鉄たまの外道なお話部屋   

C62ニセコ-3

返しを倶知安方面から追いかけてきて、余市でバカ停している間に先回りして最後の撮影場所へ。
金五郎山が一番人気でしたが、それ以外にも色々と撮影場所があるのが山線のいいところでした。

201212282016367bb.jpg

塩谷駅の発車はお手軽場所でしたが中々の迫力。
ギリギリに追いついた場合はココで撮影する事が多かったです。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/28(金) 20:18:04|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<C62ニセコ-4 | ホーム | C62ニセコ-2>>

コメント

おばんです

なるほどこれは凄い迫力ですね。
釜もデカイし磐物の比ではありませんな。
C62は見たことがないので・・・、と思ったら梅小路で見学してました。
あまり記憶に残らなかったのは、やっぱり静態保存だからですかね?
思い出として閉まっておきたい気持も分かるような気がします。
  1. 2012/12/29(土) 20:47:02 |
  2. URL |
  3. みしらず #xxjgbHNw
  4. [ 編集]

当時の色々な記憶が蘇ってきました。
アルバムみて、ニヤついてしまいました。(笑)
  1. 2012/12/30(日) 15:37:02 |
  2. URL |
  3. 8men #-
  4. [ 編集]

みしらず柿様:
おばんです。本年も大変お世話になりました。
かろうじて?ですが新年を迎えられそうです。

C62ニセコは機関車のデカさだけでなく、運行する鉄文協が現役当時の姿に徹底的にこだわり、とにかく自分の様なC62を初めてみる者でもタイムスリップできるという素晴らしい列車でした。
その為に、イベント列車としての考えだったJR北とは様々な軋轢を生み・・・・。
まあ、C11というライト級の機関車に「あっかんべー」みたいなHM付けて走らすというのがJR北の考えなんでしょうから、当時から考えがすれ違っていたのは仕方ない気がします。
山線にもDLで押させてC11ですからね・・・。いやはや・・・・。

来年も何卒よろしくお願いいたします。


8men様:
おばんです。
本年も色々とお世話になりました。
ヤツが走らなくなり、苗穂の奥でめったに人の目に触れることもない場所に幽閉されてから随分と月日が経ってしまったんですね・・・。
JR東からの譲渡を断ったためにC61をレストアした様な話も聞きましたが、コレはコレでよかったかな?と。
やっぱり北海道、山線の機関車ですね。
電化区間を走る姿ってのは想像つきません。
でも走ったら間違いなく撮りに行ってしまうけど(笑)

来年も何卒よろしくお願いいたします。
  1. 2012/12/31(月) 16:45:49 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #LezRqYSM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/1484-b325fc02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター