく、往きは東武→野岩→会津と乗り継いで会津若松まで行く事にしました。
えっ?「18きっぷ関係ないじゃん!」って???
西若松からの帰りをJR使えば十分ですよ。どれだけ得したかを自慢する気もないし。
どれだけ満足して帰ってこれるかが大事。

まずは旅立ちの気分を高揚させる為にも「昭和」を感じさせる場所でないと・・・。
上野駅の地平ホームなんかもいいんだけど、近代化が進んで昔ほど情緒が無くなっちゃいました。
でもこの浅草駅は違います!!昭和にタイムスリップできます!!

20090116202338.jpg

どうです?この空気。
頭端式ホームが末端駅である事を証明してくれるし、ここまで完璧なレトロ始発駅って言ったら他には江ノ電の藤沢駅くらいじゃないかな?(笑)

20090116202532.jpg

編成を案内する看板なんかも「昔の駅」って感じで最高!
そしていよいよ列車が入線。
キィキィと車体をきしませながら、ゆっくりと入線してきました。
「なんだかオラわくわくしてきたぞ!」って孫 悟空かよ・・・・。

20090116202714.jpg

車内に入ると「昭和」そのもの!「ザ・急行型」ですね。

20090116202917.jpg

座席もいい感じ!
583系のボックスの間隔を縮めた感じです。

20090116203012.jpg

この6050型に初めて乗ったのは5700型のサヨナラ運転を撮りに行った時でした。
その時はこれほどの感動がなかったのですが、全国でまだまだ国鉄急行型が走ってましたからね。
もはやこの6050型も貴重な車両かと。

20090116203450.jpg窓が開くって素晴らしいよぉ・・・・

高鳴る胸の鼓動を抑えつつ、列車は浅草を発車!!
こんなに楽しい旅立ちになったのは久々だなぁ。「走ルンです」じゃ絶対に味わえないですね。

20090116203644.jpgさらば東京・・・

今回の荷物は「あかべぇバッグ」のみ。
会津に行くのにいかにもなバッグって後で考えると恥ずかしい気もしましたが、まあいいでしょう(汗)

20090116203256.jpg

興奮したままの自分を乗せたまま、列車は会津へ!
以下次号!



テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/16(金) 20:42:25|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

みんな待っている!

デコイチの思い出語ってばかりいると、多分このまま一年・・・・。
てな訳で一旦終わりにします。

不慮の事故で走れなくなってしまったデコイチ・・・。
今週の月曜に磐越西線で郡山に出てきた時、工場へ向かって思わず手を合わせてしまいました。
どこのクラにいるのかもわかりませんでしたが・・・。

でも、待っているのは鉄だけじゃないです。
会社の同僚の小さな息子も来月千葉へやってくるのを楽しみにしていたそうです。
他の保存蒸機を圧倒する巨大なボディ。
自分も子供の頃は「デコイチ」「シロクニ」がヒーローでした!

20090115200217.jpg

「一般の人から見ればどんなのでも汽車は汽車だからね」なんて鉄場所でよく聞きますが、今の一般の人って色々知ってますよ。
「JR北みたいにDL繋いでC11どこでも走らせてなんてのはインチキ」ってまで言われた事があります。
お父さんは鉄でも何でもないんだけど、ネットで情報がすぐ拾える世の中になったからでしょうね。
とんでもなくみんな詳しいです。

待っているのは子供たちだけではないです。
運行に関わる全ての人々が復活を心待ちにしているのではないでしょうか?

20090115200600.jpg

高崎駅新名物となりつつある「上州D51弁当」。
どうなっちゃうのかな???

20090115200954.jpg

修理代金が足りないって言うなら募金募ってくれれば少ないけど協力するし。
頼む!復活してくれデコイチ!!

みんな君の帰りを待っている!!
あの咆哮を再び!!

20090115202556.jpg
再掲載です




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/15(木) 20:14:18|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デコイチ+旧客

デコイチ+旧客。
現役時代を彷彿させる組み合わせも今までに何度かありました。
それ以外に上越線で訓練運転に使用される事も復活してから数年ありましたね。
当時は12系・14系が他客期の臨時列車でまだまだ重宝されており、客車が無いという今では考えられない理由でヒマをもてあましていた旧客が使用されました。

20090114201035.jpg

この頃は13両もの旧客を保有。
訓練運転でも堂々の6両牽引で行われました。
夏は冷房無し、冬は暖房が使えないという理由でもてあましていたみたいですね。
その後、4両が北海道に売却されてしまったのはショックでした。
そのとたん、旧客が各地でひっぱりだこ。
「レトロ客車」の名称で各イベント列車の指定席は秒殺状態が続いているのは何とも・・・・・。

やっぱ蒸機には旧客ですよね。
皆様、いかに現役っぽく撮るか苦労されていますから、その必要もないし。
写真も電化で引退を控えた直前の光景みたいに撮れました。
ただ、惜しむらくは「形式入りプレート」・・・・。
という事でちょっといたずらしてインチキ写真も作ってみました。

20090114202220.jpg

う~ん・・・。いい感じだなぁ。
復活の際はまず旧客牽引で派手にやってもらいたいですね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/14(水) 20:24:34|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

中通りから会津へ

福島県は海側の「浜通り」、東北本線・国道4号線ぞいの「中通り」、そして「会津」と三つの地方に大きく別れます。
それぞれで全く気象条件も違うし、生活様式も違う様です。
磐越西線は「中通り」の郡山から「会津」の若松へ向けて東西に走る路線ですが、その境目は中山峠にあります。
こちら側からは谷間を抜け、沼上トンネルを通ると一気に猪苗代の高原へ顔を出すルートです。

20090113213050.jpg

谷間を縫う様にデコイチが駆け抜けて行きました。
この場所。登るのがちとコワかったです(汗)



  1. 2009/01/13(火) 21:32:33|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サミット越えて

本日は不測の事態で1枚残ってしまった「18きっぷ」を消化しに行ってきました。
旅の記録は編集してそのうちUPします。
もうちょっと「デコイチ」応援したいので続けます。

会津若松を発車して東長原あたりからオメガループの連続で猪苗代までのサミットを越えます。
郡山側が谷間から一気にトンネル抜けて上がってくるので好対照です。
な訳で、峠越えは若松発の方が撮影ポイントも多数。
急坂にあえぐだけでなく、磐梯山もバックに入れられるポイントもあり、同線のハイライト区間です。
若松発の時は朝ですから、前日に雪が降ればクリスマスツリーになってるし、なにより気温が低いので煙の出も申し分ありませんでした。

20090112225939.jpg

写真は更科信号場を通過して数回カーブを曲がり、サミット越えた地点です。
ここから翁島駅までは直線。
デコイチは一気に加速して行きます。
県道からここまでは胸までつかる大穴がいくつもあり、必死にラッセルしながら行ったものです(笑)
この頃は気合入っていたんだなぁ・・・・・・。


  1. 2009/01/12(月) 23:03:01|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日が暮れて

今日の朝刊で「ダカール・ラリー カルロス・サインツが首位に!」って記事を見てビックリ!
増岡なんかもまだ現役だからラリーの世界ではまだまだの年齢なのかな?
トヨタセリカST-165に乗り、日本車に初のWRC年間王者をもたらすと共に、スペイン人初の年間王者となったサインツ先生。
その後もST-185でも年間優勝!当時の日本車なんてどうしようもないくらいのレベル・・・。TTEには優秀なスタッフを招いたとはいえ、快挙でしたね~!
「エル・マタドール」と呼ばれたサインツ先生。ダカールでもぜひ栄冠を手にしてほしいす。
サインツ先生が王者となった90年に「磐西冬のデコイチ」も始まったってえのも何かの縁??(笑)

会津若松起点の年のお楽しみは夜もありました。
機関庫へ行き、デコイチの転回作業やら整備やらをバルブする事が可能でした。

20090111092128.jpg

空の色が茜色から濃紺に変化していく中での転回作業は幻想的でもありました。
当時は扇形庫の手前までロープが張られて立ち入り可能。現在はかなり規制されている様ですね。
「撮影する時は許可を取ってノートに記帳する様になった」という話を聞いてからかれこれ10年行ってないので現在はどういう形で撮影できるのかわかりませんが・・・・。

20090111092501.jpg

この写真の位置にはすでに鉄がわらわら・・・・。
バルブってえのに三脚めいっぱい上げて銀箱に乗って撮りました・・・。

20090111092636.jpg

こういうシーンも今は中々撮れなくなってきましたね。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/11(日) 09:32:15|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

しんしんと降る雪

会津若松発の年は朝に積雪区間を通過するので、ふかふかの新雪の中を走る姿が撮影できてとてもよかったです。
ただ、この頃からすでに地球温暖化は進行しており、年によっては東長原あたりでも積雪0cmなんて事もありました。
当時は今の様にネット環境もないので、積雪状況を調べるとなると新聞のスキー場欄。
猪苗代スキー場で100cmを越えていればまず安泰って感じでした。
1月に入ると毎日新聞眺めて心配していましたね(笑)

20090110101750.jpg

写真を撮った時は築堤には雪はほとんど無し・・・。
ガッカリしてたら1時間前くらいから大粒の雪が降りだして一面雪景色に変化してくれました。
ただ、湿気を多く含んだボタン雪。
カメラはビショビショ・・・。傘は撮影後に上からすべり落ちてきた他の鉄にまきこまれぐちゃぐちゃに・・・・(泣)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/10(土) 10:21:37|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

峠へ挑む

磐越西線のデコイチ冬季運行は初年度の90年から99年くらいまで毎年通い続けました。
雪の蒸機ってなかなか撮れないし、何より魅力的だったので。
最初の頃は隔年で始点が郡山発と会津若松発でした。
会津若松発の年の時は気合入りましたね~!!
頭がキーンとなる様な寒さの中、磐梯町前後で待つデコイチは格別なものがありました。

20090109200459.jpg

写真は中山宿を出て峠に挑むデコイチ。
当時はまだスイッチバック駅で、駅近辺は何日も前から場所取りの三脚でいっぱい・・・・。
なんとか人のいない場所を探して撮影したのがこの場所です。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/09(金) 20:08:23|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天をも焦がせ!!

保存蒸機復活初期の頃はC623の爆煙また爆煙サービスに触発されたのか、デコイチも負けじと爆煙が多かったです。
もっとも重油ぶち込みの黒煙ばかりで個人的にはあまり好きではなかったですが・・・。
現役時代に黒煙出すのはヘタな機関士とされ、今より数段悪い石炭を使いながらも必死に黒煙出さない様に頑張ったとの事です。

20090108201215.jpg

でも、大型機が天をも焦がす煙でやって来ると迫力がありました。
今世紀になってからはカマの保護の為、サービス煙はほとんど見られなくなったので、こういうシーンも減ってきましたが・・・。
そんなに大事にされてきたのに、一回のミスで・・・・。


今日は帰ったら晩飯が「湯豆腐」と「マグロの刺身」でした。
再び飛露喜呑んじゃいました!!
昨日の一口めは苦味を感じたのですが、空気に触れたせいでしょうか?
今日は若干の甘みを感じる様になってました。
火を通さないお酒は気が抜けないですね。
正月休みから10日ほどで二升五合空けてしまいました・・・。
「ますますはんじょう」でいいじゃないか?なんて冗談言ってたら、カミさんからペース減らせと指令が・・・・・。
デコイチと違ってこちらは絶好調なんすが・・・・。(笑)




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/08(木) 20:18:20|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

驀進兄弟

本日はベルサッサ(今時言わんか・・・)で帰宅。
年末に会津で購入した「飛露喜」を開封してみました!
ん~・・・・。感想は?というと金山町限定の末廣「てまえ酒」に軍配かな?
もちろん酒って嗜好品ですから個人的な感想ではあります。
が、飛露喜はまだ硬かった気がします・・・・。あと1ヶ月は冷蔵庫で寝かせておくべきだったかと・・・。
こういう状態で販売せざるをえないほど人気になってしまったのかな?と個人的には思ったりして・・・。
12月初旬の第一弾はいきつけの酒屋さんではなんと開店前に200名並んだそうです。
ほとんどが遠方から頼まれてきた地元の方だったらしく、保存状態で左右するこのお酒をちゃんと面倒見切れたかどうかお店の人々も心配していましたが・・・・。
それと「飛露喜」の名誉の為に言っておくと「キング・オブ・飛露喜」である無ろ過生は2月・3月に発売する方が断然旨いと思います。あくまで個人的感想ですけどね。

20090107192021.jpg

D51とC58。
ミカド型のD51では入れない亜幹線用ではプレーリー型のC58が頑張ってました。
姿形も役割もそっくり。兄弟機関車といってもさしつかえないかと。
その兄弟が過去に競演した事があります。
どうやらその後はC58のレンタル料が高すぎるいうのが原因???で無くなってしまいましたが・・・。
もう一度この兄弟での驀進を見れるかどうか。
何が何でも直してもらいたいですね。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/07(水) 19:23:30|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

やれんのか?デコイチ!!

年末に蒸機ファンを震撼させる事件が発生しました。
「デコイチ」がヒューマンエラーによる事故で重大故障・・・・。
自分も家庭用ではありますが、ボイラーに関わる仕事をちょいとばかしやっており「空焚き」というものがどういう結果になってしまうかがわかるだけに今回の事故がいかに深刻であるか・・・。
もっとも現代の家庭用ボイラーはコンピューター制御で空焚き防止装置が付いてますし、ほとんどが凍結が原因なので凍結防止用ヒーターも装備してますのでこんな事故は起こりずらいですが・・・。

新聞記事なんかによるとボイラー変形、火室落ちって事ですから相当ヒドい状態まで空焚きしちゃったんですね・・・。
現在は郡山で修理中との事ですが、ロクに機械もない工場で直せるのかどうか・・・。
仙台支社が意地で地元で直そうとしているだけなら、早く大宮に入れてあげてほしいです。
ま、実際は色々あって郡山なんでしょうが・・・。

20090106200913.jpg

思えば、1988年12月23日に満員の鉄で埋め尽くされた日暮里の跨線橋で生き返った姿を見て以来、20年の付き合いとなったD51498。
できる事なら再度復活してほしいです。なんとしてでも!!

やれんのか?
走れんのかデコイチ!!
頑張れデコイチ!!



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/06(火) 20:18:36|
  2. 蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「試される大地」のブルートレイン

JR北海道発足と同時に青函トンネル開通。
待望の本州⇔北海道直通列車「北斗星」も誕生しました!
とにかく津軽海峡線を通過する列車は全て満席。
「北斗星」にいたっては指定券が連日秒殺!!プラチナペーパーと化してました。
世の中はバブル真っ盛り、豪華客船「飛鳥」の建造など「豪華クルージング」がブームとなり、鉄道界も「トワイライトエクスプレス」「夢空間」とたて続けに豪華列車が運行開始。
むかえる北の大地には奇跡の復活をとげたマンモス機「C62」や「トマム地区・ニセコ地区」のリゾート開発、まさに北海道観光は飛ぶ鳥を落とす勢いでした。
ところがバブル崩壊後は急速に・・・・。
金庫であった「たくぎん」も無くなり、バブルにあぐらをかき第一次産業に頼ったままの北海道は壊滅状態に・・・・。

20090105200236.jpg

20090105200324.jpg

バブル経済の象徴だった「北斗星」もすでに車両はゾンビ状態・・・・。
弟分の「エルム」も入れれば4往復体制だったのが、すでに1往復を残すのみ・・・。
「豪華寝台特急」なんて呼ばれていた時期もありましたが、10年前に同行した非鉄な仲間は口を揃えて「あんなのもう二度と乗りたくない」・・・・。
おそらく東北新幹線青森開業で「カシオペア」を残して姿を消す事になるのでしょう。
「トワイライト」にしても存続させるなら大幅なリニューアルか新造を迫られるのではないかと。

「試される大地」を行くブルートレインも「試される」時期となった様です。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/05(月) 20:08:57|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の大動脈

札幌-柏戦を観戦した08年10月19日。
8:30には新千歳空港に到着。
試合は13:00からなので、厚別には12:00に到着すればOK。
という訳でどこかで鉄をする事にしました。
厚別競技場への最寄り駅は上野幌。
お隣、北広島との間には「西の里信号場」という名撮影地がありますが、歩いて行ける距離でもなくAMは逆光ぎみ。
しかも最近、撮影禁止になったという噂も聞き・・・。
色々、前情報で仕入れたところ、「苗穂」がいいだろうとの事なので決定しました。

20090104172043.jpg

白石-札幌間は道内唯一の複々線区間。
JR北海道になってからは道内は札幌中心のダイヤとなったので、貨物は来ないものの「スーパー白鳥」以外の特急は全て顔を出すというオイシイ区間です。
ただ、景色的には全くなので足かけ30年、30回は渡道したはずなのですが、一度も撮った事のない場所でした・・・。

とにかく来るわ来るわ・・・(笑)
5分おきにどちらかからは必ず列車がやってきます。
1時間30分ほどの滞在でしたが、やたらと枚数、列車、車両が撮影できました。
では特急列車をまとめて。

20090104172348.jpg

20090104172413.jpg

20090104172442.jpg

20090104172533.jpg

以上、ガキ鉄撮りでした(笑)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/04(日) 17:27:59|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

北都の朝

昨日に引き続き北海道ネタ。
昨年の10月に札幌-柏戦を観戦に行きましたが、鉄の悲しい性・・・・。
合間を見ては鉄しました。

20090103190221.jpg

札幌駅。
かつての地上にあった頃の札幌駅が好きでしたが、いつしか自分の知っている札幌駅は現在の駅の方が年数が長くなってました・・・・。
次々と発着する北の大地のターミナル駅。
駅前には超高層ビルも完成し、発展し続けています。
この日は月曜日。次々と満員の通勤客を乗せた電車が到着してました。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/03(土) 19:07:02|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太平洋炭礦の除雪車

元日はガンバ大阪に完膚無きまでに叩きのめされました・・・。
帰宅してからBSの再放送見ましたが、後半→延長と一方的な試合。
相手が疲弊していなければ大量得点で負けていたと思います。
世界3位のクラブの強さはダテではなかったです・・・。
終了後はくやしさもなく・・・周りのサポ見ても泣く者など誰もおらず、現実というものを味あわされました・・・。
選手がそれを一番感じていたはずなので、準優勝などという形ばかりの言葉に奢る事はないと思ってはいるのですが・・・・。

さて、今年一発目の鉄道写真は何をUPすべえと思ってましたが、大晦日UPした興浜南線のネガ探していたら、とんでもないのが出てきました!
某掲示板に先行してUPさせていただきましたが、こちらでも。

20090102183504.jpg

83年3月 釧路の太平洋炭礦にて。
首都圏が熱帯夜でうだる時も9℃!なんて夏でも気温の低い釧路ですが、積雪は温暖化前から大した事がなかったです。
でもいるもんですね~!ちゃんとロータリー車保有してました。
DD14なんかが「ザリガニ」って言われてますけど、コイツは「カニ」っぽいですね(笑)
自走式だったのかELに押されたのか気になりますね~。

で、もう一枚。

20090102183922.jpg

こちらはロータリー部分のアップしか撮ってません・・・・。なんでだろ?
したがって外観がどんな形してたのか想像すら。
やっぱどんな車両でもとりあえずちゃんと撮っておかなきゃダメですね。後悔先にたたず・・・・。

でも、今と違い、当時の北海道ってとんでもない車両だらけだったとあらためて。
ネガ整理してるとびっくり箱状態です。撮ってたのに忘れてるし・・・。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/02(金) 18:44:58|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター