鉄たまの外道なお話部屋   

流氷を見下ろす

興浜北線→南線→名寄本線とUPしてきたので、このまま湧網線→釧網本線とオホーツク沿岸に沿っていこうと思いましたが、今回は再び興浜北線へ戻る事にします。

斜内-目梨泊間は海まで絶壁にそびえる「神威岬」に邪魔されて鉄道も道路も大きく迂回してました。
通称「斜内山道」と言われた難所のひとつだった様です。
もっとも、現在では「北オホーツクトンネル」が開通して、「斜内山」の直下を直進する様になりましたが。

20100220184835637.jpg

この場所はDD14による除雪も行われており、伝説となった「オホーツク海投雪」の場所でもあります。
自分は実際にここで特雪を撮影した事がないので正確な状況はわかりませんが、写真の様に真下に国道が走っていたので除雪の際には国道閉鎖が行われたのではないでしょうか?
となると迂回路はありませんから何らかの事前周知はあったのではないかと。
今も残っていてくれれば事前にかなり確実な情報が入手できたかも知れませんね。

*写真は83年3月撮影です。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/20(土) 18:54:02|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<見渡す限りオホーツク海 | ホーム | 流氷側からの風景>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/1070-b046533d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター