鉄たまの外道なお話部屋   

シロクニ大地に立つ

「ファースト・ガンダム」の第一話のタイトルパクりました。
今でも語りつがれるほどインパクトがありますが、「C623」復活は鉄にとってそれ以上のインパクトでした。
あの狭軌では東洋最大・最速の機関車が奇跡の復活をとげたのですから。

20080406090501.jpg


その威圧感・風格は正に日本の鉄道車両の「キング」、頂点に位置する機関車ですね。
おそらく戦艦「大和」を目撃した方と同じくらいの衝撃と感動を味わえたのではないでしょうか?
当時の最大の貨物機D52のボイラー、最大の旅客機C59の足回りを装備した重量感はなんともいえないです。
申し訳ないけどシロクニ>>>>>>>>>>・・・・・>>>>デコイチですね。
復活蒸機とはいえコイツが見れて幸せでした。
言っちゃいますけど、見れなかった方は不幸としかいいようがないと・・・・。

20080406090611.jpg


この機関車がいなくなってからは最終回で魂を連れ去られ精神崩壊した「Zガンダム」のパイロット、カミーユのごとく、あれほど情熱を傾けていた蒸機撮影から一線を引いてしまいました・・・・。
現存するどの復活蒸機見てもあの時ほどの感動が得られません・・・・。
今年2月に久々に磐西の冬のデコイチを撮りましたが、残念ながら不感症に・・・・。

この機関車のおかげでミノルタ→ニコン、ブロニカ・8mmビデオ購入と機材一新!
機材代と遠征代で結婚前から貯めていたへそくり全部遣ってしまいました・・・。
願わくば「もう一度!」というのは叶わぬ夢、贅沢な夢なのでしょうか???

ところで「ガンダム」といえば、先日まで放映されていた「ガンダムOO」。
面白かったです!
余談ですけど、中日の落合監督もハマっていて、毎週録画してたとか・・・・。
現代の世界情勢をそのまま反映させ、時代も西暦2300年。
リアルな描写にひきこまれてしまいました!
内容が難しすぎたのと、話や登場するモビルスーツが兵器すぎて地味なので、若者や子供には不人気だった様ですが。
ただ、土曜の6時の放映なのに、主要な人物が爆撃受けて片腕の骨見えて肉片がぶら下がっているシーンとか、極悪テロリスト(野原ひろしの声優ってのが・・・)に刺し殺されるシーンとかがあって子供達にはショッキングなシーンも多かったですけど・・・。
とりあえず前作なんかは「ファーストの要素取り入れて面白いよ」って言われたけど、見てみたら単なるロボットプロレスマンガ・・・・。我慢して数回見たけどつまんないので止めました・・・・。

「ジパング」も佳境。
大和に搭載された原爆、イージスシステムを失った「みらい」はどうなるやら、こちらも毎週ドキドキで読んでます。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/06(日) 09:24:12|
  2. C62ニセコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<初期のパレオの頃 | ホーム | 瀬野駅の昼下がり>>

コメント

C62の遺したあの8年間は夢のような日々でした。
山線で出会った方々の武勇伝は数知れず。
そして弩迫力の姿は蒸機の概念を根底から覆す
ものでした。私の場合C62の呪縛から逃れるように
悠久の歴史育む国へ足を伸ばしましたが、そこで見た
光景は今度はC62さえ小さく見えてしまう程のモノ
でした。C62という足掛かりがあったからこそ前進、
建設まで辿り付けた様な気がします。
飾り気の全く無い素顔なままの姿は復活蒸機の
枠を超えていましたね。
  1. 2008/04/06(日) 10:26:25 |
  2. URL |
  3. JZX81 #-
  4. [ 編集]

JZX81様:
まいどです!
中国へ行ってしまいましたか・・・・。
自分は資金的な問題もあったのと、シロクニの時の様に「一度だけ」のつもりが・・・・。と抑えがきかなくなるのがわかっていたので、止めました・・・。
ただ、当時の蒸機鉄仲間は独身か既婚でも財力豊かな人々ばかりで、自分以外はほとんど大陸へ行き、集まるとその話ばかりでついて行けなくなり疎遠になってしまいました。
蒸機鉄から身を引いたのはそういう部分もあったかと思います。

ただし、海外蒸機鉄を未経験な訳ではなく、平成6年2月に一度だけインドネシアに行った事があります。

現役に勝る被写体はないですね。
  1. 2008/04/06(日) 10:38:25 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #-
  4. [ 編集]

おばんです。
C623を知らない可哀想な男です。(笑)
なにせこの業界に復帰したのがその最後の年だったもので・・・。
モノクロのカットが実に見事です。走行の迫力とはまた違っていい雰囲気ですね。
切にライブで見たかったと思うんですが、もし見ていたら・・・おそらく今、僕の人生変わっていたと思うんです。僕の性格では・・・そういった意味では出会わないほうがよかったのか・・・難しいところですね。
  1. 2008/04/06(日) 23:00:20 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ〜と #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

当時、独身だった奴らのひとりです(笑
私も人生変わりました。C62でEOS導入、大陸に行ってEOS1、Hi8導入。経棚峠でHi8壊してDVと蒸気撮影に合わせて機材更新していきました。この間にカメラも更新したし・・・
アニメにもC62衝撃を受けた一人ですが、こいつのお陰でまぁ、幸せな人生でしょうね。振り返るのは未だ早いアニおたでした。
  1. 2008/04/07(月) 08:29:38 |
  2. URL |
  3. アニおた #SFo5/nok
  4. [ 編集]

酒呑童子様:
おばんです。
>出会わない方がよかった
そんな事は断じてないです!
地鳴りと共にジェット音を響かせやってくる姿は写真を撮らずとも感動できたはずだし、やはり経験していないのは残念!と言わせて下さい。
くるくるぱーから巻き上げる竜巻状のケム・・・。
ああ・・・。思い出すだけでも・・・。
もう二度とあんな感動は鉄の世界では味わえないかと・・・・。

アニおた様:
おばんです。
前進もさぞかしスゴかったのでしょうね。
ただ、妻子持ち住宅ローンという多額債務をかかえた身には国内最大最強の蒸機が見られただけでも幸せかと・・・。
シロクニに関しては仲間の誰よりも回数だけは行きましたから、それは自分の自慢でもあります!!
  1. 2008/04/07(月) 19:59:44 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #-
  4. [ 編集]

おばんでございます。
シロクニは、実は息子が小さい時に見ていたお子様鉄ビデオでしか見たことありません。
当時鉄でなかった私には見るきっかけすらありませんでした。
見ていたら人生変わったでしょうねぇ、きっと。

さてさて「だぶるおー」ですが、息子はえらく気に入ってます(妻は人が毎回のように死んでいくのでどうにもダメとか)。
シード見てて思ったのは、なんでこんなにワンメークスペシャル品ばっか出てくるんだ?という疑問でした。 (どーせ兵器おたですからw)
それに比べるとだいぶ年齢層も高めに設定してますし、個人的には楽しいですね。
やられメカのティエレンが、造形的に好きだったりw
ちなみに息子は熱狂的なユニオンフラグファン♪ グラハム・エーカーさまぁ、になってますw

ジパング、おいらも愛読してますだ
あの時代、核を爆発させたらどうなるんだろ?という純粋な興味はありますが、たしかに「戦後」、日本は使った事実に耐えられないだろうなぁ、とも考えます。

でも、ラストどうしちゃうんだろ? 自分たちの作った「戦後」に戻ってくる、とか?
  1. 2008/04/10(木) 23:52:14 |
  2. URL |
  3. 水無月 #0J7OSD42
  4. [ 編集]

水無月様:
おばんです。
シロクニ未体験は残念ですね~・・・。
ヤツにかかわった人は全員人生変わってますから間違いないです。はい。

で「OO」。
ティアレンはいかにもロシア・中国という共産圏のデザインだし、アンフも中東っぽいし、イナクトの流線型美はヨーロッパっぽいし、フラッグはアメリカンって感じでしたね。
それぞれの地域の特徴がよく出ていたかな?と思います。まあ、フラッグ&イナクトはパトレイバーっぽい気もしましたけどね。
で、グラハム兄さん。最終回の「愛だ!」には・・・・・。つーか、最終回でいきなりイメージダウンもはなはだしかったですね・・・・。
あれならば無理に出さなくてもよかった気が・・・・。
しかもハム兄さん、最後のシーンでガンダムお約束の「仮面の男」になってるし・・・・。
コラ沢もヒロシもしっかり生きてましたね・・・。
ちょっとガッカリかな?

んで「ジパング」
嵐の夜の落雷で強力な磁場が発生して・・・。って・・・。
大和爆発のエネルギーに・・・(ry


  1. 2008/04/11(金) 19:28:08 |
  2. URL |
  3. 謎のコメンター #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/618-818e0b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター