鉄たまの外道なお話部屋   

人里離れて

ただでさえ沿線人口の少ない只見線で、もっとも少ない区間が只見-大白川。
お互いの集落を離れた後は人家は全くありません。
R252は冬期閉鎖ですし、携帯電話も繋がりません・・・。列車には衛星電話が搭載されてますが。

20110706215149a95.jpg

こんな場所で雪崩や落石にでも遭遇し、行く手を阻まれてしまったら2人の乗務員はとても心細い事でしょう。
昔の様に保線要員の確保もできなくなった今、何かあれば社会的な責任を取らされる今、多少の悪天候でも運休してしまうのは止むを得ない気がします。

実際にこの地に立ってみると痛感せざるを・・・。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/06(水) 21:56:47|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「女王」 快走! | ホーム | 国境へ>>

コメント

そんな山の中の線路でも行ってみると右上のような立派な道路があったり、高圧線が通っていて意外と写真になりにくい、というのが日本の風景の典型ですね、日本に人跡未踏の秘境を探すほうが難しいか?でも、ここなら虫君は天国でしょうね。
  1. 2011/07/07(木) 08:55:36 |
  2. URL |
  3. JF4015 #-
  4. [ 編集]

こんにちは。

私にとって只見から小出よりは未開の地です。
一度おもしろ半分で田子倉まで行きましたが、
撮れる雰囲気無かったのでさっさと引き上げました。
それだけ奥深い所を走るのですからワイドスター搭載
していないと大変ですね。
  1. 2011/07/07(木) 14:31:50 |
  2. URL |
  3. 高崎 吾郎 #-
  4. [ 編集]

JF4015様:
おばんです。
スノーシェッドは六十里越えの景色を強調する為に、わざとフレームに入れてみました・・・(汗)
塗り替えられたばっかで真っ赤っ赤だったのが何ともなんですが・・・。

高崎 吾郎様:
おばんです。
越後側も探せばいい場所結構ありますよ。
雪どけの時期は熊の恐怖も生い茂る葉っぱもないんで、俯瞰にトライできますし!
来年の晩春はぜひご一緒に俯瞰を!!
  1. 2011/07/07(木) 21:22:07 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/1370-b72a7bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター