鉄たまの外道なお話部屋   

雪に埋もれて -ED77-

「56豪雪」
昭和55年暮れから56にかけて降った大雪は日本海側各地にとてつもない被害をもたらしました。
特に北陸地方がひどく、特急「白鳥」が福井駅に1ヶ月以上も閉じ込められる等、各地で寸断された路線が多数でした。

20080416213231.jpg


被害のひどかった只見線と比べると、磐越西線全線・会津線はまだマシでしたが、それでもダイヤはズタズタ・・・・。
撮影などしている場合ではなく、「どうやって会津若松を抜け出して無事帰るか?」でした。
どうやら田島から山王峠を抜けて鬼怒川に抜けるルートのバスは動いているらしいとの情報。
どうするか悩んでいたところ、やっと1本だけ上りの普通客レを出す事が決定し、これ幸いに乗車しました。

20080416213705.jpg


若松を出た列車は徐行と抑止を繰り返し、郡山まで4時間くらいかかった気がします。
停車すると物音しなくなる旧客。
普段はこの静寂がたまらなかったのですが、この時ばかりは不安になったものです。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/16(水) 21:40:00|
  2. 会津
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<驀進!峠道 | ホーム | 朝日を受けて -ED77->>

コメント

これがSG車ですと足元から蒸気が管を通り抜ける「シュ~」っという音が聞こえたのですがEL区間でのEGは列車が止まってしまうと全く音が無くなってしまいましたね。
個人的にはSG管に蒸気が通り始めた時の鉄管が膨張する「カキン、コキン」という音が大好きでした。
あの頃が懐かしいです。
  1. 2008/04/17(木) 18:26:11 |
  2. URL |
  3. JZX81 #-
  4. [ 編集]

JZX81様:
おばんです。
SG車は車両によって暖房の効きが極端だったのが・・・・でしたね。
特に北海道。
夜行の「利尻」や「大雪」なんかの極寒地方行は機関車のすぐ後ろは暖房効きすぎで熱いし、最後部は寒いし・・・・。
停車中に漏れる蒸気なんかで旅情はSGの圧勝でしたが、快適さではEGでしたね。
  1. 2008/04/18(金) 21:25:22 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/628-93872726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター