鉄たまの外道なお話部屋   

難所を登り終えて

昨日、エントリーのセノハチ以上に各車両を苦しめた信越本線横川-軽井沢。
わずか10数kmの距離で800m近い標高差を登らなければならない国鉄最高勾配区間でした。

20110530234054150.jpg

どの列車も峠のシェルパことEF63の力を借りずには登れない坂でしたが、軽井沢側の峠を登りきった所の場所は急勾配を撮影する人気の場所でもありました。

まずはここで最初のショット。
そして横川までの長い徒歩鉄の始まりでもありました・・・。77年6月の事です。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/05/30(月) 23:44:05|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<熊の平にて | ホーム | 峠の老雄>>

コメント

こんにちは。

矢ヶ崎ですね。
ここは横川から登ってきた下り列車(紛らわしい)は一息ついた感じで
ここから横川に下る上り列車(だから紛らわしい)はロクサンのブロアが
大きくなり、列車を抑えて行くぞって感じが味わえる
絶好のポイントでしたね。
私も良くこの辺りを歩きました。
・・・って、横川まで歩いたんですか!?
  1. 2011/05/31(火) 16:31:45 |
  2. URL |
  3. 高崎 吾郎 #-
  4. [ 編集]

高崎 吾郎様:
おばんです。

>矢ヶ崎ですね。

そういう場所なんですか!ご教示ありがとうございます。
昔から撮ってる割には地名とかプロの名前とか全くうといもので・・・(汗)
「ヘタの横ずき」のまま年齢重ねてしまいました・・・。

で、ご質問の返答ですが、お察しの通り、軽井沢から横川まで歩かさせていただきました・・・。
当時は車の免許すらないガキ鉄でしたので・・・。
霧積温泉入口のあたりで日が暮れはじめました。
そこから横川までの直線も長かった・・・。
途中で撮影できたのって碓氷橋と熊の平だけ・・・。
なんとも非効率でしたが、ガキ鉄には他の手段もなく・・・。

往きに車窓から覗いた大宮工場では、自分の一番好きだったEF57の4号機が解体中で大ショックだったなぁ・・・。
  1. 2011/06/01(水) 21:35:13 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/1353-26a86993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター