鉄たまの外道なお話部屋   

二重窓

ふうらいぼさんの所で北海道の二重窓のお話があったので、ちょいと。
この装備は初めて北海道を訪れた者にとって萌え萌えでしたね。
意味もないのに上げたり下げたりしてたものです。

電車やDCはまだ密閉性が高かったので、上げておく事が多かったですが、すきま風の多い旧客は閉めておく事が多かったです。
パウダースノーですから夜行列車に乗った時などは夜中寒くて目を覚ますと外側の窓と内側の窓の間に雪が積もっていたりしました。
外側の窓の内側はびっしりと氷が張り付いて外の景色が全く見えない状況になってしまうので、夜明け近くになるとガマンして内側の窓を上げておいたものです。

電車やDCのそれとは違い、旧客の内側の窓って昔の板だった頃の日よけ部分を利用していたのではないかな?と自分は思ってました。
内地向けの旧客に乗っても同じ位置に溝がありましたからね。


20070629204139.jpg


ふうらいぼさんの所に合わせて711系の懐かしい写真でも。
84年2月。旧札幌駅にて撮影したものです。
711系がまだまだ現役で走ってくれているのはとてもウレシイです。
急行「かむい」なんてのは好きな愛称でした。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/29(金) 20:44:36|
  2. 70~80’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<霧にけむる二橋 | ホーム | 夏の三重連 -大井川鉄道->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/388-3a8f5135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター