鉄たまの外道なお話部屋   

大河に沿って

前回エントリーの場所の広角写真です。
大きく広げると利尻岳が小さくなっちゃいますが、氷結した大河「天塩川」を一望できます。

201202241935328f8.jpg

利尻岳を望む事ができなかった過去3年間はこのアングル中心に撮影してました。
写真に写ってないサイドには三日月湖があり、反対側の景色は大きくうねる天塩川の風景が広がる大パノラマ撮影地です。
車で横付けできる場所なら弁当持参で一日いても飽きない場所かと思いますが、とんでもない急斜面をラッセルして登らなければならない上に、キャパ3名程度の頂上に先客がいる時は斜面にへばりつく様にして待たなければならない恐怖の場所でもあり・・・。行った事ある方ならわかると思いますが・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/24(金) 19:41:15|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大願成就

宗谷ラッセルを撮影しに行く様になって早や4年。
雪を掻く豪快なシーンはそこそこものにできたのですが、過去3年で全く撮れなかったのが「利尻岳」バックの写真。
南稚内から雄信内あたりまで何箇所か撮影ポイントがあるものの、ただの一度もその姿を見せてくれる事はありませんでした・・・。
とにかく撮れるまでは宗谷ラッセルの写真UPは見送りと思っていたのですが、今回やっと撮影する事ができました!!

20120222201010097.jpg

裾野まで完璧にってわけには行きませんでしたが、これでも大満足です。
このシーンを撮る為に通っていたと言っても過言ではないだけに喜びもひとしおでした!

今までは3日間とか滞在して毎日行ってもダメだったのに今回のチャンスは1回のみ。
えてしてそういうものなのでしょう(笑)

これで来年からは少し余裕を持って撮影できそうです。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/22(水) 20:14:46|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

悩ましい「けむり」

鯖石手前・石川プール前で撮影した後は石川駅へ。
こちらの駅ではそれなりの停車時間があり、撮影もしやすい事からかなりの撮影者がいました。
そのせいか煙が多めに!(笑)

201103022013104b9.jpg

初対面の3年前はこの駅で興奮のあまりとてつもない量のカット撮ったので、今回はスルーしようかと思ってましたが、行けば行ったでいい事はあるもので。


201103022015288a0.jpg

蒸機なみに石炭のいい香りをあたりに撒き散らしていました。
それにしてもピカピカのボディが気持ちいいですねぇ。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/02(水) 20:17:37|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

へろへろ高架橋

せっかく走ってくれたキ100ですが、残念ながら回雪状態・・・。
ならば名物の奥羽本線を跨ぐ高架橋で撮影してみる事に。
見るだけで大鰐線のキ100とわかる場所です(笑)

201103011941497d8.jpg

只見線の叶津橋の様に橋台が等間隔で狭い簡易的な作りのこの高架橋。
おそらく同様にカントもついてないのでは?
かなりの速度制限があるみたいでゆっくりと通過して行きました。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/01(火) 19:45:20|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

老雄との再会

矢立峠でブルトレを撮影した後に大鰐駅に立ち寄ってみるとなんと弘南の電機のパンが上がってる!
駅前には何やら貸切バスが停まっていてカメラを持った人々が降車中。
どうやらキ100のチャーター運行の様でした。
とんでもないチャンスに遭遇したんで便乗させていただく事に。ツアーの皆様申し訳ありません。

2011022819400464e.jpg

走るのさえわかればスジは勝手知ったるものなんで、松木平までの間に4発ほど撮らせていただきました!
雪が少なかったので、スピードが乗る区間の上にそこそこ雪が溜まりそうな所を狙って行きました。
ほとんど全区間で回雪状態でしたが、こちらの場所はほぼ狙い通りでした。
3年ぶりに再会した老雄は最近塗られたのかピカピカ!!まだまだ頑張ってくれそうな感じで何よりです。



皆様のおかげで10万アクセス達成しました!!誠にありがとうございます。
一区切りって事で色々と考えている所ではありますが、だんだんと鉄そのものに魅力を感じなくなってきているのも確か・・・・。
じっくりと考えて今後を決めたいと思います。
とりあえずは今後とも何卒よろしくお願いいたします。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/28(月) 19:48:46|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暗闇の峠へ

2007年は今年と正反対で記録的に雪の少ない年でした。
毎年ならものすごい高さで積み上げられる大白川駅の雪捨て場にも雪はなく、撮影位置が制限される大白川や只見でもラッセルの姿を見る事ができました。

20110131205229020.jpg
2007年1月撮影

構内除雪を終えて一休みした後にDD15は暗闇の峠へダッシュして行きました。
只見までの人家も明かりもない区間、除雪作業にあたる乗務員さん達の心境ってどうだったんでしょう。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/31(月) 20:54:45|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無人の山中を

只見線の只見-大白川間は沿線住民がおらず、R252も未除雪で冬期は通行止に。
国道の通行止区間まで来ると降り積もった雪が周りの音を消して静寂に包まれます。

20110130190230631.jpg
2005年1月撮影

ラッセル撮影の時は早朝の大白川駅の作業を撮影して仮眠。
只見から帰ってくるのを写真の場所で待ってプレイボールでした。
詳しい人に聞いたのですが、DD15は障害物検知センサーが搭載されているタイプとそうでないのがいるらしく、センサー付のは写真の場所あたりで早めにウイング閉じてしまうので、踏切ギリギリまで掻いてくれるセンサー無が人気者だったみたいです。

ENRになってからは訪問した事もなくスジすら知りませんが、いずれは行ってみたいと思ってます。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/30(日) 19:07:38|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

先代の力闘

路盤を覆いつくす雪があるにもかかわらず、上りは回雪で走っちゃう只見線若松口のENR。
往路に作業しているのかも知れませんが、そのドライな走りっぷりには真っ暗な時から撮影している人々に失笑を浴び・・・。

20110129182138262.jpg
2005年12月撮影

DE15時代の雪402レも基本的には回雪でしたが、積雪の多い時には本気モード。
本気モードの時には当然天気が悪く、なんとももどかしい列車でした・・・。

若松区に配置されていた2両は、双方とも晩年は満身創痍。
最期は「弁慶の仁王立ち」の様に力尽きる感じで引退して行きました。
ENR投入を機に、作業区間や作業員も含めて大幅に変更されたので、人間じゃないですから先代の魂を引き継ぐって訳にはいかないでしょうが、DE15と同等の能力を持っているのならもう少し頑張ってほしいものですが・・・。

大雪の危惧された本日と明日は会津川口-小出で運行中止が前もって決定。代行バスも無し・・・。
「除雪作業の為」って断りないところを見ると計画的な運行中止かと。
元より悪天候の日にロータリーが出動するはずもなく・・。
冬季は乗るのをためらってしまう只見線にはなってほしくないですが・・・。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/29(土) 18:32:03|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エンジェル・ハイロウ

ゾウさんの迫力にはほれぼれしますが、風太君の愛くるしさにも胸締め付けられるというか・・・(笑)
自分にとっての「ちびろく」ことDD16はそんな存在です。

20110127201805d3d.jpg
2006年1月撮影

「エンジェル・ハイロウ」。天使の頭の上の輪っかの事です。
赤い翼を広げた天使の様にかわいらしい「ちびろく」がヘッドライトを天使の輪の様にしてやってきました。

雪レの夜間撮影は何度も撮ってますが、こういった現象は最初で最後でした。
おそらく何らかの気象条件の一致によって偶然がもたらしたものだとは思いますが・・・。


「ガノタ」の皆様が見たら「ガンダムOO」のツインGNドライヴにでも見えるかな?(笑)
つーか、この色合いだと擬似ドライヴだから「リボンズガンダム」???(笑)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/27(木) 20:23:30|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

峠のモンスター

早いもので、DD53が最後の土崎への行路を終えてからもうじき1年が経とうとしています。
「峠のモンスター」がいなくなった信越山線はDD14327+332の名コンビが先日も活躍した様ですね。

201101262011547a0.jpg
2006年2月撮影

宗谷線や石北線のラッセル、弘南鉄道のキ100、米坂線での段切り。
それぞれに興奮させてもらいましたが、このモンスターの迫力と感動はそれらと比較にならないものでした。
D51がデカいな~と感じていた自分が北海道でC623と遭遇した時に感じたものと同じ感覚だったかな?

とにかくデカいというのそれだけで周りを圧倒してしまいますね。
マートンの年間安打記録も凄いけど、ブラゼルの東京ドームの外野席上の天井に当てたホームランの方が阪神ファンの心に焼きついたみたいに「巨大」「迫力」というものは全てを覆してしまう魅力がありますね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/26(水) 20:18:12|
  2. 雪レ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター