鉄たまの外道なお話部屋   

水澤化学 再訪問

4月末の羽越線撮影の際に「水澤化学」の専用線へ再訪問してきました。
ダイヤ改正の度に存続が危ぶまれる小さな専用線ですが、今回も何とか生き残った様です。

201406072214034ce.jpg

と、思いきや・・・・。
訪問直後の5月にあっさりと廃止されてしまったとか・・・・・。

20140607221942326.jpg

訪問した際も社員とおぼしき方々がカメラを手に撮影されていましたが、最期のお別れだったのかも知れません・・・。

20140607222342264.jpg

20140607222344ee8.jpg

スイッチャーと老雄EF81も最後のお別れのあいさつをしていたのでしょうか?

20140607222612db0.jpg

傍らではコンテナの積み下ろし作業が、いつもと変わらぬ風景で行われていたのですが・・・・。
撮影者も自分と同行者以外には誰もおらず、なんとも寂しいお別れではありました。

またひとつ昭和の風景が消えていってしまいましたね。
専用線マニアではないんで詳しくはわかりませんが、かつては全国どこにでもあったこういう小さな専用線って、あとどれくらい残存しているのでしょうか?




スポンサーサイト
  1. 2014/06/07(土) 22:32:25|
  2. 臨海鉄道・専用線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<廃墟とローカル線 | ホーム | 酒田港線訪問>>

コメント

跡をときどき見かけます

何となく車窓を眺めてて、ふと分岐していく築堤があったりして、線路はとっくに撤去されて草生してる…旅の途中でときどき見かけます。
帰ってから調べると、かつては工場への専用線だった…そんなことがありますね。

独特のDLが好いですね。しかもタンク車も同じ色。くすんだ色が多い中でひときわ輝いて見えます。
惜しいですね。

そういえば、コンテナ列車の通過時などにぼんやり眺めてると、タンクのコンテナにナントカ酸ナンヤラ専用とか書かれてると、それがどういうものなのか全く知らないくても何だかわくわくしてしまいます(笑)。
  1. 2014/06/10(火) 17:21:11 |
  2. URL |
  3. 中林20系 #-
  4. [ 編集]

中林20系様:
おばんです。
こちらのタンクには「ガレオンアース」と書いてありました。
調べてみると「活性白土」というものらしいです。

貨物駅のORS化や専用線の廃止がどんどん進んで寂しい世の中になりましたね。
JRとの渡り線も結構いい維持費がかかるみたいですね。
大井川鉄道なんかも思い切ってJRと線路切り離してしまったし・・・。
てか蒸機ってもう金谷まで行ってないんですね・・・。
  1. 2014/06/12(木) 22:48:23 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #LezRqYSM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/1592-a1de8c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター