鉄たまの外道なお話部屋   

静寂の中を

しんしんと降り続ける雪。
本名の集落は物音ひとつせずに静まり返ってました。

2011012219240145c.jpg

列車停車中は踏切の警報機の音とDCのアイドリング音だけ。
やがて重苦しい音と共にDCが発車していくと、再び集落は静寂に包まれていました。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/22(土) 19:25:59|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<発車待ちの昼下がり | ホーム | 雪止まず>>

コメント

ありがとうございました

はじめまして∧∧

この度はアドバイスありがとうございましたm(_ _)m

おかげでとても楽しい会津の旅をすることが出来ました。

ちょっと悲しかったのは旅行中撮りたいと思っていた
只見線の列車が雪を抱き込んでしまって来なかった
事でした。
本名で待っていたのですがいくら待っていても
来なかったので、近くの温泉に逃げちゃいました(汗)

こんな雰囲気のあるお写真撮ってみたいなって
思うのですが、駆け出しの私には難しいかな?

来月こそは只見線が走っているときに連れていって貰おうと思います

その時はまたアドバイスお願いしますね♪
  1. 2011/01/27(木) 18:42:11 |
  2. URL |
  3. Nrs-mihiro #-
  4. [ 編集]

Nrs-mihiro 様:
はじめまして。

冬の只見線は厳しいです。
前もって宿を取るのではなく、天気予報を見て晴れマークを確認して・・・てのが鉄をするなら正攻法ですね(笑)
ラッセルがいた頃は逆に前日夕方の朝までの降雪予報を確認してGO!でした。

最初は焦って撮影するよりも、まずは地元の方々となるべくふれ合う時間を大切にした方がいいかも?
地元の商店、共同浴場などいくらでもチャンスはありますよ!

「会津三泣き」というのをご存知ですか?
一度目は人見知りが激しく、ヨソ者を受け入れない態度に泣かされる。
二度目は受け入れてもらえると今まで体験した事のない人情の深さに泣かされる。
そして三度目はそのあまりの人情の深さに会津を去るのが嫌で泣かされる。
だそうです。

三度泣いてからでも只見線は逃げないかと(笑)

  1. 2011/01/27(木) 19:59:12 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #LezRqYSM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/1304-2b7031d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター