鉄たまの外道なお話部屋   

近所の桜

近所の桜が満開となったので、天気もいいので撮影に。

DSC_8601.jpg

DSC_8607.jpg

今年の桜は花がたわわでキレイでした。

DSC_8598.jpg

DSC_8612.jpg

DSC_8563.jpg

すでに散り始めた桜もあり、通行する人も桜吹雪に見とれてました。
あと数日後の方がもっと桜吹雪になったでしょうね。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/16(日) 21:11:00|
  2. ちょいと気になった風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SNOW MONKEY 3

最後に色々なポーズ。

DSC_7272.jpg
しんみりと語りかけている様な感じ。

DSC_7283.jpg
イケメンなサル(笑)
ま、人と違ってハゲだのチビだのデブだのメガネだの・・・ってのはいないですから、そこそこ凛々しければイケメンに見えるのかな?

DSC_7314_20170409201417562.jpg
温泉の中は浅い所もあるみたいです。

DSC_7366.jpg
おなじみの毛づくろい。

DSC_7387.jpg
オッサンくさい座り方のサル。

DSC_7404.jpg

DSC_7399.jpg
セクシーポーズのサル。

とにかく人に慣れていて、平気で足元を歩いていくのでたまげます。
長年、ルールを徹底してきて、サルと人間のすみわけができているそうです。
外国人が大量に増えてどう対応しているのかと思いきや、ちゃんと外国語が話せる警備員が常駐していて、ルールを破ろうとした人をものすごい剣幕で怒っていました。
奥日光みたいに傍若無人なサルと化してしまうと、もうどうにもならないですからね・・・。

また何年かしたら再訪してみようと思います。
それまで歩き通せる体力が残っていればですが・・・。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/09(日) 20:30:07|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SNOW MONKEY 2

沢山の子ザル、親子ザルがいたので、ほほえましい姿を撮影。

DSC_7240.jpg

体毛がまだキレイでフカフカしてる感じの子ザル。


DSC_7196.jpg

母ザルに寄り添う子ザル。


DSC_7306.jpg

こちらは親子で入浴。子ザルを見つめる母ザルがなんとも言えないですね。


DSC_7328.jpg

ちゃんと座って頭を出せるって事は浅い場所があるのでしょうか?


DSC_7346.jpg

独り寂しく入浴していた子ザルも。心なしかなんか寂しげにも見えます。


DSC_7374.jpg

母ザルの後をついて橋を渡る姿もキュート。


DSC_7377.jpg

物思いにふける子ザル。こんなに小さくても色々考えているんでしょうね。


DSC_7382.jpg

子ザルを襲おうとしたサルに果敢に挑む母ザル。人間もサルも「母は強し!」ですな。
見守る子ザルは双子なのかな?心配そうに見つめてますね。
怒るとネコみたいに体毛が逆立つんですね。

こんな風景見ていたら、我が家の息子が小さかった頃を思い出しました・・・。
人もサルもこうやって命を繋いで行くんですね。先日のお彼岸の墓参りでも思い出して、ご先祖にも感謝してきました。
こうなったらさっさと嫁もらって孫の顔見せてもらいたいもんですが・・・。もうちょっとかかりそうではあります。




テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/01(土) 23:10:30|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SNOW MONKEY

冬の長野へ行った本来の目的は「スノーモンキー」こと地獄谷野猿公苑のサルの撮影。
雪レを追いかけていた頃から気になっていたのですが、まぁあの頃は・・・って訳で、無事に解脱できた今行く事に。

DSC_7251.jpg

天気もよかったし夕方の方が人も少なくて斜光線でいいかな?と思って昼間は飯山線へ行きましたが、どうやら温泉に陽が当たる事はない感じでした・・・。
午後3時を過ぎても沢山の外国人で観覧できる場所は埋めつくされていました。

DSC_7163.jpg

慣れたもので結構カメラ目線してくれます。
フラッシュ焚くなって書いてあるのに、平気な人も結構いましたが、彼らも平気な感じでしたね。
ただ、動物ですから態度が急変する事もあるので、約束事はちゃんと守ってもらいたいです。
タンチョウ撮影の時も超望遠+大型フラッシュでドヤ顔で撮影していたオッサンがいましたが、自分さえよければ・・・ってのも困りもんです。

DSC_7191.jpg

温泉にずっと浸かっているサルと周りにいるサルでは顔の赤みが違う気がしました。
人間と一緒で温まると赤くなるんでしょうか?元々赤いくせに(笑)

DSC_7170.jpg

浴槽のフチでじっとこちらを見つめる姿もキュートですね。

DSC_7320.jpg

どこかのオッサンみたいなヤツも(笑)

癒されることこの上ない場所でありました。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/26(日) 12:25:39|
  2. いきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おいこっと

おいこっとを開けた場所で撮る事に。
この日は走行区間が長野-戸狩野沢温泉だったので、選択肢がそれほどありませんでした。

DSC_7116.jpg

半逆光で撮ったせいもあり、ブルーがかってしまった感じですね。現像の時に補正すればよかったかな?

DSC_7134.jpg

それぞれの車両で塗り分けが違うので、反対側も。

この車両、昨年の蒸機運行の時に車内をのぞき込んでみましたが、座席配置は一般車と変わらず、シートのモケットや内張りを変更した程度の簡易改造車でした。
そのせいか、平日はローカルでも使用されているみたいです。
室内をそこそこ見た目をよくして車内サービスで勝負の車両みたいですね。
この日は上下ともほぼ満席な感じでした。長野と飯山で新幹線に接続しているし、乗りやすい列車なのかも?

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/18(土) 22:48:30|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オメガループ

2月初旬、長野で撮りたいモノがあり、そのついでに半日ほど飯山線へ寄ってきました。
天気予報がよかったのと、雪レや色モノが走る時以外に行った事がなかったので、普段の飯山線ってどんな感じかと。

DSC_8284.jpg

どうしても行ってみたかったのが「オメガループ」。
色モノの時は線路際に沢山の撮影者や路駐の車がいるので、どうにも邪魔くさくて撮れない場所です。
写真の赤線の部分を列車は通過して行くわけで、倍率のデカいズームなら色々なアングルで枚数が稼げます。

2017031219404089b.jpg

狙い通り天然の銀レフに照らされた景色の中を列車は通過。

20170312193548f03.jpg

ワイドで景色中心にバリバリ撮りたかったですが、ご覧の様に川ベリをダンプが通過中・・・。
まさに「千曲川」って風景ですね。満足できました。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/12(日) 19:45:45|
  2. 鉄な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

埠頭にて

除雪の機関車を追って知人の埠頭へ。
ここまで街外れに来ると道路はほぼ未除雪・・・。なんとか苦労しながら到着。

DSC_6336.jpg
敷地外より撮影

末端のヤードのポイントを除雪中でした。
撮影しているわずかな時間でも冷たい強風で耳が・・・。
なんか「最果て」まで来たって感じのする日本ばなれした風景でした。

DSC_6292.jpg

近くの漁港は凍てつき、春が待ち遠しそうでした。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/04(土) 15:39:20|
  2. 臨海鉄道・専用線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大雪の釧路

前日の午後から降り続く雪は朝になっても強風を伴い、ホテルの窓から外を眺めても何も見えない・・・。
TVでは花咲・釧網の終日運休のニュースが流れ、外に出てもロクな事がなさそうなので待機。
ただ、部屋でゴロゴロしているのにも限界がきたので、様子見がてら回転寿司を食べに春採の街まで。
寒さには慣れていても、大雪に慣れていない釧路市民もこの大雪には困っていた様で、事故を起こした車両やスタックで動けなくなった車両が街中のあちこちで見られました。

で、何とか春採まで到着したけど、寿司屋は11時からとの事なので、釧路臨港線の様子を見に行ってみました。

DSC_6287.jpg
道路より撮影

ヤードは雪で埋もれ、動く気配が・・・。
これからどうすんだろ?と心配になり、途中の線路も見に行く事にしましたが、線路に近づく為の生活道路は除雪が追い付かず、入れる場所がほとんどない・・・。

DSC_6290.jpg

行ける所まで行って、途中からは雪中行軍で踏切にたどり着いたものの、写真の有様・・・。
ちょっとヤバい気がしてきたんで、昼飯を済ませたらさっさとホテルに帰ろうと思っていたら、春採の踏切で除雪をしている係員の方がおり、状況を確認したところ「昼には雪が弱まるから、そうしたら除雪出すよ。ラッセルは壊れているから機関車で押してみる。貨物は最終便だけ動かすか?って話は出ているよ」と親切に教えていただきました。

この神のお言葉でやる気スイッチが入り、除雪風景と最終便を撮ろう!と待機する事にしました。

DSC_6315.jpg

とはいえ線路に近づける場所もほとんどないので、お立ち台の俯瞰で待つ事に。
心配してたけど、さすがは機関車!スイスイと何事もなかったかのように線路を開けて行きました。
北海道は雪質が軽いですからね。意外といけちゃうもんですね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/26(日) 12:02:17|
  2. 臨海鉄道・専用線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湿原を走る

天気の悪い日は「鉄」、よい日は「タンチョウ」と決めていったので、天気の悪い初日は花咲線へ。
厚岸-糸魚沢ならば釧路からさほどの距離でもないので、吹雪かれてもなんとか帰れるかな?と。

20170218220858f5b.jpg

今にもドッサリと降りだしそうな鉛色の重い空の下、ゆっくりとやってきました。

201702182208599b0.jpg

逆向きは昨年と同じ場所で。少し角度を変えてみました。
昨年はルパンのラッピング車だったんですが、今年はセーフ!

どちらの場所も昨年より登りづらく、乳酸出まくりでしたが、なんとか撮影。
終了と同時にまともに前も見えないくらい降り始めたんで、早々に立ち去りました。

花咲線も支援を求めたJRに対し、道庁の塩対応でどうやら廃止の方向で進んでしまいそうですが、
日本地図の骨格になる様な路線は赤字に関係なく何とか維持できないものかと・・・。
でも、国道沿いには高速の釧路-厚岸間を一日も早く開通させる様に陳情したみたいな看板もあり、
地域の人々は鉄道よりも車を選んでいる様で・・・。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/18(土) 22:19:34|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道東の赤熊

夜明けのタンチョウを撮影した後は、斜光線となる昼過ぎまでヒマなので、一度鶴居村を離れて海岸沿いに。
家で留守番しているカミさんのご機嫌取りに毛ガニとタラバを購入に出かけたついでに、ちょっとだけ鉄も。
天気もよく、無風でもあったので、また去年と同じ丘に登りました。

201702121023061cf.jpg

ほぼ逆光で、列車が真っ黒になってしまったのは致し方ないですが、台風被害で長期不通だったこの区間に赤熊が戻ってきたのでお祝いも兼ねて。
タンチョウ撮影の合間に貨物のスジがあるっても何かの縁だし。

昨年はもうちょっと釧路よりで撮影してますので、残念ながら最東端の赤熊撮影ではありません。
貨物列車という形では過去に花咲線の厚岸-糸魚沢でDD51の貨物を撮影しているので、そちらが最東端かな?
次は釧網本線の塘路-茅沼でも貨物を撮影しているし。

来年のタンチョウ撮影の合間にはこの赤熊をどこで撮るかな?
望遠クネクネ区間は昼間なんで、ガスがかかって無理だし・・・。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/12(日) 10:30:05|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

-鉄たま-

Author:-鉄たま-

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター