鉄たまの外道なお話部屋   

久々の水郡工臨

「寝台特急おながわ号はガセみたいだ・・。でもその日は水郡工臨ありますよ」ってネタをいただき、石巻行きを止めて福島臨海→水郡線→ひたちなかと転戦してきました。

201503280959575ce.jpg

たどり着いた西金ではどこかで見た方とも偶然遭遇(笑)
お別れした後に撮影場所を探しましたが、梅がキレイに咲いている場所を発見。
半逆光ではあるものの、この場所捨てがたく撮る事にしました。
ホキがちょっぴりしか写らなかったけど、この後お立ち台にも間に合ったしコレはコレで満足。

2015032810100964e.jpg

順光側から撮るとこんな感じでした。


スポンサーサイト
  1. 2015/03/28(土) 10:11:11|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久々のひたちなか | ホーム | 7260引退>>

コメント

女川

>寝台特急おながわ号

なんじゃそら!?と思って検索してみました。で、まあ気持ちは解るなぁ…と。
というのも、わたしが東北放浪にハマるきっかけになったのが女川だったからなんです。

寝台じゃないですが、月末休みの30~31に18きっぷでひさびさに訪問してみるつもりです。ようやく繋がりましたし。
あの頃のものは全て無くなってるだろうことは解ってますが、改めて旅の原点に…と。

春の鉄道風景といえば桜満開が定番のように思ってましたが、どっこい梅も素敵ですね。桜と比べて梅林自体が少なそうですが、他がまだ枯れ色の中の梅満開は桜とは違った趣がありますね。
  1. 2015/03/28(土) 19:31:46 |
  2. URL |
  3. 中林20系 #-
  4. [ 編集]

中林20系様:
まいどです。
自分も2009年10月の蒸機運行の際に女川を訪問した事があります。
万石浦で撮影し、景色の美しさには息をのみましたが・・・・。

石巻在住の鉄仲間は震災後に沿岸一帯での遭難者の捜索に加わり、変わり果てた石巻や女川を見て呆然とするばかりだったそうです・・・。
ウチの会社も石巻の同業の復旧応援部隊を結成し、現地に行ったものの、あまりの惨状にどうする事もできずに帰ってきました。

この「おながわ」号。
実に巧妙なダイヤが組まれており、この列車が到着直後に街びらきセレモニーが開催されるとかの情報がありました。
ただ、カニを含む4両編成にオシ連結とか新女川駅の有効長さは大丈夫なのか?
朝は1時間ヘッドなんで女川で客をさっさと降ろしてトンボ返りできるのか?なんて疑問も多かった事も確かです。

ネタが出たのが昨年の暮れみたいなんで、本当にそういう企画はあったのかも知れませんが、単なる愉快犯の仕業ならば復興に喜ぶ現地の人々に水を差す事になり、気分のいいモノではないですね。
  1. 2015/03/29(日) 13:20:29 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #LezRqYSM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/1650-a0aa6361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター