鉄たまの外道なお話部屋   

鹿島鉄道 魔よけの面?

新型レールバスの顔面に鬼の面の様なものが付いてました。
たまたま居合わせた鉄の方に聞くと、例年この時期に取り付けられる「魔よけの面」だとか・・・。
色々と考えてはいるのですね。
乗客増につながる様なものではないですが、小さな鉄道だからこそできる小さな努力を感じます。

20060611085509.jpg


ただ、鹿島鉄道にとってはこの魔よけも効かないほどに不幸が続きましたね。
鹿島線・鹿島臨海鉄道の開通による鹿島神宮参拝者の利用減少。
百里基地へのジェット燃料輸送廃止。
霞ヶ浦大橋の無料通行化。

そしてTXの開通により、親会社である関東鉄道の大打撃による支援打ち切り。
さらには平成の大合併により鹿島鉄道とは全く関係のない地域まで沿線自治体に取り込まれた結果、市民の総意としては存続の意見が薄くなってしまった事。
後から後から追い討ちをかける様に不幸続きです。

せめて石岡でなく土浦を始発駅としていれば状況も変わったのでしょうけど・・。
観光資源のはずの霞ヶ浦が行く手を阻んでいた訳で、何とも皮肉ですね。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/06/11(日) 09:02:26|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<サムライ・ブルーなハート | ホーム | レイ君>>

コメント

あれは厄除け列車です

はじめまして、同じ柏に住んでいます。

さて画像の鬼の顔は鉾田にある地区に昔から伝えられている話(詳しくはわかりませんが)で、去年から走っています。
私の田舎である鉾田までは鹿島鉄道を毎月利用しています。4月と5月にはかしのりイベントが行われて全て参加しました。改めて危機感を持ったしだいでもあるのです。この後は夏休みにもイベントがありますが、ぜひ存続を願いたいものですね。
  1. 2006/06/11(日) 10:06:26 |
  2. URL |
  3. 東葛飾北部住民 #B866V5yM
  4. [ 編集]

東葛飾北部住民様:
はじめまして。

ご教示ありがとうございます。
沿線で教えてくれた鉄の方も「厄除け」とちゃんと説明してくれていたのかもしれません。
人の話はちゃんと聞かねばいけませんね。

実は母方の田舎がこの鹿島鉄道の兄弟会社であった筑波鉄道沿線でした。
廃止直前は諦らめの空気が漂い、誰も反対する人がいなかった記憶があります。
当時は観光収入の見込める土浦-筑波間だけでも存続という意見もあったのですが、車中心の現在を考えると懸命でしたね。
一応、来年3月までは協議するとは言ってますが、存続はとても無理な気がしますね。
せめて旧型の一部だけでもお隣茨交や鹿島臨海でイベント用で残るといいのですが・・・。

鹿島鉄道へ行く際は佐原側から行く事もあるのですが、養鯉業者の池がカラッポで殺伐としているのがなんともやりきれないですね。

尚、自分は柏住民ではありません。
レイソルのホームタウンには指定されていますが・・。お隣の市です。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2006/06/11(日) 13:33:12 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsutama.blog61.fc2.com/tb.php/71-ef56a7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター